HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい > アーカイブ > トラウマ

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい
トラウマ

アダルトチルドレンからのQ&A~自分を大事にする


自分を大事にしましょう。

それは執着することではなく、自身の存在意義(価値)に確信をもって

自分自身を自分自身として、そのまま受け入れられ、自愛をもって自分を

大切にすることです。

それが自尊心です。




本来の自分を見失い(自己喪失)、「自己」に飢えている(虚無感)と、

今だけの自分に執着します。それは自己愛です。

虚しさは寂しさを招き、孤独感恐怖感を強めます。




すると自分の見解に関連するものだけに自分の行動と興味を制限していき、

「自分だけで事足りている」という錯覚から、さらに孤立に陥ります。

心の渇き(渇愛)は、自己を充足させていくことで潤っていきます。

成長を心がけ、可能性に期待感をもてるようにしていきましょう。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/



アダルトチルドレンからのQ&A~人生からの問いかけ


人生は流転です。常に変化しています。

私たちの人生は、自分の意思、思惑、はからいを超えた力に、ある方向へ

運ばれていっています。

また、大河のようなその大きな流れが、必要な何かを足元に運んできて

くれています。


その「必要な何か」に気づかなければなりません。




何のために必要なものなのか。

それは、成長のためのものです。




見えない流れが、目に見える形となったのが、人との出会いであり、

機会との遭遇です。

アダルトチルドレンにとっての最初の大きな(不本意?)出会いがです。

親をはじめとする人、物、事との出会いから、何を学び取っていくか。




逆境も変化も、すべてが成長の機会です。

人生から投げかけられたことから、自分にとっての意味を読み取って

いきます。

その際、自分の成長にとって、最適なものとしてそのことが起こっている

という前提でその意味を読み取っていきます。

もちろん、最適は必ずしも快適とは限りません。

向上のためには負荷が必要ですし、輝きを出すためには研磨が必要なよう

にです。

「艱難汝を玉にす」です。

その体験だからこそ知り得た、感じられたことから、気づき、発見がある

のです。




自らの可能性を信じ、成長させていくことが自己信頼につながり、困難な

状況にさえ、感謝できるようになります。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/

 

アダルトチルドレンからのQ&A~無力の自覚


私たちは常に、事実の前に謙虚であらねばなりません。

現実真摯に向き合い、ありのままを受け入れられるようになることが

重要なのです。




他でもない「なぜ私に?」

この疑問の前から、逃げることは出来ません。

そのためには、自己の限界を知り、無力を覚ることです。




目の前の「問題」現状での価値観の限界)は、自分自身の見解から離れ

られず、この囚われのために、日々の生活がままならなくなってしまった

ひとつの結果です。

自身の見解への拘りは、変化を拒むところからはじまり、自分の判断力を

信じ過ぎていたことで迷いを深めたことを理解しましょう。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/



アダルトチルドレンからのQ&A~自己肯定感を高める

自己認識肯定的にしていくために、自主・自助・自律の姿勢を養って

いきましょう。




自我から離れる(トランス・パーソナル)ために、社会的な活動を主体的に

行なってみてください。

社会への貢献を、奉仕(見返りを求めない)の形で行うことで、自尊感情

生まれます。




社会生活は、共存・共生・共栄の世界です。

「はたらく」本質は、「傍(周囲)を楽にしていく」こと。

自身の強みを活かし、周囲のために役だっていくことです。

役に立つことがてきれば、人から求められる自分になれます。




より役立つためには、自己を成長させていくことが必要です。

成長があれば、人が協力してくれます。

成長そのものが自己信頼感を高めることにつながるのはもちろん、周囲の

助力、協力引き出せる自分になっていくことでも、自己信頼感がさらに

高まっていくのです。

自尊感情自己信頼感が高まるにつれ、自己喪失のトラウマの痛みは、

しだいに癒されていきます。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


1

« カウンセリング | メインページ | アーカイブ | 不登校 »

このページのトップへ