• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい > AC > アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】②

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい

< アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】①  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】③ >

アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】②


「正直」であるということは、自分を偽らない、ごまかさない、欺かないという

ことでしょう。

自分に正直でいられなければ、自分を信頼することができません。

自分を頼れないということです。

自分への信頼がなければ、他者を信頼することは当然できません。




この第5ステップは、自分の過ちを人に聞いてもらい認めるというハードルの高い

ものです。

聞いてもらう相手も吟味しなければなりませんが、当然信頼できる相手である必要

があります。

ここで自己不信があれば躓きます。

「自分の話など親身になって聞いてくれる人などいない」と思ってしまうのです。

「下手をすれば、過ちを責められるのでは?」と考えてしまいます。




正直であるためには、強い意志が必要です。勇気が必要です。

それらをもてるためにどうしていくかを考えていきましょう。

(続く)






 

AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


 


アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


カテゴリ:

< アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】①  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】③ >

同じカテゴリの記事

アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】③


正直であるために必要な強い意志勇気をもてるためには、どのようにしていけば

よいでしょうか?




この第5ステップては、「神に対し・・・」とありますが、「天を相手に生きる」

いうことを心がけてみては如何でしょうか。

日本には昔から「お天道様が見てござる」といった倫理観があります。

天というのは、「道」まさに「道理」「法則」「秩序」の世界です。




西郷隆盛の言葉に「敬天愛人」がありますね。

「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。

 天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也」


現代文に訳せば、
「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、人はこれにのっとって

 行うべきものであるから何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。

 天は他人も自分も平等に愛したもうから、自分を愛する心をもって人を愛する

 ことが肝要である」





要するに、天地自然の道理のままに「天に恥じない生き方、天が味方する生き方」

をしていれば、自ずと正直でいられるのです。

(続く)




 
 

AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


 


アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


アダルトチルドレン~12ステップ【神との正対】①


「現場日記」の方ばかりに筆をとられ、長らく空いてしまいました。

また再開してみますね。

小分けしてボチボチ語ります。




第5ステップは、「神に対し、自分に対し、そしてもう一人の人に対して、

自分の過ちの本質をありのままに認めた」


です。




このステップは、自分に正直に向き合うということでしょう。

現実を受容するというのは、あらゆる問題解決にあたって重要なことですが、

それが出来ず否認すれば、正直さ素直さが失われてしまいます。

「正直の頭に神宿る」という言葉が日本にはあるくらい、正直さというものは

大切ですね。

また、ここでの「神」の解釈についても、私なりの経験からのものをこれから

述べていきましょう。






AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


 


アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/




アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】③


平安時代の史書〈続日本紀〉の中で、聖武天皇の詔勅に

「わざわいを除き祥(さきわい)を祈ることは、必ず幽冥に憑り」とあります。
 
これは「災いを除き、幸せを祈ることは、目に見えない世界の御力なくしては

とても叶えられない」
という意味です。



 
自分の人生に与えられた運命とでも言うべきものを自覚し、より良く開いていく

ためには、天の意志に預け(結果は天に任せて)心を労しないという姿勢が求められます。
 



生きていく中での、思いどおりにならない苦悩を通して自身の無力さを覚り、慢心

戒めるために、命を生かしてくださっている存在(自分なりに理解した神)に、感謝

心を捧げ、ぬかづき、ゆだねる。

めぐりあわせ(縁)など自力の及ばぬことを信じ任せきれることでこそ、私心を捨て

自分に出来ることに専念できてくるのです。




この第3ステップは、今までの生き方を支えてきた誤った信念への信仰をやめ、必要だから

こそこの身に起こっていることだと、あるがままに現状を受け入れようと決心することでしょう。






AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


 


アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/

 
 

アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】①


第3ステップは「私たちの意志と生きかたを、自分なりに理解した神の配慮に

ゆだねる決心をした」
です。

ここではっきり〈神〉という言葉が出てきます。

途端、シャットアウトしてしまう人たちも少なくないようですが、よく見て

ほしいのは、「自分なりに理解した神」としています。

イエスさまや天照大御神さまと、具体的な神が示されているわけではありません。

つまり、なにも特定の宗教を勧めているわけではないのです。




ここでは、信仰心の必要性を伝えています。

宗教と信仰を混同している人が多いですが、違います。

信仰心というのは、「それなしでは存在し得ないものへの感謝」です。

日本の精神文化で言えば、「お蔭さま」です。

自分という存在を在らしめてくださっているすべてに対しての感謝です。

親、先祖、大自然、宇宙などなど、自分を支えてくれているすべてのものです。




西行法師が伊勢神宮に参拝した際に詠んだ有名な歌に

「何事のおわしますをば知らねども、かたじけなさに涙こぼるる」という

ものがありますが、まさにこの歌が、お蔭さまへの感謝、信仰心をよく表しています。

難しい理屈は必要ないのです。

ただただ、見守られ、支えられていることへの信頼、感謝、喜び、そこからの

安心感を感じることが、生きていく意欲を高めてくれるのです。

(続く)





AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


 


アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


アダルトチルドレン~12ステップ【自分を超えた大きな力】②


思い上がりやうぬぼれ、ひとりよがりの考えを抑えるために、自分を超えた大きな力

への畏れというものが必要になってきます。




そもそも「自分ひとりで生きている」「自分の力で生きている」と考えていること

自体が、大きな思い上がりであり、錯覚です。

生きていくために私たちが意識的に行えていることは、せいぜい口の中に好きなものを

放り込んでいるだけです。

あとは、すべて無意識に自動的に体が行なってくれています。

それこそ寝ている間もです。




〈大きな力〉とは、「何?」「誰?」と考えるより、〈作用〉〈意志〉と捉えたら

よいでしょう。

命を生み出しているもの、そしてその成長を促す意志がそこにある。

そこへの畏敬感謝の心を自分の中に育ててみましょう。

笑顔が免疫機能を高めるのと同じように、癌の自然退縮の研究で、〈家族からの愛情〉

〈ライフワークへの献身〉
と合わせ、「自分は生かされている」という自覚からの

感謝〉
が促進要素として挙げられています。




今までの生き方を支えてきた誤った信念への信仰をやめ、事実に対して謙虚になり、

必要だからこそこの身に起こっていることだと、あるがままに現状を受け入れる覚悟

「より良くしよう」という決心が、自己変革問題解決を可能にします。






AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


 


アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


このページのトップへ