• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス⑤

解決支援者の現場日記

< ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス④  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス⑥ >

ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス⑤

 
わが子の改善の見られぬ状態に対しての怒りへの対処法を述べてみましょう。

これは(じょ)」です。ゆるしです。
 
常に相手の立場に立ってものを考える優しさと思いやり。理解していくことです。

理解が深まれば、現象の意味が分かり、共感が強まります。

怒りや不安が生じるときというのは、その対象が理解出来ていない場合です。

分からないから腹も立つし、不安にもなっていくのです。
 
「理会(理解会得)」 何が起こっているのかを理解し、そこに至る道理に納得(合点)する

これが肝心です。

これが出来れば、ゆるせます。
 



「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない」

これはアインシュタインの言葉ですが、問題解決の要訣を示しています。

 

わが家のひきこもり問題招いた同じ意識のまま、現状を解決することは不可能です。

意識の元である価値観の大転換が必要です。

これまでの生き方を見直し、価値を置いていなかったものの中から、わが子に必要だった

ものを拾い出すことで解決へ事態が動き出します。
 



ひきこもりは、人に癒されず生きにくさを抱えた人の孤独な自己治療です。

ですから、ひきこもりそのものをただたしなめることは誤りです。

その生き辛さを、子育ての中でのどのような関わり方から与えてしまったかを知ることこそ

が必要なのです。

もうすでに、これまでわが子から訴えられていませんか?

その声に真摯に向き合うことを怠ってはなりません。

(続く)





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


カテゴリ:

< ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス④  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス⑥ >

同じカテゴリの記事

ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス⑥


自責の念からは、自己贖いが始まってしまいます。
 
わが子の言いなり(要求をすべて受け入れる)になることで、償おうとするのです。

これは、代償(犠牲)をはらうことが償いといった勘違いから来ています。

果たして、償いに実際なるでしょうか?
 



世話をやき続ければ、わが子は「もっと、もっと」と、世話を受けることで、

「愛されている」という、より強い安心感を貪り続けます。
 
そうなると、自立どころかますます依存(いや寄生)した生き方を増長させることになります。




自分の命の尽きるまで世話をしてあげることがせめてもの償いという風に思っている親御さん

もおられるようですが、それはわが子を一生世の中に出さないということです。

それは、本当に償いになるのでしょうか?
(もちろんこれは社会的ひきこもりの場合です。疾患や障がいによるものは当協会では
ひきこもり問題と捉えていません)
 



自責の念への対処法は、ゆるしです。

過去の誤りを改めていくことを自分に許すのです。

過去の結果に対して、今、どう対処していくか。

そこでこそ真価が問われるのです。

間違いは誰にでもあります。

自身の非を認め、改善していく姿勢は、わが子に対して手本となります。

常に自分が成したことの結果に責任をもって適切に対処していけていれば、自分を赦して

あげればいいんです。

これから子育てのやり直しですよ。

「親の資格がない」ではなく、この子の親の資格は、あなたにしかありません。




長期化を防ぐためには、親自身が成長のための学びを継続し、これまで述べた長期化のプロセスを

認識し、変わっていくことです。

何を変えるのか?

生き方や問題に向き合う姿勢と、わが子に向き合う態度を変えていくのです。
 
わが子を真っ先に動かそうとしている限り、長期化はますます進行していくだけです。





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス④


わが子が不登校やひきこもりの状態になると、親が被る最も深刻な傷みは、

「恐らく自分のどこかが間違っていた」

「もう何も言える資格などない」

「まったく信頼されていない」

「自分にはわが子を動かす力がない」

といった自虐的な思いと自責の念でしょう。




真面目なタイプの親ほどそう思いやすく、過度な罪悪感をもってしまいがちです。
 
こうなりますと、「もう何も言えない。できない」と、実際にそうしてしまいます。

わが子のふるまいをたしなめることも、励ましていくことも出来なくなってしまうのです。

子どもも親の弱点をよく知っていて、そこを特に責めてきます。

そうしてさらに長期化が進んでいくのです。

前回述べた怒りと、この自責の念に対しては特に、適切な対応をしていかなければ、

長期化をくいとめることはできません。

(続く)





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス③

 
家族としては、本人が何かで苦悩していることは感じられることなので、できるだけ譲歩して

思うままに過ごさせようと努めてはいますが、いっこうに改善の気配が見えてきませんと、

さすがに心穏やかではなくなってきます。



 
日中だけでなく、深夜におよびゲームに興じたり、家族からの言葉かけに対して無視を決め込んだり、

自分勝手な態度がありますと、怒りもおぼえます。
 
その感情を抑え、平常を装おうと、「いつか気づくはず」と自分に言い聞かせ、

「家の事を手伝ってくれているし」

「頼まれごともしてくれているし」

「外出するときだってあるし」と、

本当は気づいていることもそれを隠し、本音の自分の気持ちを誤魔化し、現実を否認してゆきます。

こうして思考停止が始まるのです。

この思考停止は、わが子もまた同じなのです。

そして親子の共同作業としてのひきこもり(不登校)長期化が、進められていくのです。

(続く)





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス②


ひきこもりは、自分を蔑ろにする「緩慢な自傷行為」と言えます。

自堕落で不衛生な生活をすることで、自己の成長を阻みます。




そんなわが子の行く末を想うと、日ごとに心配を募らせていきます。
 
すると、自分自身の不安な気持ちを払拭するために、わが子自身が取るべき責任の肩代わり

し始めたり、わが子がしでかした後の、後片づけ、後始末をしてしまいます。

たとえば、本人が自分で判断し、実行すべきことを代わりにしてやってしまうことがよくあります。

通信制高校の課題提出を親がしたり、家中で物を投げたり、壊したりといった行為の後、

物が散乱した部屋を何事もなかったの如く、そのことには何も触れず片づけられたり。
 
多くは、上げ膳据え膳状態でもあります。
 



この責任の肩代わりは、自律力を育てません。

「自律力」とは、自分で決めた規範に従い、自発的に行動し、わがままを自分で抑える力です。

自律力なくして、自立などあり得ません。
 



自分の人生に責任をもたなければ、やがて人生から責任を取らされる結果になります。

それがまさに「8050問題」です。

(続く)





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~長期化のプロセス①


不登校、ひきこもりが、どのような過程を経て長期化していくかについて述べてみましょう。
 
ひきこもり者たちは、毎日をただ昨日と同じように過ごします。

それが安心できる唯一の方法だからです。

何か変化が起こることは、不安でしかありませんので、違った行動を取ることは極力避けます。

昨日と同じ過ごし方をしていれば、何も起こらないことが分かっているのでそれを繰り返すのです。
 



一方で家族は、昨日とは違う新たな動きを期待し、部屋の中のわが子の気配に意識が向かい、

そこへ囚われが生じます。

毎日、毎日、何か動き出すのか、好転しだすのかと、変化を期待し落胆を繰り返します。

そうなっていくと、問題の全体像が見えなくなり、表面的な一部に惑わされ、本質の問題

見逃していきます。

本当に改善していくべきことが見えないままとなるのです。

(続く)
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp



このページのトップへ