• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > ひきこもり家族会が危ない! ⑨

解決支援者の現場日記

< ひきこもり家族会が危ない! ⑧  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり家族会が危ない!⑩~8050問題の意味 >

ひきこもり家族会が危ない! ⑨


シリーズ⑥で述べたように、家族会は、組織にしないことが原則です。

特に、現状改善を目的とした会であればなおさらです。

組織化する必要性がないのです。



行政や研究者からは、組織化された家族会は重宝されます。

なぜなら、定量的な分析を試みる際に、アンケートなどで調査しやすいから

です。自分たちで当事者家庭を探すことは現実困難なことです。

その手間がはぶけます。




前回⑧の事例のように、会費を徴収している家族会では、「会員を取られる」

といった発想が出てくるわけです。

現状改善を目的とした家族会であれば、必要なときに集まる集会形式

問題ありません。

会場も公共の場所を利用すれば、安価に、また無料で使用できます。




組織化された居場所ができあがると、そこが逃げ場になってしまいかねません。

家庭(現場)からのです。

解決のためには、あくまでも現場でわが子と正面から相対さなければなりません。

それを避けるための場所になってしまってはならないのです。

エネルギーを充電し、情報を交換し、一番には、具体的な対応策を学びあう場

でなければなりません。




家庭で、家族(夫や妻、きょうだい)の協力が得られていない人の場合、

「なぜ自分だけが」
という不満も積もり、家から離れて互いが共感しあえる

痛み分けの場として、無くてはならない場所となります。

特に世話役の場合、会から必要とされることが、家庭での虚無感を埋め合わ

せてくれるのです。

そうして、家族会との共依存関係が構築され、会の存続が至上目的となり、

事態の改善よりも、改善が遠い(在籍期間の長い)より多くの参加会員が

必要となるのです。




恐ろしきかな。




 



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


カテゴリ:

< ひきこもり家族会が危ない! ⑧  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり家族会が危ない!⑩~8050問題の意味 >

同じカテゴリの記事

ひきこもり家族会が危ない!⑩~8050問題の意味


昨日のニュースで「8050問題」が取り上げられ、ある家族会の代表の方の

下記のような発言があげられていました。




「当事者は家族の中で孤立し、家族は社会の中で孤立してしまう。

当事者には自分を責めないでいいよ、一緒に生きていこうよと伝えたい。

親も自分たちだけで悩まないでほしい。

ひきこもりは子育てや家庭の問題ではなく、社会全体の問題だと知ってほしい」





親御さん方へ向け、当事者と同じように自責の念で自分たちを責めないように

との精一杯の配慮で最後の言葉が出ておられるのだろうとは思いますが、

「ひきこもりは子育てや家庭の問題ではなく、社会全体の問題だ」

よもや本気でそう思っておられるのではないことを祈るばかりです。




子育てや家庭の問題ではないと言うのは、何か先天的な障がいか何かですか?

先天的な疾患や障がいは、社会の問題ですか?

「8050問題」で分かるように、ひきこもりが医療ではカバーできない問題で

あることはすでに明白です。




援助、救済は確かに社会が考えていかなければならないでしょう。

社会が何らかの救済インフラを整備していくことは、もっともです。

しかし、ひきこもり自体は、社会が招いたことなのでしょうか。

発生自体に社会が責任を負わなければならないのでしょうか?
 



「8050問題」は、高齢で引きこもりだす人が増えたのではなく、若くに

ひきこもり始め、解決されないまま長期化した結果、高齢になっただけです。

ですから、「親も子も高齢で大変深刻な状態だから、社会が何とかして

ほしい」は、共感を得られる主張ではありません。




「8050問題の危うさ」
でも述べたように、こうなる結果が見えていたのに、

適切な手を打たなかった責任は、どこにあるのでしょうか。

「子育てや家庭の問題ではない」と言い切る根拠は何ですか?

私が支援活動を通し、当事者から聞かされ続けてきた中身は、まさに子育て

と家庭の話でした。

シリーズ④で述べたように、家族会は当事者の声(訴え)も知らず、誰に責任を

もっていきたいのでしょう?

次回は、責任の負い方について話してみましょう。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ⑧


家族会では、解決のための有益な情報を共有したり、同じ境遇の身同士で

気持ちを分かち合ったり、励ましあったり。あくまで、前へ進んでいく(改善)

ためのものです。




ところが、新しく参加してきた家族に「もう、あきらめましょう」とか、

「老後の自分たちの介護をさせましょう」などと言っているところもあるのです。

私はあるひきこもり者から、「家族(親や祖父母)から、めんどうは見てあげる

から介護をしてと頼まれたことがある」と聞かされたこともあります。




また、支援団体に対しての主観的な印象(優しいとか優しくないとか、費用が

高いとか、こうしてくれない等)を会報に掲載しているケースもあります。

主観的なものは、人によって異なるものです。

例えば、相談には費用がかかるのはあたりまえと認識している方と、福祉に

お金がかかるのはおかしいと認識している方とでは、高いか妥当かのレベル

も違います。

「こうしてくれないから優しくない」もその方のあくまで自己都合です。




主観的なものは事実とは違う場合もあり、それを公平を期することが求め

られる会報に掲載することは、参加者に誤まった認識を与えかねません。

わが子の行く末に関わる大切な問題なのですから、基本、自分で足を運び、

支援者の人となりを自分の目と耳で確認すべきことです。





当協会では、連携している民間事業所があり、訓練の後、学歴や年齢、

ひきこもり期間を問わず採用していますが、そういった情報をあえて参加者

に伝えない会もあるくらいです。

ここの場合、その理由が「会員を取られたくない」でした。




当協会では、「たらちねの会」という家族会を運営しています。

この会は、会費もありませんし、毎回90分の具体的な解決のための講習も

行なっています。もちろんすべて無料です。

会費も徴収しませんので、元より誰でも(支援者でも)自由に参加できる

ものなのですが、「会員を取られる」という発想には正直唖然とさせられ

ました。家族会の本来の目的を完全に見失っておられるようです。

次回は、なぜこのような歪みが生じるのか。

家族会との共依存について述べてみましょう。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ⑦


家族会に長年参加していても、わが家の事態がいっこうに改善されていない

のはなぜか?

特に運営側、世話役の方たちが前回⑥で述べた〈先行く家族〉になりえて

いないことに他の参加者は疑問を感じないのでしょうか。

疑問を感じた参加者は、会を離れていきます。




シリーズ③
でも述べたように、家族会へ参加していることがトランキライザー

となり、ひととき親としての罪責感や焦りを緩和してくれる効果があります。

ただし忘れてならないことは、わが子に向き合い、現状を改善していくため

の具体的なはたらきかけを学ぶ
ことです。

疾患や障がいの症状を学ぶのではなく(多少は必要ですが)、引きこもりと

いう現象が起こる背景、仕組みを理解する。

最も必要なことは、当事者たちの慟哭の中身(訴え)を知ることです。




家族会に参加することだけでとどまってしまっているのは、あたかも神経症

を患っているのと変わりません。

ユング(分析心理学)は「神経症とは常に、当然引き受けるべき苦しみの

代用物なのである」
と述べています。




どういうことかと言うと、わが子の引きこもりと真正面から対峙する苦痛

から少しでも離れたいがために、家族会の活動(代用物)に熱心になるのです。

わが家ではなく、他の家族のお世話に没頭する方もおられます。

ひきこもり者の中にも、政治や環境問題に熱弁をふるう者がいます。

これも同じです。

こういう笑い話もあります。

ゴミの分別に異常に厳しく、家族にもそれを強要する。

地球環境には優しいが、家族には厳しい引きこもり者です。

自身の問題から目をそらしたいために、他の問題に意識を向けるのです。

過度な潔癖や確認を繰り返す強迫性障がい(強迫神経症)が、引きこもり者に

まま見られるのもまさに同じ現象です。




そもそも、ひきこもり現象は、それを必要とするような家族関係の中から

生じるものですので、その家族間の人間関係に適切に介入する支援がほどこされ

なければ、何らの効果もない
のです。

神経症的な家族会への参加が、かえって「8050問題」を促進してしまうこと

を次回は述べてみましょう。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ⑥


家族会で当事者同士が集まり、励ましあったり、慰めあったりするのは、

あくまでも引きこもるわが子の現実から逃げず、改善のためのはたらきかけ

ができる元気を蓄えるためです。

わが家だけではないという安心感を得て、情報を共有しあい、様々な視点

を取り入れていく場です。




わが子にはたらきかけを継続して行っていくということが大前提です。

このことが忘れられ、親が安心感を得ることだけが家族会の目的となって

しまっているようです。




そうするとどうなるか。

本来の目的よりも会の存続が最優先となってしまうのです。

存続のために、会を組織化していこうとしてしまいます。

運営側(世話役)をおき、代表者を定め、事務局などを設置していきます。

そうなれば、会費等を徴収せざるを得なくなります。




家族会は組織にしないことが原則です。

必要な時に集まる〈集会〉でよいのです。

事務所経費や会報発行の通信費など、固定費をつくれば、会費をねん出

するために会員の退会を防ぐ、在籍期間をより長くという発想になって

しまいます。つまり、解決しないままの家庭が長く参加してくれていた

方がよい
わけです。




家族会に必要なものは、事務所でも会報でもなく、〈先行く家族〉

つまり、段階的な成果を出している解決に向かっている参加家族の存在です。

段階的な成果というのは、はたらきかけによって、自室から出てくるように

なった。外出するようになった。会話をするようになった。暴力がおさまった。

家事をするようになった。バイトをするようになった。外部のサポートを

受けるようになった。など、親の継続的な取り組みによって成し得た変化です。

これらの結果を出している〈先行く家族〉の存在が、新たな参加者に希望や

挑戦への勇気を与えるのです。




私が知り得ている範囲でも、その〈先行く家族〉がいる家族会はほぼありません。

特に長年会に尽力している世話役ほど、改善されていないようです。

だから長くおられるのでしょうが。

ブログ①でもご紹介したケースで、10年も家族会に参加していて解決が

なされていないことに疑問を感じられませんか?

その疑問にお答えしていきましょう。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ⑤


老いた家族の介護疲れからの傷ましい事件が、ニュースにあげられることが

ありますが、そういうことにならないよう介護をする側がストレスを吐き出し、

心を癒せる場として集まれる集会所をテレビ番組で観たことがあります。

とても良い取り組みだと思いました。




ひきこもり家族会にも、このような機能がひとつとしてあるでしょう。

ところが、介護の場合は毎日とどまっていられないまさに日常があります。

ですから、同じ境遇の人たちとの心休まる歓談で元気を回復しても、一日

たりとも休めることはなく、再び現実が待っています。

その現実に向き合い、臨めるように、ひと時のエネルギー充電をするわけです。




でもひきこもり家族会の場合、注意しなければならないことは、グチを

こぼしたり、慰めあったり、談笑したりすることだけに終わってしまいがち

ということです。

つまり、充電したであろうに家に戻れば、状況改善のための何らのはたらき

かけもないまま、閉ざされた部屋そのままのあたりまえの風景がただ静か

に過ぎているのです。




そうなると、家族会がただ、当事者同士が集まりおしゃべりができる憩いの

的なものになってしまいます。

現実に取り組めるためのエネルギー充電という目的が、見失われてしまいます。

そうなれば、その場(会)を残す、維持することだけが目的となってしまい

かねない
のです。

改善、解決目的の家族会ではなくなってしまうのです。

会の存続が第一目的となってしまうその危うさを次回述べてみましょう。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


このページのトップへ