HOME > ごあいさつ

ごあいさつ

NPO法人地球家族エコロジー協会のホームページを訪ねてくださってありがとうございます。私たち地球家族エコロジー協会[英名:Earth-family ecol. association]は、アディクション[嗜癖:しへき]と呼ばれる行動の問題を主たる対象としてさまざまな支援活動を行っているNPOです。

嗜癖(アディクション)を当協会では、"生き方の病"と捉えています。生き方とは習慣の総和であり、病理的な習慣こそが嗜癖だからです。執着を意味するアディクトとは、こだわり、囚われであり、仏教的な表現を取ればまさに煩悩とも言えるでしょう。煩悩の元は渇愛(タンハー)と説かれています。嗜癖問題は、愛着欲求の欠乏からの渇望であり、代替行為によるすり替えの神経症的行動です。私たちは、これを「ぬくもりを乞う」"乞い煩い"と表現しています。魂(存在)の渇きと言ってもよいでしょう。

囚われという字は、ワクの中に人が居ることを示し、まさに固着した価値観に基づいた枠内思考しか出来ない状態、ひきこもりそのものをよく表しています。思い込み、決め込みの悪癖が、過度な落ち込み、憂うつを招きます。「習慣」の大切さは昔から様々な形で論ぜられてきました。福沢諭吉翁は、『一家は習慣の学校なり、父母は習慣の教師なり』と言い、ジェームズ・アレンは、『人々は、自分の思考を隠し通せるものだと思い込んでいる。しかし、それはまず、習慣として速やかに具現化し、続いて環境として具現化する』と述べています。

QOL(Quality of life 生命の質)の向上の根幹となるものは、大いなる自然の生命(いのち)によって生かされていることへの感謝、目覚め(=エコロジー)であり、心身医学の分野では、癌の自然退縮の原因として、このエコロジーと、家族からの愛情、ライフ・ワークへの献身などの心理的な因子の関与が70%以上に見られるとも言われています。アメリカでは、良い生活習慣のことをArt of living(生き方の技術)というそうです。

QOLの向上のためには、「技術」のみならず、智恵につながる「知識」そして、「態度」が求められます。当協会では、今これからをより良く生きていくための「知識」「技術」「態度」を習得していく種々の情報、環境、機会の提供を行います。このサイトに訪問して頂いたあなたとの出会いの縁(えにし)を宝として、当協会は発展し続けます。

おわりに、生き方の態度選択として、次の二つの言葉を送ります。
『好ましい環境と好ましからざる環境が、そこに住む個人の成長に貢献する。人は、自分が育んだ環境という果実の収穫人として、苦悩と喜びの双方から学ぶことができる。』(ジェームズ・アレン) 『病は薬で治すものではなく、病が私たちのあり方、生き方を治す薬なのだ』(アーノルド・ミンデル)


このページのトップへ