HOME > アダルトチルドレン

アダルトチルドレン

アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい~

私が私であり続けるために、トラウマを超え人生を創造するヒントを語ります

【アダルトチルドレン=AC】
現在の自分の生きづらさが親との関係に起因すると自覚できた人

アダルトチルドレン(以下AC)とは「Adult Children of Alcoholics」の略称であり、本来は「アルコール依存症の親のもとで育ち、現在は成人している者」のことを指しています。この言葉は1970年代 にアメリカにおいてアルコール依存の治療に当たっていたコメディカルスタッフ(サイコロジスト、ケースワーカ、看護士等)達によって使われ始めたと言われ ています。
近年ではこの言葉は「Adult Children of Dysfunctional Family(機能不全家族で育ったAC)」の略称として使われるようになっています。

具体的には、虐待(身体的・精神的・性的・ネグレクト)・支配・過保護・過干渉・精神疾患・差別・暴力などのある家庭に育った子どもは、精神的に大きなダ メージを受け、それがトラウマとなり、後の人生においても深刻な影響、たとえば生きづらい、生きにくい、自分自身への違和感などを及ぼします。

(注)アダルトチルドレンという名称の功罪
ACという概念が与えられたことにより、ずっと原因が分からぬまま生き辛さや生き難さを抱えていた人たちに対して、これが一つの光明となったことは確かです。しかしながら心理臨床家の中には、この概念自体が甘えの産物(何でもかんでも家族の責任にするなという意見)であるとか、このような者に対しての心理的ケアは不要ではないか、などの意見もあります。こういった意見でAC当事者が苦しめられているという事実も存在します。

またこのACという呼称が流行語のようになり(=アダルトチルドレン・ムーブメント)、いわゆる当事者には該当しないと思しき人々(ACムーブメントに便 乗した人々)が、自分にとって不都合な状況を親のせいにしてしまうという好ましくない状況も生まれました。「会社で、学校で、地域で、人間関係が、仕事 が、金銭面が、交際が、今の自分が上手くいかないのはきっと親のせいだ。私は全く悪くない。」という風に。

近年、自らがACだと思えばその人はACであるという考えが一般的ではありますが、上に記したような原因と思われるトラウマを持たない、あるいは生きづら さを抱えているわけではない人たちまでもが自らをACと語り、責任を親や家族に全て転嫁してしまうという誤認は確かに存在していると感じます。ある親の言葉を借りれば、わが子が「AC教」に入信してしまった、ともあります。


ゼミナールの目的

自分が何を悩んでいるかに悩み、自分の真の欲求を見失っているAC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中から開発された自己創造技法が『自心観』です。

  • 1. レジリアンシー(心の弾力性)の醸成
  • 2. セルフ・エスティーム(自尊感情)の育成
  • 3. アイデンティティ(自己存在意義)の構築

をはたし、セレニティ(心の平安)を得ることができます。
トラウマを昇華し、自己本来の個性を発揮した人生を生きていく自分探し、自己実現のメソッドを習得するためのセミナーです。


道場主からのメッセージ

私たちは身体に「感覚」器官を備え、様々な情報を外部から取り入れています。
この感覚機能があるが故に、様々な感情がわきおこり、その感情に基づいた行動をとります。
感覚と行為の間に介在するのが「心」です。
心はトランスフォーマーに例えられます。
同じ対象をとらえても、人により感じ方が違う。
それは「心」の違いからです。
人は自由意志により、もの事に「意味」を与えます。
意味により生きていく動物です。
生き方、人生を決定づけるものが「意味への意志」なのです。
しかし、その自由意志は本当に自由かと言えば、残念ながらそうではありません。
意志には条件づけがなされています。
それがトラウマなのです。
『自心観』では、人は目的をもったユニーク(独自)な存在であることを自覚するところから始まります。
私たちは、自分の存在が無意味になることに恐怖します。
自己の個性を自覚し、その役割に気づいた時、生きがいを創造でき、恐怖は消え、人生からの問いかけに自ら答えることができるようになります。
自身を束縛しているものから解放されるためには、自己とのコミュニケーションが必要です。
下意識には無意識の囚われやシャドーといったもう一人の自分がいます。
このもう一人の自分と和解し、自己のこれまでの行動の意味を知ることで、改善、改革、変革を起こせるのです。
トラウマに縛られた心は、硬直化、固定化しています。
硬直化、固定化は、執着、偏りを生み、自我をいびつに変容させます。
この心に変化を起こすためには、気づき(アウェアネス)が必要です。
完璧主義から改善主義へ転換し、常に「成長」「上達」を心がけ、「気づき」→「反省」→「学び」→「決心」→「行動」→「気づき」のスパイラルを続けていくことで、本来の自分を取り戻し、人生を創造していくことができるのです。
あなたは、自分の人生をデザインできていますか?
私たちは、セルフ・デザイナーとして、自分らしさを自分の生き方に表現できます。
自分らしさに気づいていますか?
あなたにしかない、自己の役割を認識できていますか?
それを探し出せるのは、あなたの最も側にいるカウンセラー。
あなた自身です。
セルフ・カウンセリングを通して、あなたがあなたであるためのアイデンティティを確立し、明確なセルフ・イメージ(自己像)をもちえることで、いまあなたがかかえている心の問題は、必ず解決へ向かいます。


ゼミナールの構成

毎回ひとつのテーマ毎に、習慣として身につける技法を指導していきます。

  • [受講時間数] 各回120分 ゼミナール形式で随時開講しています。
  • [受講料] 毎回5千円(税込)

受講対象者

  • AC(アダルトチルドレン)と自覚できていて回復を望む人
  • 生きにくさを感じつつ生活し、より良い生き方を創造したい人

お申込み・お問い合わせはこちら


このページのトップへ