HOME > 自助グループ

自助グループ

自助グループとは?

地球家族エコロジー協会が行う支援の大きな骨子の一つに「自助グループ(セルフヘルプグループ:略称SHG)というもの があります。当協会の自助グループは、『ゆにわの会』(当事者同士、その家族も含めた家族問題解決の場としての集まり)を家族問題回復の主たる場と考えています。
ゆにわの会の詳細はこちらへ

自助グループとは、同じ問題を抱えるもの同士が集まり、お互いの経験や悩みを分かち合い、共に助け合い、回復の途につくための、あるいはよりよい人生を歩むための相互援助グループです。アルコール依存症のセルフヘルプグループはその代表的なものの一つといえるでしょう。

その特徴やメリットとして

  • みんなが共通の問題を抱えている当事者の集まりである
  • 参加は誰からも強制されることのない自発的な集まりである
  • 基本的に指示的・指導的な立場からの専門家は深く関与しない
  • 全員の立場は対等な関係である
  • みんなが援助の受け手であり、与え手でもある(ピアカウンセリング機能)
  • 当事者だけが分かる悩み苦しみを持つもの同士で感情の共有ができる

などがあります。
このほかにも数多くの利点があり、特に依存症の自助グループにおいては専門家の力の遠く及ばないところまで回復する力を持っています。その中でもアルコール依存症からの回復は自助グループ以外にはありえないという意見もあるほどです。

しかしながら自助グループに対する誤解もあります。それは当事者同士がただ傷の舐めあい的に集まっているという誤解です。確かにそのような居場所的なもの もないとはいえませんが、それは自助グループとは意を異にしています。自助グループに参加している方々は、共通のゴールを明確に持っています。そのゴール に向かって共に助けあい、また支えあいながら進んでいく成長モデルに立脚しています。彼らの持つ困難は、部外者や未経験者が到底一般論で片付けることので きない壮絶さをもっています。その困難を肌で感じている当事者だからこそ知りうる世界であり、それゆえに互いに成長できるのです。

アディクション・依存症、犯罪被害者、自殺により残された家族、障害、難病など多くの分野で機能する自助グループが数多く存在し、そこではみんなが助け合い、回復し、そして成長していくのです。


このページのトップへ