月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2008年10月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2008年10月

「お互いさま」と「お蔭さま」

人さまにご迷惑をかけないように」こう言って躾けられた方も少なくないでしょう。

確かに迷惑をかけるような人間では困り者ですが、迷惑をかけさえしなければという発想に

なってしまいやすいようです。

しかし、社会、世間というものは、相互扶助の世界。世話をかけあう世界です。

その分、迷惑を互いにかけあっているとも言えます。

ですから、何もしないでいれば自覚のないまま他人に迷惑をかけっぱなしということになりま

す。

相互扶助の世界は、支えられている世界でもありますから、「お蔭さま、ありがとうござ

います」という心がけが大切です。蔭で支えてくれている、手助けしてくれている人がいます

だから、「人さまのお役に立てるように」と考えていきましょう。自分も誰かを支えられるよ

うにです。

「役に立とう」と思えば、自ずと「何で役に立つか?」と考えます。

自分の苦手分野ではなかなか役には立てませんので、得意分野を考えてみましょう。

自分の適性、個性を振り返ることができます。

そして、その得意なことをさらに上達させていきます。

実際に役に立つことができた時でも大切なことは、感謝されても「お互いさまですから」と

へりくだる姿勢です。

人の役に立てることで、自尊心を育てることができます。ですから逆に「お蔭さま、ありが

とうございます」と心の中で手をあわせましょう。

これで、慢心や虚栄心を抑えることができます

自分の適性を磨き、成長していく人間の周りには、自然と人が集まります。魅力的だからで

す。さらに役に立つ人間は、人が求めてくれます。必要としてくれます

友だちを意識して作ろうと思わなくても友だちができます。

人見知りでも、無口でもです。

お互いさま」と「お蔭さま」が成長し、愛される一石数鳥の方法です。

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


自分の見解を離れてみる

自分ができなくなってしまっていることを点検してみてください。何がありますか?

それは、自分の見識、見解に囚われてしまい、そこから離れられなくなっていることではない

ですか?

周囲の声を聞けていますか?

見解へのこだわりは、変化を拒むことから始まります。よくなることとはいえ、そのために何も

のかを変えることに恐れを感じていませんか?

今までの生き方を支えてきた過った信念への信仰、自分の判断力を過信していたことで迷

いを深めてきたことに気づくことが必要です。

今までの生き方の誤りが、両親との関係から始まる人間関係の種々の葛藤の中で、「真の自

己」を見失い、傷つけ、苦難を自己成長のために活かしきれなかったことに由来することに気

づいていますか?

「真の自己」を取り戻すためにも、現在の自分を解き放してみることが必要です。

生かされている生命に支えられて生きていることの自覚感謝と、必要だからこそこの身に

起きているのだと、あるがままに現状を受け入れる決心によって、霊的成長が促され、トラウ

マを超えることができるのです。

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


自己主張が怖い

自身の意向を通したければ、その意思をはっきり周囲に伝えなければなりません。

当然その時に、相手はそれを受け入れない場合もあります。全く自分とは違う意見を主張さ

れる場合もあります。

こういった場合に、「相手にいやな思いをさせてしまうのでは」とか「相手にきらわれるのでは」

といった過度な心配から、最初から自己主張をしないという選択をしてしまっているケースが

あります。こういった手段を取れば、やがて自分を失い、周囲に隷属した生き方しかできなく

なります。

自分の意見と他者の意見ははなから違うと思っていた方がいいでしょう。違うということを

前提として、どう理解、納得してもらうかを考えればいいのです。

意見の相違=不快感=喧嘩=人間関係の破綻 ではないことを知ってください。

意見というものは、必ずある立場から発せられます。そしてその立場には、それぞれの

希望利害価値基準があります。

ですから、意見が食い違うような場合があっても、相手の立場に立って、希望、利害などを

考えてみれば、自ずとこちらがどう主張すれば、折り合いがつくかが判断できます。

大切なことは、自分も良し、相手にとっても良しとなるような案を講じることです。智恵を

働かせ、第三の道を提示してみましょう。

また、自分と違う意見を言われたぐらいで、人間関係に支障をきたすような相手であれば、

つきあう必要はありません。

利己的な自己主張のやり方でない限り、きらわれることはありませんから心配は無用です。

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


対人不安

裏切られた経験は、以降人を遠ざけるものです。

人を信じたい。人から信頼されたい。誰でもが思うことですが、人に傷つけられた経験のある

者は、そのことに臆病になります。

他者との信頼関係を構築していく際、前提として次のようなことを心に留め置いていた方がい

いと思います。

世の中には様ざま人がいる
裏切られ傷ついた経験があると、誰もが信じられないとなりがちですが、それは不当な過度の一般化です。一部のことを全体に広げ過ぎです。そういう人間もいますが、信頼のおけるすばらしい人間もいます。要は信頼できる人との関わりが多くなる自分を作るということです。そのためには、信頼される自分になることです。

人間は誤解する生き物です
人は、自分の見識でものを見ます。ですから、自身の利害、損得で物事を判断します。
そのため自分に都合のいいように受け取りがちになり、そこに誤解が生じる場合が少なくないということです。相手がこちらを誤解している場合もあれば、こちらが相手を誤解している場合もあります。ですから、誤解をできるだけ少なくするためには、相手の立場に立ち、その場の状況をよく観察し、相手の意図することをより正確に読み取る努力をすることです。
相手が誤解しているようであれば、誠心誠意、誤解を解く積極的な努力も必要です。

他者はこちらの期待通りに応答する義務はない
とかく人は、自分の期待通りに物事が進むことを期待します
しかし、「あなたを愛しているのだからあなたも私を愛しなさい」「私が楽しいのだからあなたも楽しみなさい」と要求できるでしょうか。
人の価値観は様ざまです。「私はあなたを信頼しているのだから、あなたも信頼すべきだ」というのは、押し付けになります。それに応える義務は誰にもありません。
せめて「信頼してほしい」という希望に押さえ、信頼されるよう努力していきましょう。

対人不安の多くは、「傷つけられないだろうか」「私を受け入れてくれるだろうか」といったもの

です。信じてもらいたければ、自分の方から積極的に人を信じるということはもとよりですが、

信頼される自分を作っていくことを忘れてはなりません。信頼される自分作りを怠って、人を

信じれば、騙される危険が多くなります。

信頼される自分作りは、同時に自己信頼感を高めることにもつながります。

最も大切なことは、自分が自分を信頼できるようになることです

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


1

« 2008年9月 | メインページ | アーカイブ | 2008年11月 »

このページのトップへ