月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2009年4月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2009年4月

自己破壊からの離脱

かねて、ひきこもりを経験したAC(アダルトチルドレン)の青年たちと接していると、「普通にな

りたい」「普通になれればいい」といった声をよく聞きます。

 

 

この“普通”という表現がとても悲しく響きます。

普通でないというのは、小学校、中学校、高校、大学、社会人という道筋をあたりまえに通っ

てこなかったということです。

友だちがいて、彼女がいて、お酒を飲んで、カラオケ行ってと、誰もがそれこそ普通に経験し

てきたであろうことを自分が経験してきていないことを嘆きます。

 

 

確かに他者と、特に同世代と共有できるものが少ないという事実は、孤立感疎外感を感じ

るでしょう。

しかし、何が普通で、何があたりまえなのでしょうか。

 

 

私が話を聞いていていつも感じるのは、この青年たちは、彼らが思う“普通”“あたりま

”に、不登校やひきこもりになる前から、過度に自分をあてはめようとしていたのではない

かということです。

 

 

もちろん、先に述べたように、共有できなかったことから、それを強く求めるのであろうことは

分かります。

しかしそれでも、“普通”の求め方が違うのです。

 

 

中には、高校を中退し、通信制高校や定時制高校を卒業したことを強く否定的にとらえてい

る青年もいます。

自分が他より劣っている根拠にしているのです。

 

 

だいたいこういった場合、親がそのことを否定的にみてしまっていることが多いようです。

「大学ぐらい出ていなければ、ろくな大人になれない」と言われて育った青年が、大学を中退

し、その自分を徹底的に否定していたこともありました。

 

 

彼らはそれ以降、何に対しても挑戦することに怯えるようになってしまっています。

経験から学習したものが少ない理由からです。

過度な遅れ感から、心的負担が全て痛みに変わり、それはもう痛々しいかぎりです。

さながら、ワニに皮を剥がれた稲羽の白うさぎのようです。

騙されて海水で洗ったものですから、風が吹くだけでも激痛がはしります。

  

  

この状態から離脱するためには、視点の切り替えが必要です。

視点が変われば、新たな気づきを得られます。

視点の切り替えは、価値観の転換です。

 

 

何を“普通”“あたりまえ”とするのかも価値観によって変わってきます。

幸福感だって変わってきます。

最初に述べたような一般的な道筋を通ってこなかったら、不幸なのでしょうか?

人と違う人生では幸せになれないのでしょうか?

決してそんなことはありませんよね。

 

 

人もうらやむ贅沢な生活をしている人たちが、皆幸せでしょうか。

そうでない事例はいくらでもありますね。

それぞれの幸、不幸はそれぞれです。

 

 

人生万事塞翁が馬」ということわざもあります。

何が自分にとって幸運になるか分かりません。

要は、価値観に柔軟性をもって、多様な視点をもつということです。

 

 

挑戦することへの怯えは、自己破壊的な生き方を選択してしまいます。

皮を剥がされたまま、真っ赤な体で風をよけ続けるのではなく、傷を治すことの方が先決で

す。風をよけるためには、身を潜めなければなりません。

身を潜めているだけでは、時間の経過とともに大きな代償を払わなければならなくなります。

 

 

自分が辛いと今思っていることが、本当にただただ辛い不幸な出来事なのか。

目の前の痛みを遠ざけることが、本当に自分を大切にしていることで、痛みを何も感じなくて

すむ生き方になるのか。

そもそも“痛み”はこの世に必要ないものなのか。

 

 

リストカットなどの自傷行為は、何ものかを得るための手段として行われます。

生きている実感を得たくて、傷つける人もいます。

ここでは“痛み”が必要になっています。傷みが生きている感覚を呼び覚ましてくれるのです。

しかし、それは自己破壊的な手段です。

得たいものは誤り無くても、手段が誤ってしまっています。

 

 

自己破壊的な手段の選択から離脱するためには、“豊かさ”を求める価値観への転換が有

効です。

豊かさは、恵みからもたらされます。

ですから、自分が遭遇するあらゆる出来事を恵みととらえるのです。

恵みということは、何かを得ることができるはずです。

つまり、何かを学べるということです。積極的につかみ取るのです。

 

 

学ぶ姿勢は、謙虚さを養います。

謙虚になれば、自分が孤独ではないことに気がつけます

多くの支えがあることに気づけるのです。

自分を支えている存在がいてくれることに気がつけば、挑戦することへの勇気をもらうことが

できるのです。

勇気はサポーター(応援者)からもらえるのですから。

 

 

人生万事塞翁が馬」であらゆることを肯定すれば、すべてが味方につきます。

味方(サポーター)が増えれば増えるほど、勇気を増して挑戦を恐れなくなります。

 

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


臨死体験

AC(アダルトチルドレン)、アディクションからの回復のための自己創造技法自心観〉では、

臨死体験のエクササイズがあります。

とは言っても、何も半殺しにでもして死にかけてもらうわけではありません(大笑)。

 

 

死んだ気になってあることを考えてもらいます。

自分の臨終の瞬間葬式の様子を想像してもらうのです。

 

 

誰にもやがて死の瞬間が訪れます。

息をひきとった時、あなたの周りに誰がいますか?

誰にいてほしいですか?

そして、自分の死に顔に何と語りかけてほしいですか?

「いつも場を和ませてくれる人だったよね」

「みんなを楽しませてくれた人だったね」

「常に人を気遣う人だったなぁ」

「決して人の悪口を言う人ではなかった」

「グチや弱音をはかない人だったなぁ」

「真面目な人でした」

「あなたと出会えて幸せでした」

「立派な方でした」

「いつも元気にしてくれてありがとう」

等など

 

 

あなたなら、何と言われたいですか?

生の終わりを迎えた時、かけてもらいたい最後の言葉の内容が、あなたが生涯にわたり成し

遂げたかった、最も欲しかった周囲からの評価なのです。

 

 

今のあなたは、その最後の言葉がまだ見つかっていないかも知れません。

ゆっくりと時間をかけて考えてみてください。

夜就寝する時に、布団に横になり死んだ気になってみてもいいでしょう。

顔に白布はのせなくていいですよ(笑)。

 

 

そして、今の毎日の自分の生活が、その言葉をもらえるための生活ぶりになっているかを確

認してみてください。

心残りができないように、清算しておきたいこと、終わらせておきたいことを片付けるためのこ

とができていますか?

 

 

あなたの死を惜しみ、泣いてくれている人がいるでしょうか?

誰に泣いてほしいですか?

   

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


行動を変えるために

私たちの人生は、習慣の複合体と言えます。

習慣は、行為・行動の繰り返しによって築きあげられます。

 

 

フロイトは、『反復強迫』という概念で、意識下に抑圧されたものは、行為の繰り返しとして表

現されるとしました。

たとえそれが自身を傷つける行為であっても、意識下に刻まれたものにより、自分でも意味

が分からぬまま、その行為を繰り返してしまうのです。

 

 

ACの生き辛さはまさにここにあります。

では行動を変えていけるためには、どうしたらいいでしょうか。

行動の目的を自問自答してみるのです。

 

 

ある行動をとった時に、「何のためにそうしているのか?」を問うてみるのです。

ダイエットのためのウォーキングも、何のためのダイエットかを考えると、好きな恋人により愛

されたいという目的が見えてきます。

  

 

高級車を購入するために懸命に働くのも、何のためかと考えると、経済力を誇示したいと

いう意思が見えてきます。

その経済力の誇示もまた、自分の存在意義を認めさせるという目的があります。

 

 

いずれも、「何のため?」を繰り返していくと、より本質的な目的に行き当たります。

愛され、認められ、受け入れられることが今必要な状況にあることが見えてきます。

 

 

母親が子どもの世話を過剰にやき、自立心を削ぎ、自分を頼らせることでわが子から求めら

れている実感を得るという目的をはたそうとする場合があります。

このケースも背後にあるのは、必要とされることを必要としている虚無感です。

 

 

目的には、必ず価値観が関わってきます。

何に価値を見いだしているのか、何を優先的に大切なものと認識しているのか。

それによって、目的が定められます。

 

 

そして、その価値の充足の基準にしているものは何か?

先の例では、容姿(体重)であり、収入、車であり、わが子の依存度が充足を測る基準になっ

ているのです。

 

 

行動を変え、なおかつ継続させていくためには、目的が明確になっておかなければなりませ

ん。そして、基準が変わらなければ今まで求めていたものを求め続けるだけで、行動の変化

は現れません。そのためには、価値観そのものを変えていくしかないのです。

 

 

私たちが身に備えている価値観は、低年齢期に親や周囲の大人たちから刷り込まれたもの

が多く有ります。中には、誤った価値観もあります。

「いい高校、大学に行かなければろくな人間になれません」という価値観に嫌悪感を抱き、高

校受験直前に不登校をして、学歴放棄で親の価値観に挑んだ少年がいました。

 

 

価値観は、根底から行動に揺さぶりをかけます。

意識下に抑圧されるものもまた、価値観によってしまい込まれてしまったものです。

生き辛さを感じるとき、自身の価値観を客観的に見直してみることが、回復への一助となって

いきます。

あなたがこのブログを読んでいる目的も問い直してみてください。

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


希望がもてない

将来に対して希望がもてないということをよく聞きます。

あなたはどうでしょう。

希望をもてない理由は、過去の実績や現在もちあわせている能力や才能を希望の根拠に置

こうとするからです。

 

 

このやり方では、実績も能力もない者の場合は、希望なんか持てるはずがありません。

ないないづくしで、出来ないことばかりに意識が向いていれば、自分が無力で小さく感じられ、

とうてい明るい未来は、想像できません。

 

 

そもそも「希望」というものは、何の保証もない不安な未来だからこそ、せめて「きっとより良

くなるはずだ」と自分を奮い立たせるための、人間だけがもつ生きていく智恵なのです。

 

 

よく「どうなるか分からない将来なんて希望がもてません」と言う人がいますが、希望の意味、

使い方を間違えています。

どうなるか分からないから希望をもつんです

 

 

そして、これまでの実績などを根拠にするのではなく、先ず今の自分でも出来ることを確認し

ます。

意外に出来ることといいうのは、けっこうあるものです。

出来ることが当たり前になっているので、逆に気づけないんです

 

 

例えば、身体に何らかの障害をもっておられる方は、健常者ができないことが出来たりしま

す。

私も子どものころ、両腕が不自由な女性の方が、足で字を書いたり、物をつかんだりしている

のを映画で観たことがあり、びっくりしたことがありました。

 

 

これは、大きなハンディを抱えておられるからこそ、出来ることを明確に認識しておられ、それ

を最大限に活用する術を知っておられるのでしょう。

私たちが固定観念で、出来ないと思い込んでいる限界をも超えた能力を発揮しておられる

のだと思います。

手元に必要な道具がなければ、周囲に在るものを活用しようとしますよね。それと同じです。

 

 

何でもあたりまえになっていると、ありがたみが分からず、うまく活用できないものです

 

 

希望をもつためには、将来のありたい姿を鮮明に描くことが大切です。

できるかどうかなど考えずに、純粋に自分が成りたい姿です。

これが自分らしい」という納得できる姿、状態を描くのです。

 

 

そして、今出来ること、今ある条件を活用して、このありたい姿に近づけていくのです。

未来の設計図、脚本を書いて、それを完成させるために必要なことをひとつずつ実行してい

けば、その行動が希望を確信に変えていきます

自分の将来を信じる根拠になるのです。

 

 

過去に出来なかったから、これからも出来ないという理屈は間違っています。

過去にうまくいっていたことが、これからもうまくいくという保証が無いことからも分かると思い

ます。

要は、過去の延長線上にものを考えるのではなく、「今、ここで、私が」何をしていくかです。

 

 

希望は私たちの行動の駆動力になります。

これまでにさしたる実績がなく、自信もなく行動力を失くしてしまっている人ほど、希望をもって

生きていくことが必要です。

 

 

所詮、何をするかは、頭と手足を動かすだけです。

頭で未来像を描き、足で駆け寄り、手でつかみ取ればいいんです。

 

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/

 

 


自己とのコミュニケーション

私たちが生きていく中で抱える苦悩は、人間関係に集約されると思います。

自分を他者に理解してもらい、他者の思い、動向をまた自分が把握できれば、関わりあいは

円滑にいきます。

 

 

そのためには、自分の意志を主張、表現でき、互いの感情交流のためのコミュニケーション

が必要になります。

しかし、このコミュニケーションがうまく取れないという生き辛さを感じている人も少なくないの

ではないでしょうか。

 

 

コミュニケーションに苦手意識をもっている人に多いのは、話下手で、気の利いた会話ができ

ないことがその原因と思っていることです。

実際そうでしょうか?

口数が少ない人でもけっこう交友関係が広い人がいます。

 

 

それは、コミュニケーションが単に言葉だけで支えられているものではないからです。

コミュニケーションの目的は、相互理解のための自己表現他者受容です。

そこから信頼関係を構築していきます。

自己表現ができるためには、表現する自分を知らなければなりません。

そのためには、他者とのコミュニケーションの前に自己とのコミュニケーションをはからなけ

ればなりません。

 

 

自己との間にも、他者との間にも信頼関係を構築していくためには自己開示が必要ですが、

その自己開示を妨げているものに次の三つがあります。

 

 

ひとつが〈シャドー〉です。

これは、自身が否定する、自我と正反対の悪(影)です。

例えば、誰にでも人の幸福を喜ぶ心とねたむ心とを持ち合わせています。しかし、ねたむ心

は、自分でも受け入れ難いですから、下意識に押し込んでしまうのです。

魔がさした」と言いますが、この魔がシャドーです。

 

 

つぎに〈コンプレックス

これは単に劣等感ではなくて、無意識の中のこだわり、囚われです。

誤った信念といえます。

親からの刷り込みや、期待にかなった場合だけの条件つきの愛情により、偏った思い込み

が生じるのです。

 

 

三つ目に〈ペルソナ

外部に順応するための、本来の自己を隠す仮面です。

偽りの自己と表現できます。

 

 

これらのものが自己を縛り、本来の自己を見えにくくしていることに気づくことが大切です。

自己とのコミュニケーションがはたせ、創造的・肯定的な心破壊的・否定的な心を統合で

きることで、他者とのコミュニケーションも自然に取れるようになっていきます。

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


1

« 2009年3月 | メインページ | アーカイブ | 2009年5月 »

このページのトップへ