月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2009年10月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2009年10月

立場の理解

愚者の慈悲」という言葉があります。

これは、断るべき時に葛藤を避けようとして親切にふるまうことを言います。

 

 

意見の食い違いからの不快感を避けんがために、相手の意見に合わせてしまったり、自分

の意見をひかえてしまったりという過剰な対応をしてしまう傾向が見られることがあります。

これは、相手と違い意見を出すことで、相手からきらわれてしまうのではと心配し、表面だけ

相手に合わせておくのです。

 

 

この態度は、相手を気遣っているようですが、その実勝手な思い込みで、自分が単に傷つき

たくないためにとられている行動です。

これでは、相手にずるずると巻き込まれる結果となります。

 

 

そもそも他人と意見が違うのは当たり前のことであって、新たなものを創造したり、自分の置

かれている状況を客観視するためには、違う意見こそ必要なのです。

 

 

意見が違うのは、立場が違うからです。

立場が違えば、利害・損得、思惑が違います

ものごとを見る基準が違うのです。

 

 

相手から出された意見の真意を読み取るためには、相手の立場を理解する必要がありま

す。

どの立場から出された意見であり、その立場が目的としているものは、その立場にとって困る

ことは何かを見定めることで、自分の意見との相違の意味を理解することができます。

その上で、双方にとってのよりよい結果を導くための折り合いをつけていくのです。

 

 

立場を理解するためには、その立場に立つ。

その立場の身になって、実際の行動をとってみるのです。

その立場の目線に立ってみないと見えてきません。

 

 

親は子の立場に。

子は親の立場になって考えてみるのです。

 

 

折り合いをつけていく際には、譲れる部分譲れない部分を明確に区別していきます。

譲れない部分というものは、自分が自分でなくなってしまうといったぐらいのところに留めてお

くべきです。

これを譲ってしまったら、私が生きていく価値、意味が失われてしまうというぐらいのことです。

自己存在の根幹に関わる部分です。

それぐらいのところというのは、限られたことでそういくらもあるものではありません。

それ以外のところは、譲れる部分として、適度な幅で妥協し譲っていけばいいんです。

 

 

妥協という言葉には、マイナスのイメージがありますが、これは協調のための技術です。

どうでもいいことを頑なに譲らなければ、社会生活の中で常に衝突していなければなりませ

ん。

慎み謙虚さというものは人間関係において重要なスキルです。

とは言っても、譲れない部分を安易に譲っていれば、芯が無く、一貫性のない風見鶏のような

信頼置けぬ人物となってしまいます。

 

 

自己存在の根幹に関わるところを自覚するためにも、本来の自分と向き合うことが求められ

るのです。

 

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


自己開示

私どもの所へ尋ねて来られる方は、コミュニケーションに対して苦手意識をもっている人が大

半です。

そして、ほとんどの方がその理由に口下手をあげています。

 

 

しかし、実際は口下手というよりも口が重いということのようです。

なぜ口が重くなっているのか?

 

 

その原因にあるものは、自己開示ができないということです。

自己開示とは、今自分が何を考え、何を感じているのかといったことを相手に伝えること

す。

自己開示ができない場合というのは、何かを隠そうとしている時です。

 

 

自分の中の何かを隠すということは、相手にこう見られようとしているものがあって、真の自

分を覆い隠している状態です。

隠しているものが多ければ多いほど、ほころびが出てきます。

表面を取り繕うために、あらゆることを偽らざるを得ないからです。

 

 

自己開示ができるようになるためには、自分に向き合うことが必要です。

隠そうとしていることが、本当に隠さなければならないことなのか。

表面を取り繕ってまで自分が成しえたいことはいったい何なのか。

自己開示することで、自分が失ってしまうのではと怖れていることは何なのか。

これらのことをごまかさず問うてみることが大切です。

 

 

コミュニケーションを円滑にし、周囲との調和、協調をはかっていくためには、相手にも欲があ

ることを忘れてはなりません

ですから、相手の利益も考え関わっていくことが必要です。

 

 

社会生活の中では、それぞれの立場が違います。

立場が違うということは、利害・損得が違うということです。

利害・損得が違えば、当然意見の食い違い、場合によっては衝突もあります。

しかし、それはイコール争い、仲たがいということではありません。

 

 

意見の食い違いを過度に避け、自分の意見を常に押し殺してしまうことが多くなれば、周囲に

流され、支配される生き方となってしまいます。

主体性の放棄です。

これでは、親密な関係にはなれません。

 

 

時折、「人に迷惑だけはかけないようにして、できれば人とあまり関わらないでいたい」ともら

す人がいます。

これもコミュニケーションへの苦手意識からなのでしょうが、社会生活を送るかぎり、人に迷

惑をかけないで生きることも、関わらないで生きることも不可能です。

 

 

迷惑をかけないことを直接的なものをイメージしていると思うのですが、私たちは、自分の知

らないところで、人の厄介になっています。

自分の生活に関わることの全てと言っていいぐらい、人の手がかかっています。

ですから、「役に立つ」ということをしていかなければ、迷惑のかけ通しなのです。

 

 

人の役に立つためには、得意なことでがより役に立つことができます。

そのためには、何が自分は得意なことなのかを自問してみる必要があります。

ここでも、本音の自分と向き合うことが求められます。

自分の個性を訪ね歩くことで、自分をより深く知り、自己開示ができるようになり、人とのコミ

ュニケーションも円滑にとれるようになるのです。

 

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/ 


成長・上達を心がける

私たちが、自己信頼感自尊心を取り戻すためには、今の自分を変化させていく必要があり

ます。

今のままでは認めきれないのですから。

 

 

何らかのコンプレックスもあるでしょう。

ですから、昨日の自分よりも今日の自分が、今日の自分よりも明日の自分が、少しでも成長

するようにしていくことが求められます。

 

 

その中で、何か上達していけることに取り組んでいくことをお勧めします。

私は小学生のころから音楽が好きでギターを弾いていました。

楽器の練習というのは、やればやっただけ確実にうまくなっていきます。

その上達の実感は、さらなる練習の動機づけとなり、自信となってきます。

 

 

自分を成長させようとした時に起こりやすいことが、内部ブロックです。

前へ進もうとアクセルを踏んでも、同時にサイドブレーキを引いてしまっている状態です。

 

 

一番多いのが、失敗を恐れる心のブレーキです。

失敗することで、傷つくことを避けようとする。

自信を失いたくないからです。

失敗は活かせば進歩・成長につながります

 

 

その他にあげてみると、

周囲の評価が気になる心のブレーキ

自分をよく見せることに神経を使い過ぎます。

批判や恥は向上の糧と心得ましょう

 

 

プライドが強過ぎる心のブレーキ

自尊心と言うよりも、折れないための自我肥大状態です。

知ったかぶりや言い訳が多くなります。

 

 

難しいと感じる心のブレーキ

これは、客観的な事実よりも気分で難しいと感じていることが多いようです。

私たちの脳は、事実と仮想(イメージ)を区別することはできません。

感じただけでも行動は止まります。

困難なのか不可能なのかの事実を確認する姿勢を持ちましょう。

困難なものは、時間とエネルギーをかければ可能なことです。

 

 

意地をはり過ぎる心のブレーキ

自己防衛のため素直さ、謙虚さに欠け、自分の考えだけに囚われてしまいます。

これでは協力者をも遠ざけてしまいます。

 

 

成長・上達を心がけるためには、今の自分が周囲からどう思われているかに気を取られるの

ではなく、将来の自分が今よりどれだけ進歩するのかを重要視していく生きかたに変えていく

ことです。

常に将来への希望がもてるようになります。

 

 

 

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/ 


1

« 2009年9月 | メインページ | アーカイブ | 2009年11月 »

このページのトップへ