月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2010年1月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2010年1月

なんとなく

皆さんは、かねての生活の中で、なんとなくそう感じるというものはないでしょうか。

さしたる理由があるわけではないのですが、いつも決まってそう感じるものです。



これが「なんとなく出来るような気がする」「うまくいくような気がする」といった

ポジティブなものであればいいのですが、「なんとなくまたうまくいかないような

気がする」とか、「間違っているような気がする」といったネガティブなものですと、

生活の場でなにかと不都合が生じますので、そのままにはしておけません。



これらの思いは、無意識に刷り込まれたものであることがほとんどですので、

きちっと、その根拠を探りあげた方がよいのです



例えば、失敗が許されないような環境がなかったでしょうか。

何かの失敗をするたびに、責任を追及されたり、または、嘲笑されたりすれば、

失敗への過度な怖れが身についてしまいます。



それに加え、「なにをやらせてもダメな子ねぇ」なんて言葉をあびせられようもん

なら、居てはいけない子ぐらいに自分を認識してしまいます。



失敗をすれば居場所がなくなると思えば、いかなる挑戦も避けようとします

結果、変化を拒む生き方になってしまいます。

失敗はしない代わりに、何一つ達成感も味わえない、自堕落な生き方です。



ありのままでいられる環境があったでしょうか。

感情や欲求を表すことが自然に受け入れられたでしょうか。

自分の意見を出すことが、柔順でない聞き分けのよくない子だと決めつけられ

ませんでしたか。



自分に歯向かわれることへの抵抗力がない親の場合、反抗する子を「悪い子

と表現します。

子どもの価値観を包み込めるほどの余裕がないのです。

自身の価値観が揺らいでしまいかねないからです。



ありのままを許されなかった場合、感じること、欲求を自覚することが出来なくなり、

他人の欲求を自身のものと錯覚し、他人の人生でしか生きられなくなります



家庭の中で慢性的な緊張感はありませんでしたか。

例えば、父親が仕事から帰って来るなり、神経質に部屋の隅々まで目をやり、

片付けられていないことの文句を言ったり、食事中に説教が始まったり、両親間

や祖父母たちとの人間関係で、固定された緊張状態がなかったでしょうか。



抑圧する側とされる側、挑発する側とされる側。

閉ざされた狭い空間の中の人間関係からくる緊張の空気は、そこにいる住人

特に子どもたちを窒息させます



呼吸不全の家庭で育った子どもたちは、社会の中の人間関係に家族を投影し、

健全な距離感を計れず、自分の立ち位置を見い出せず、パターン化された関わり

合いから脱することも出来ずに過ごします



これらのことが、意識下に染み込み、特定の行動の反復を誘発します。

これが「なんとなく」のメカニズムです。




『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


新年明けましておめでとうございます。

旧年中、つたないこのブログにご訪問頂いた皆々さま、誠にありがとうございまし

た。そして、今年もご訪問くださり、重ねて御礼申し上げます。

今年も宜しくお願い致します。



今年は寅年。

十二支にはそれぞれの意味があるようで、「寅」は、地中で十分に養分を摂取し、

エネルギーを貯えた草木の芽が、地上の温度が高くなり氷が融けてくると、猛烈

な勢いで地上に出てくる

このありさまを、虎が突っ走る姿にに例えているそうです。



皆さんも初詣、三社参りはすでに済まされたと思いますが、おみくじを引かれ

ましたか?

私は小吉でした。

恐らく、吉なのか凶なのかと一喜一憂されていると思いますが、そもそも吉凶は、

何をもって「吉」、「凶」だと思いますか?



」は生命の成長の状態、「」は後退の状態です。

生命の自然の流れは、成長です



まさに今年の「寅」が象徴しているように、土に落ちた種は、栄養分を吸収し、日に

日に姿を変え、やがて殻を突き破って新芽を出します。

ですから、成長につながるものは吉であり、逆に成長を阻むものは凶です



常に自分を成長させることを怠らなければ、いつでも吉ですし、怠るようであれば、

いつでも凶です。



「吉」が出たら慢心にならず、ますます成長できるように、「凶」が出てもがっかり

せず、成長を妨げているような悪い習慣がないかなどを振り返り、いずれもみくじ

にある言葉(歌)をよく読んで指針にしていけばいいかと思います。



「天地自然」「天の徳、地の恩」と申します。

天の心が「」 思いやり

地の法(のり)が「」 敬いです。



天の徳、地の恩に報いるために「仁」と「礼」を調和させていくことで、自他共に

成長させることができます



すべてのトラウマ体験(凶)も成長につなげることで、自然の理「陰極まりて陽に

転ず」で、凶を吉に転ずる(開運)ことができるでしょう。



お釈迦さまは、「生きとし生けるもの幸いなれ」と祈られていたそうです。

そんな大きな心にはとうてい行きつきませんが、このブログでご縁を頂いた方たち

のますますのご開運をお祈り申し上げております。

今年も宜しくおつきあいくださいませ。




『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


1

« 2009年12月 | メインページ | アーカイブ | 2010年2月 »

このページのトップへ