月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2011年3月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2011年3月

アダルトチルドレンの処方箋~ありたい姿③

今回は、自発性、主体性についてお話ししましょう。

私がアダルトチルドレンの方々と関わってきて、一番実感するのが、自発性

主体性が損なわれているということです。

自分自身の内面を表現することへのためらいや、怯えを一様に抱えています。

 

 

このことは、長きわたって感情や欲求を抑圧してきたことを示しています。

感情や欲求を表出することは、傷つくことであり、危険だと判断しているからです。

 

 

したがって、慢性的な不全感を抱え、ものごとの受け止め方や考え方に柔軟性

ありません。

そのことから怒りの感情が生じた時にも、健全な表明ができず、うっ積させ、破壊

衝動や暴力行為に及んだりします。

 

 

マズローは、自発性の高い人間は、『愛し愛される能力』に優れていると、特徴

をこう述べています。

 

 

自他を隔てる壁が比較的薄く、自己の感情はすぐ他人に浸透し、また

他人の感情は容易に感じ取ることができ、互いに共感をもつことができる。

つまり、他人と同一化し、共通の感情に生きることが可能なのである。

このような分け隔てのない人格特性は、周囲の人々にも温かい感情を感じ

させる」と。

 

 

愛し愛される能力』が充分でないと、人から遠ざかり、また、いじめなどの対象に

なってしまう場合もあります。

では、この自発性が発揮できないのがなぜかと言いますと、健全なアイデンティ

ティの未構築ということに関わってくるのです。

アイデンティティは、自己が自己であり得るということですから、他でもない自分

らしさの自覚です。

 

 

自他を区別できる自己の特性を認識できていれば、自ずと自然に沸き起こる感情

も表出できますし、意思表示や態度、行動で明確に自分を表現できます。

これが自発性です。

 

 

ここで、自発性に関連して、対人交渉の際に出てくる“譲れる”“譲れない”の

問題について論じてみましょう。

 

 

他者と協調性を保ちながら、自身の要求を実現させていくためには、相手と自分

との意見、希望の違いの間で、折り合いをつけていかなければなりません。

その時に、どこまで妥協し、譲るか、譲らないかが問題となります。

 

 

自発性の高い人間は、譲れない範囲は、自身の存在の根幹に関わるほどの大事

に限られ、非常に小さく、譲れる範囲をできるだけ大きくもち、「大事のために小事

を譲る」という姿勢ができています

 

 

大事に関しては、決して妥協することなく、社会環境の慣習的なものに対しても

挑戦する態度を示します。

自身の中に、アイデンティティを支える自己規範をもっているからです

周囲の評価に惑わされないのです。

 

 

一方、自発性が低い人間は、譲れないものまで意思表示を避け、結果譲ってしまう

といった状態を招いてしまいます。

 

 

周囲の評価に対して過敏であり「きらわれたくない」という理由で、安易に自分の

意志を押し留めます

もちろん、満足感は常に得られず、「させられた」という被害者意識が強まります。

これは、主体性の放棄という状態です。

 

 

それでは次に、主体性に関して述べてみましょう。

「主体的に生きよう。行動しよう」というような表現がされることがありますが、

“主体的に”というのは、具体的にどのような状態でしょうか。

 

 

主体性を考える時というのは、必ず自分以外の他との関わりあいの中でのことです

から、「他」というものを人を含めて「環境」と捉えてみると分かりやすくなりますの

で、環境との関係性から主体性を定義しますと、

 

 

1.環境に振り回されず、流されず、支配されないこと。

2.環境に対して常に働きかけ、創り変えていくこと。

と定義できます。

 

 

マズローは、自己実現しつつある人は、自律的で環境から独立していて、次のよう

な行動特徴をもたらすと述べています。

 

 

第一に、厳しい逆境や欲求不満に対しても、これに耐えることのできる能力

をもっている。

 

第二に、名声、名誉、権威、地位などといった社会的評価に依存しない。

 

第三に、建設的な社会批判の態度を持っている。環境に対して、主体的

創造されるべき対象と認識している。

 

 

いかがでしょうか。

皆さんも主体性を、かねてから発揮できておられるでしょうか?

 

 

先にも述べましたように、内的規範、指標をもてている場合は、社会的評価などの

外的評価に依存することはなくなります。

日本特有の「世間体」も外的評価です。

 

 

自発性や主体性に欠けた状態では、常に被害者意識に支配され、責任転嫁し、

周囲に依存的になるばかりではなく、非難や愚痴が多くなります

 

 

これらのことが、ストレス(逆境)に対しての脆弱性も招き、止まるという行動を選択

するのです。

目の前の問題を解決するための取り組みにも積極的になれず、不安や痛みからの

回避だけに終始してしまう反応的な生き方になってしまうのです。

 

 

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/


 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

 http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara 




 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/ 

 


アダルトチルドレンの処方箋~ありたい姿②

健康で、自己実現をとげつつある個人は、自己や他人についても、また

あらゆる事態に対してもありのままに受け容れることができます

 

 

人のもつ短所や長所、さまざまな特性に対して、ごく自然にそのままを認め、

受け容れることができるのです。

 

 

アダルトチルドレンの青年たちで、自分自身を肯定的に受け容れられている人は

全くいません。

それどころか、自己否定の塊と化しています。

 

 

その背景には、自身の短所を過度に否定された体験があります。

誰しも、周囲から求められず、愛されないということは辛いことです。

ですから、周囲から必要とされるために短所を隠そうとし、仮面(ペルソナ)を

かぶります。

 

 

周囲の期待を読み取り、自分に対しての評価に過敏になります

期待に過剰に応えようとするために、自己を押し殺し、ありのままの自分を

見失ってしまうのです。

 

 

期待に過剰に応えるというのは、周囲が自分に対して「こうしてほしい」と、

思っていることに沿おうとするということです。

つまり、周囲の都合に合わせようとすることであり、自身の可能性に対して

寄せられる好意的な期待に対してのものではありません。

 

 

ですから、例えば親から「うるさいから黙っていてほしい」というメッセージ

(期待)を読み取ると、もの言わぬ子どもに育ちます。

こういう子は、傍目には、柔順な聞き分けのいい子に映るのです。

そして、この傾向は成人してからもなお続き、自己主張に対して消極的になります。

 

 

ここで、長所、短所ということを少し考えてみましょう。

そもそも、人のもつ独自性を長所、短所といった見方で受け止める、そこに

問題があるように思われます。

 

 

私たち誰もがもっているものは、“個性”です。

“個”としての性質、特質です。

他でもない、「自分」という存在を他者と区別できるそれぞれの独自性です。

自分ならではのものです。

自己存在の価値を示すものです。

 

 

長所、短所という見方は、個性がうまく、より良く活用された場合が長所と

映り、自他の成長、発展のために不適切に使用された場合が、短所と捉え

られてしまっているに過ぎません。

要は、使われ方の問題であって、個性そのものにいい、悪いはありません

 

 

長所はまだしも、短所と見てしまった個性の一部は、否定され、切り捨てら

れようとします。

そうなれば、自分でなくなってしまいます。

 

 

言ってみれば、長所、短所は、葉っぱの表と裏で、表(片面)だけの葉っぱが

存在しないように、裏(短所)を否認すれば、自分でいられなくなるのです。

 

 

例えば、臆病で心配性が短所の青年がいたとします。

こういった場合、大体何事にも慎重で、行動力に欠けます。

「臆病だなぁ、きみは」なんて周りから言われ、きっとコンプレックス(劣等感)

として抱えてしまっているでしょう。

この青年に「大胆になれ」なんて言っても、無理な話で、ひたすら臆病者の

自分を否定し、隠そうとするでしょう。

 

 

心配性であれば、それを活かし、危機管理の手法を身につければいいんです。

健康、経済、人脈などのそれぞれの分野の危機対策に心配性が威力を発揮

します。

 

 

私は、20代に会計事務所に勤務していましたが、企業の利益を考える際に、

売上を増加させるアイデアを思いつくタイプと、経費の削減、節税策に気が

まわるタイプとがあります。

どちらも、収益がアップすることに変わりは無く、いいも悪いもありません。

どちらの視点(ブレーン)も必要なのです。

要は、それぞれの特質、個性を活かせばいいんです。

活用”の世界です。

 

 

先の青年が、食習慣、定期健診、保険、蓄財の管理、弁護士や医師などの

専門家、プライベートの理解者、協力者などとの人脈作りなどをかねてから

行っていれば、危機管理のスペシャリストになれます(笑)。

心配性が短所と言えるでしょうか?

 

 

自身の短所と思われていた性質を、今一度見直してみては如何ですか?

活かし方の工夫です。

 

 

それから、うまく活用できない短所をゼロにする必要もないでしょう。

個性が活かされていけば、短所に見受けられる部分も、かえって人間味とし

て、その人の味わいになります

スキのない人間は、仕事は任せられても、飲みには誘われませんから(笑)。

 

 

自分をありのままに認められるためにも実践してみてください。

自分をありのままに受け容れられませんと、他者も同じようにありのままを

受け容れることができません。

健康で、自己実現をなしつつある人間は、健全な自己愛により、他者をも

信頼できるのです

 

 

アダルトチルドレン自助会『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/


 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

 http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara 




 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/ 


アダルトチルドレンの処方箋~ありたい姿①

アダルトチルドレンからの回復といった場合、とかく家族トラウマのケアが焦点と

なりがちですが、どこへ向かうか、具体的な将来像、ありたい姿が不明瞭なまま

の場合が多いようです。

 

 

トラウマが解消され、生き辛さが軽減されて「良し」ではなく、人生を活き活きと、

生きがいをもって生きている人たちは、どのような姿勢で生きているのか。

そこに近づけていくことを試みては如何でしょうか。

 

 

その理想像を考えるヒントを与えてくれるものに、人間主義心理学のマズロー

理論があります。

マズローは、「人間は価値が内在するものであり、人間性のもつ何ものにも

替えがたい尊厳さ」に光をあてた独自の理論を提唱しました。

その中で、マズローは、生きがいをもって生きる自己実現的人間の特性をいくつ

かにまとめています。

そこから“ありたい姿”を考察してみましょう。

 

 

現実を正しく見、これと快適につきあってゆくことができる

これは、事実に即した理解です。

 

 

アダルトチルドレンの多くは、目の前の事実に対して、客観性が不足し、主観的

なとらえ方に囚われ、自身の歪んだ憶測により、不安や恐怖を抱えています

したがって、結果に対して何らの確証も得られないこれから未来(未知)のこと

に関しては、なおさら強い不安感や脅威を感じ、挑戦することを過度に避けます

 

 

これに対し、自己実現欲求が満たされている人間は、未知なるものに対して、

豊かな感受性から、逆に好奇心をもって、探求していこうとするのです。

 

 

自己信頼感の高さから、外部からの肯定的刺激に対してのみならず、否定的

刺激に対しても、主体的な意志により適確な“対応”が取れるのです。

 

 

家族トラウマの影響を受けている場合は、外部からの刺激に対しては、過去の

トラウマなどから、身体は反射的に、心は反応的にしかできなくなってしまって

います

ですから、何度も同じ否定的(自己破壊的)行動を繰り返してしまうのです。

 

 

現実に対し、印象や憶測で判断することなく、客観的に事実を正確に把握し、

適切な評価を与え、自発的、能動的、主体的に対応していくことが、常に現状

と快適につきあっていける姿勢・態度なのです

 

 

 

アダルトチルドレン自助会『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/


 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

 http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara 




 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/ 


1

« 2011年2月 | メインページ | アーカイブ | 2011年4月 »

このページのトップへ