月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2011年7月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2011年7月

アダルトチルドレンへの処方箋~自身の欲求

前回のブログで、バウンダリー(境界線)に関してお話ししました。

自身の欲求と他者の欲求を勘違いしてしまいますと、虚無感から様々なアディク

ション(依存)を招いてしまいます。

今回は、自他の欲求の見極めの方法を簡単にお話ししてみましょう。

 

 

先ず、自分が欲しいものや、やりたいことを思い浮かべてください。

それに対して、「何のためにそれが欲しいのか」を問うていくのです。

つまり、それを得たい理由、目的です。

他でもない、そのもの、そのことを得なければならない理由、目的があるはずです。

それを自分に問いかけるのです。

 

 

例えば、車が欲しいとします。

「何のため?」の答えを考えてみてください。

「友達と遊びに行ける」だとしたら。

同じように「何のため?」と、友達と遊びたい理由を問うてみるのです。

「遠慮なく交流しあえる相手がほしい」だとしたら、はい、また同じように

「何のために?」

「何でも相談したい」

「何のため?」

「自分だけの考えでは不安だから」

はい、ここで見えてきたことは、「安心を得たい」ということですね。

いつでも、方針に迷ったりした時に、客観的な助言が欲しい。

そういった友がいてくれる。一人ではないという安心感を得たいということです。

「車」が欲しいといったところから、より本質的な自分の欲求が確認できましたね。

 

 

ですから、そういう友がいれば、車は無くてもいいということです

逆に、車を手にいれることができたとしても、そういう友が得られなければ、何か

満たされない思いが続きます。

友達に気に入られんがために、自分は欲しくも無い友達の望むゲームを買い続け

るようなものです。

 

 

また、ボランティアなどの奉仕活動をやりたいといった場合。

同じように、「何のため?」かを問うてみてください。

特に「自分を犠牲にしてでも」といった献身的な動機からの場合、よくよくその目的

を考えてみてください。

「喜んでもらいたい」

「感謝されたい」

「必要とされたい」

「求められたい」

「一人になりたくない」

根源的なところに、見捨てられ不安からくる孤独感があれば、手段を選ばず、

人から求められよう、気に入られようとしてしまいます

他者が喜んでくれているその行為自体を、自分も喜べるものでなければ、やがて

燃え尽き、倒れます。

充実感達成感を得られないからです。

 

 

このように、自身の欲求と思っていたことが、実際は他者の欲求を満足させること

になっていたということや、欲していたものは単なる手段に過ぎず、本質的な求め

は他にあったということは、よくあることです。

こういったすり替え充足手段の目的化が、延々と繰り返される満たされぬ欲求

への貪りの苦悩を招いてしまうのです。

 

 

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/

 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara 




 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


アダルトチルドレンへの処方箋~自他の区別

あなたは自分を生きていますか?

 

 

これは、あなた自身の欲求や感情を偽らず、自分を尽くして生きていますか?

という問いかけです。

 

 

もちろん、「はい、いつも自分の欲求だけで生きています」では、ただのジコチュウ

です(笑)。

そうではなくて、あなたが日ごろ求めていたり、正しいとか間違っていると思って

いることは、本当あなた自身からのものですか?

他人の欲求価値基準を自分のものと勘違いしていることはないですか?

 

 

バウンダリー(境界線)という概念があります。

自分と他者を区別するものです。

 

 

この境界線が不明瞭だと、他人の感情に大きく動かされたり、他人の内面に

軽はずみに侵入したりして、トラブルを招いてしまうことが多くなります

 

 

こういった傾向の背景には、自身の親との関わりあいがあります。

最も多いのが、わが子にかける期待感から、親がわが子を自身の延長とみなす

ケースです。

自分が果たせなかった夢をわが子に託したり、わが子を生きがいとしてしまう

ものです。

この場合、子どもは親の使命を負った子となります。

自分が実現させたいことではなく、親が実現させたいことに奔走することになり

ます。

自己判断自己決定ができなくなり、依存的な生き方が身についてしまいます。

また、親の価値観を押しつけられ、アイデンティティ(自分らしさ)を構築できず、

誰の前でも「自分」がありません

 

 

別なケースでは、親が適切な責任を負わず、

あなたのために我慢しているのよ

おまえのせいで

といった言動が多いと、子どもは自分自身の存在に対して、罪悪感や羞恥心を

感じて生きるようになります

 

 

親の期待に応えた時だけ愛情をそそがれた子どもは、愛されんがために常に

他者の欲求に反射的に応え、自己を出さないようになってしまいます

 

 

いかがですか?

あなたは上のような子どもになっていませんでしたか?

これらは、親がわが子との間の境界線を越え侵入してきたケースです。

 

 

境界は、互いの存在の独立性を保証するものです

境界を侵入され、自他の区別が曖昧になってしまうと、一個の人格をもった一人

の人間としての価値を認められず、自尊心自己信頼感が育ちません。

責任の所在も分からなくなり、負わないでいい責任を負おうとしたり、負わなけれ

ばならない責任を他者に転嫁しようとします

 

 

あなたがもし、他者の感情に過敏に反応してしまったり、自他の欲求の区別が

つきにくい。自分にどうしても自信をもてないようでしたら、上記のような親子関係

がなかったどうかを振り返ってみてください。

 

 

境界線は、自分を孤立化させるものでは決してありません。

混ぜ合わせるのではなく、互いを活かしあうためのものです。

孤立を恐れ、境界線を失くしてしまうと、支配された生き方を招いてしまいます。

 

 

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/

 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara 




 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/   


アダルトチルドレンへの処方箋~幸福感を得るために

極論を言えば、アダルトチルドレンであろうが無かろうが、今が幸福感を感じられて

いればいいんです。

 

 

過去に何があれ、どうあれ。

今の自分が、自分の人生の主体者であればいいんです。

 

 

では、幸福感を得るためには何が必要なのでしょうか?

 

 

幸福感を感じている時というのは、人生が上向きのときです

下降線をたどっている時には、なかなか幸福感は感じられるものではありません。

 

 

私も、20代から自営業を行ってきたため、数百万単位で、所得が年々落ちた経験

もありました(涙)。

そういう時でも、「陰極まれば、陽に転ず」という世界観をもっていましたので、

希望の光だけは失いませんでしたが、やはり気は滅入るものです。

それだけに、増えだしてくると、落ちてた分「し・あ・わ・せ」ってな感じです(笑)。

 

 

ですから、常に人生を上向きにしてしまえば、常に幸福感を感じられます。

人生を上向きにするためには、自分が上を向いてればいいんです。

つまり、向上心をもって、常に自分を成長させていくんです。

 

 

成長の度合いをはかるためには、過去の自分と比べなければなりません。

その習慣をもつと、他者と比べる愚をおかさなくなります。

他者との比較の愚は、起点立脚点が違う者と並列に比べても意味がないという

ことです。

同じ年齢でも、資質、能力、成育環境、体格、体力、等など、最初から全て違うの

ですから、スタートが違うんです。

 

 

それから、成長を心がけることと合わせ、社会の役に立つことを心がけましょう。

社会がより良く(成長)ならなければ、片手落ちです。

自分は良くても、国が戦争をしていれば決して幸福ではないでしょう。

自分と社会の成長で陰陽のセットです。

自分のために生きて、人のために働くんです

 

 

「働く」は、傍(周囲)を楽にする(役立つ)ことです

自分をどう働かせるか。

それは、どう「活かすか」です。

 

 

自分のはたらきが、人に喜びや幸せを与えれば、そのことで自分の中に生じる

喜びが自分を支え、幸福感を感じられます。

これが、上()を向くもう一つの方法です。

ちまちま自分のことばかり考えず、わが家より、社会、国、地球、宇宙のことをたま

には考えてみましょう。

 

 

もちろん、上ばかり見ていると、転びますので、しっかり地に足を着ける。

足元を見る現実直視が大切です。

王陽明が「事上磨錬」と教えた、直面するあらゆる物事で、自身を鍛え磨くこと

です。

出会う人全てが、自分の師であり、身に起こること全てが研磨剤です

 

 

目の前の事に全力で自分を尽くすことで、何で役立つことが出来るかが見えて

きます。

自分は何をやりたいのか、何が適しているのかが分からない人は、今を全力で

生きていないからです

 

 

「給料が安い」「上司がいやだ」「仕事がつまらない」

「むかつくー!」

その相手に、何一つ真正面から伝えられないから、むかつくのです。

直接関係ない人(友人等)にしか、グチれないから、一人でむかつくんです。

自分の尽くしようが足りないのです。

自分ならではの、はたらきや役立ち(独自性)が見えてくれば、自分の価値が自覚

でき、幸福感を得られます。

 

 

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/

 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara 




 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/  


1

« 2011年6月 | メインページ | アーカイブ | 2011年8月 »

このページのトップへ