月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2012年12月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2012年12月

アダルトチルドレンへの処方箋~成長と幸福感

トラウマに喘ぐタイプの特徴というか、トラウマを受けるとそういう傾向が身に付く

のか、自分を成長させていくといった意識が薄いように感じられます。

 

 

そもそも幸福感といったものは、どういう状況で感じられるものでしょうか。

それは、状態が上向きの時ですね。

自身のこれからが、さらに悪くなるといった状況では、幸福感を望むべくもありま

せん。

そういうことからも、成長している実感があれば、幸福感を味わえているはずで

す。

 

 

成長していくためには、向上心が必要です。

何らかのコンプレックスを抱えていますと、それを隠し、そのことで、自信がもて

ず、他のことまでもが手につかないといったことを聞くことがありますが、できな

いことは、出来るようにして(成長)いけばいいだけであり、どうしてもできない

ことであれば、他の出来ることを伸ばす(成長)ことで、カバーしていけばいいの

です。

 

 

いずれも、成長していこうという意志さえあれば、やるべきことをやっていけます。

成長するために必要な向上心は、慢心があればもてません

慢心とは、無力の無自覚です。

自力ではできないということを受け入れられず、できるはずだと過信してしまう

ことです。

 

 

無力の無自覚は、謙虚さ素直さを失い、真摯に何かを学ぶことをしません。

これが、自己を成長させていくことをしない根本的原因であり、幸福感を感じ

られない理由でもあります。

「過去のトラウマが成長を阻んでいる」と思っていませんか?

そうではなく、成長(自己の可能性)を信じようとしない自分の態度に問題がある

のです。

 

 

成長は、確実に自己認識を肯定的に高めます。

現状を基準にしてしか未来を想定できなければ、明るい希望は望めません

今より確実に成長して、望む未来を実現する」といった意志によってこそ、

幸福感が感じられる、より生きがいのある毎日を過ごせていけるのです。

 

 

 

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/

 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara

 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/

 

 


1

« 2012年10月 | メインページ | アーカイブ | 2013年1月 »

このページのトップへ