月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2013年12月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2013年12月

アダルトチルドレンへの処方箋~楽観のすすめ

生きる意欲をもてるためにはどうすればいいか?
この質問はよく投げかけられます。



意欲をもてるためには、自分なりの生きていく意味を見い出すことが必要です。
そのためには「人生を味わう」という姿勢が大切です。



人生を味わうためには、心にシャドーコンプレックスをできるだけ作らない
ようにする。
シャドー(影)とは、自分にとって認め難い、好ましからざる不都合な一面を
心の裏側に押し込めてしまった部分です。
コンプレックスは、過度な不適切な思い込みです。



自分の中に良しとできない部分(例えば親を憎む気持ち等)があっても、その
ことを否認しない
そんな気持ちはもっていないと自分に嘘をつかない
そんな自分を断罪(否定)しない



そういう部分も「自分」なんです。
否認すればするほどシャドーが増幅されます



また否認すれば、正直さ素直さが失われます。
正直さや素直さが失われると慢心が生じます。
慢心は、疑念や拘り、怒りを生み、心を濁らせます
コンプレックスは、素直にものごとを受け止められなくします。
人生を味わうためには、この素直さが要になります



素直さを、「何事にもありがたみを感じれる能力」と捉えてみてください。
「ありがたや、ありがたや」(笑)と何事に対してもありがたみを感じることが
できれば、あたりまえのことも与えられた恵みと感謝することができます。
このあたりまえのことも与えられた恵みと感謝 することが「楽観」です。



ありがたみを感じれるということは、そこから何かを得る、つかむことができる。
つまり「恵み」です。
その恵みとは、「気づき」と「学び」そして成長です。



恵みの先には、必ず豊かさがあります。
人生を味わい深く感じられることこそ豊かさではないでしょうか。
つらい(辛い)出来事こそ、そこから学びを得ることが多いものです。
良薬は口に苦し」です。
酸いもからい(辛い)もあるから食事は楽しいんです。
ですから人生もしっかり味わってみましょう。
ありがた味も味のひとつです。



学び成長できれば、痛みは軽くなります。
痛みにも感謝できます
人生を味わっていくのが主体的な生き方であり、生きていく醍醐味です。



理想主義的な(希望)をもった現実主義者になってみましょう。
何事も現実を直視し、現実からスタートです
現実を否認しない。
理想も大切です。
未来には保障がないからこそ希望をもつのです


過ちをおかすのも自然なことです。
愚かな自分も否定せず、自分の人生に責任と関心をもって、面白み(興味深さ)
とありがたみを感じながら、楽観的に生きてみましょう
こうして人生に対しての態度を切り替えることで、生きていく意味を見出し生きる
意欲がもてるようになります。
るようになります。るるる 



アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/

 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara

 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動
の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/ 


1

« 2013年10月 | メインページ | アーカイブ | 2014年1月 »

このページのトップへ