月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2014年2月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2014年2月

アダルトチルドレンへの処方箋~時の要請

実存分析のフランクル心理学は、より良く生きていくための様々な示唆を与えて
くれます。



その中で、時間に対しての次のような内容があります。
あたかも既に二度目の人生を生きているかのように、そして、あたかも、
あなたが今まさに誤って行為してしまおうとしているのと同じ過ちを、一度目
の人生において行ったかのように生きよ




これは、過去に行った行為(一度目の人生)の結果として現状が生じていると自覚
すること。
「あの時あーしておけばなぁ」といったことは少なからずあったと思いますが、現在
がまさにその「あの時」であり、今どうするかで将来の状況が左右されるのです。
今の行動のありかたは、将来に何かを用意してしまいます。
現状の過ごし方が、将来の準備になっていることを自覚して過ごすことが大切です。



また、現状困難な状態があれば、それは過去の誤った判断、行為によってのもの
であり、それと同じことを繰り返してしまわないように自戒して行動していく必要が
あります。今という時間、機会は、二度とこないのですから。



私が大ファンである井上陽水の歌に「人生が二度あれば」という歌がありますが、
「もう一度やり直せたら」という思いになることは何度もあるかと思います。だから、
この人生がその二度目だと仮定すれば、今ここの時間の過ごし方を大切にできる
のではないでしょうか。



時間の流れは、絶妙なタイミングで目の前に課題を運んでくれます。
最も好ましい時期に時の要請として意味ある機会の提供がなされるという前提に
基づけば、時間を決して粗末にできないのです。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://forum-hokushin.weblogs.jp/tienowa/

 

twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara

 

ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

 

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動
の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/

 

アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


1

« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年4月 »

このページのトップへ