月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2016年11月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2016年11月

アダルトチルドレンからのQ&A~変化を起こすために

改善や解決といった状態の変化を起こしていくためには、

まず自分が「現状はまだまずい」という点に具体的に気づいて、それを意識する

ことです。それなしには始まりようがありません。

それは問題意識です。

問題点に気づくためには、どういった状態が理想であるかが具体的に見えている

ことが必要です。

「ありたい姿」「あるべき姿」です。

それと現状との差が、改善点です。




「このままにはしておけない」と認識し、「現状を変えたい」と希望し、

さらには「変えるぞ」決心すること。

これがない限りは行動がおきません。

行動がないかぎり、何も変わりません。絵に描いた餅。

念じているだけでは、花は咲かないのです。




さらには、それを粘り強く、強制的に実行し続けること。

そうしないと、すぐ元へ戻ってしまうからです。

 この強制的に実行するというところには工夫が必要です。




まず、日常の生活の中に、組み入れていくことです。

朝の洗顔や就寝前の歯磨きのように、毎日の日課にしていきます。

それから、人をまきこむ。協力者を用意します。

自分が忘れていても、気づかせてくれる相手です。

また、共にやってくれる相手であれば、自分がくじけそうになった時でも、

「自分だけやめるわけにはいかない。申し訳ない」と、背中を押すこともできます。

そして、場を整えることも有効です。

そのことをやりやすい場所や道具をそろえることです。

忘れないようにするということが最も肝心ですので、やるべきことやありたい姿を

紙に書いて壁に貼っておいたり、スマホに記録したりして、常に見ることです。

協力者に注意や励ましをしてもらうことも効果的でしょう。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/chienowa/


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


ニート・ひきこもりエンパワー教室
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動
の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/  



1

« 2016年10月 | メインページ | アーカイブ | 2017年1月 »

このページのトップへ