月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい : 旧ブログ > アーカイブ > 2008年7月

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい : 旧ブログ
2008年7月

コントロールを失った選択

人生は選択の連続」と言われます。

確かに生活のあらゆる場面で、どちらかを選び取る。他でもない特定の何ものかを

選び取っています。

その選択の結果が、自分にとって得か損かで幸、不幸が決まってしまいます。

それほど重要な選択の場面で、私たちはどれほど自分の意思をはたらかせている

でしょうか。おそらく大半の人は、しっかり考えるか、テキトーかは別にして、自身で

考えていると答えるでしょう。しかし、本当にそうでしょうか。

例えば、なぜある特定の人間に好意を寄せるのでしょうか。理由を答えられますか?

優しいから? 優しい人間は沢山います。何故その人なのかの答えは出せない

でしょう。また、何故その仕事を選んだのか。収入? より多くの収入を得られる

仕事も他にあったはずです。何故よりによってその仕事なのか。

如何ですか?

人は、自分で解決しなければならない課題・問題と関係する職業選択を無意識

するとも言われています。

これらの疑問のヒントになる示唆を与えてくれる深層心理学の一分野で、

L.ソンディという博士は、「個人の中に抑圧されている祖先の欲求が、恋愛、友情、

職業、疾病、および死亡における無意識的選択行動となって、個人の運命を

決定する」と論じています。これはトラウマの遺伝とも言えます。

私たちは、自己の体験から受けたトラウマのみならず、遺伝による傷痕をかかえ、

身体に記憶されたその傷みにより、反応的な生きかたを強いられ、意思による選択

ではなく、強迫的に選び取らされている。

あなたの生き方がまさにそうだとしたら、あなたはコントロールを欠いた自己の人生

をどのようにこれから創りあげていきますか?

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール

http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


傷みへの執着

心の傷みは肉体の痛みよりも回復し難いものです。

その傷みには、それを自分に与えた相手への怒り、憎しみ、恨みといった情念が伴う

ため、執着し手放し難いのです。

執着は、思念を凝縮するのみならず、状況を追認することなので、繰り返し自己暗示

をかけるようなもので、トラウマ体験の再現を誘引してしまいます。

「これまでも失敗したから必ずまた失敗する」「人に裏切られたから、きっとまた裏切ら

れる」「不幸なことばかり続いたから、自分に幸福はありえない」等など。

この執着を解き放つ方法は何があるでしょう。

例えば、「傷つくことを許したのは自分」という考えをもってみてください。

傷つくことは「結果」ではなく、「影響」として捉え、「結果」としての傷つくような出来事

が降りかかっても、影響として傷つくことを受け入れたのは自分だということです。

「悪いのは自分なのか?」という反論がありそうですが、いいとか悪いの問題ではな

く、影響を受けたことにおいて責任を負うべきは自分だということです。責任を負う

ということは、そのことの問題解決、動向において、自分が主体者、主導者となり

得るということです。

他者に責任を求めているうちは、その相手がそのことにおいての主体者です。

過去と他人は変えられない」と言われるように、相手が自分の望み通り変わって

くれる、動いてくれることは多くが期待はずれとなります。

過去と他人は変えられずとも、過去や他人からの影響は自分次第で変えられます

傷みへの執着を招くのは、空虚さです。

他者の欲求を自分の欲求と勘違いしている場合にこの空虚さは生まれます。

私たちの生きる目的は、過去の清算ではありません。未来の創造です。

創造のためには、真の自己の欲求を知る必要があります。

真の自己の欲求を知ることで、自分の人生を生きることができます。

特定の誰かから承認されることへの執着は、他人の人生を生きることとなり、

人間関係への嗜癖(アディクション)となります。

自身の求めるものが、より多くの人たちの求めと重なった時、社会の中で自分

が活かされ、トラウマ体験を否認せず受容できる(許せる)余裕が生まれ、執着

から解き放たれるのです。

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール

http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


不登校・ひきこもり・ニートにみるアダルトチルドレン

私が15年以上も前から関わってきた不登校の子どもたち、8年ほど前から出逢った

ひきこもりの青年たち、そしてニート層。当時はまだ私はアダルトチルドレンを知りま

せんでした。その後内観学会の研修会に参加する機会があり、そこで嗜癖(アディク

ション)を知りました。嗜癖問題を学習する中でアダルトチルドレンの概念を知り、

同時にその特徴を知るにつけ、これまで私が関わってきた青少年たちの行動の意

味が全てと言っていいほど理解できたのです。アダルトチルドレンの実態は、彼ら

そのものでした。

私は不登校やひきこもりを研究してから支援活動を始めたわけではありません。

出会いが先にあり、ある仮説に基づいて関わってみたところ、問題が解決されて

いったという経緯があります。(その詳細はこちらへ)

ですから、彼らの類似性に「何だろう?」と疑問を感じていました。それがアダルト

チルドレンという視点から全て氷解したのです。

と同時に、彼らはACではあっても、アルコール依存症の家庭に育ったわけではなく、

家族(内)トラウマによる影響を受けた子どもたちであること。さらには、アルコール

依存をはじめ、各種依存症(アディクション)であったのは、彼らの祖父母たちの方

がかえって多いということに気づきました。これが後に知ることとなった次世代AC

です。アダルトチルドレンの親に育てられた子どもたちです

このように私は全てが概念を知る前に、現場で実態を見せつけられるところから

始まっています。その分後に概念を知ってからは、彼らの苦悩の源泉がよく分かっ

たのです。

次世代アダルトチルドレンであることを知ってからは、私の支援目的が少し変わっ

てきました。それは、この子たちが将来結婚し、子どもを持った時、この子どもたち

に家族トラウマを与えてしまわないための支援が必要だと感じたのです

相談者(ほとんどが親)の二世代先、つまり孫たちの世代にとって、安全な家庭環境

を作るためにも、現在不登校、ひきこもり、ニート状態にある青少年たちの本質的

な改善、回復が重要だとの思いに至ったのです。

『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール

http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


生命とはたらきと自尊心

私たちの“存在”には、生命とはたらきの二面があります。

「はたらき」というのは、行為・行動・態度といったものです。この行為・行動・態度を

誤ってしまうことは誰にだってあります。その場合は、それをより適正なものに改め

ればいいことです。うまく出来なかった、失敗してしまったというだけで、過度に自分

を貶める必要はありません。残念がることはやむを得ませんが、自尊心を傷つける

まで自分を責めないようにしましょう。

人には良心があります。ですから、過ったことをしてしまえば罪悪感というものが出て

きます。ですが、過った行為を悔やむのではなく、自身そのものを過った存在だと

認識してしまう恥辱感をもってしまうと、自尊心はズタズタになります。

自分の存在が無意味、無価値になってしまうことは、とても恐ろしいことです。

「命」という字は「ミコト」と読みます。「御言」のことです。天の御言。目的、意志です。

また同じ「ミコト」と読む字に「」という字があります。

私たちの生命には、それぞれの目的や役割があるととらえてみてはいかがでしょうか。

そして、それらはどれもとても尊いものであるはずです。

私たちは、それぞれが目的をもったユニーク(独自)な存在だということです。

健全なアイデンティティ(自己存在意義)を構築し、自身の個性を活かしたはたらき

が何ができるかを考えてみましょう。

ある医師は「子どもは親を選んで産まれてくる」と言います。

自ら選んだ家庭に生命が宿り(宿命)、自己責任のもとその生命を運び(運命)、生き

がいのある目的(天命)に向かって、志を立て使命感をもってより良く創運(立命)して

いく。

何故この家、親を選んだのかと考えてみると、自身の目的、役割が意外と見えてくる

かも知れません。

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール

http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


セルフ・イメージの歪みから

日常生活の中で、不安、恐怖、怒り、恨みといったネガティブな感情が起こり、意志を

コントロールできないでいる場面(状況・状態)を振り返ってみてください。

必ずあることがトリガー(引き金)となって、選択行為において制御がはたらかず衝動的

な行動をとってしまう場面があると思います。

現実の場ではないのだけれども、自身が想定した状況で感じられるものも合わせて

考えてみてください。

私たちは感覚を通して状況・状態を観察し、感情が表出します。この感情は、自身が

何を欲しているのかの手がかりになります

必要としているものが満たされぬ場合に、不安や怒りなどが起こるのです。

人は自分に相応しいと判断したものを求めようとします。築かれたセルフ・イメージ

(自己像)により、相応しい環境を求め、相応しい境遇を求めます。

周囲からの誤った評価により、歪められたセルフ・イメージがあると、不適切な場面で

恐怖や怒りといったネガティブな感情が表れ、それがたとえ自己破壊的なものであっ

たとしても、自身に相応しいと判断されたものは、形作られてしまいます。

「自分は無価値であり、周囲から必要とされない存在である」といったようなセルフ・

イメージがあれば、周囲から疎外されるような状況を自ら求めてしまうのです。

あなたのセルフ・イメージに最も影響を与えたものは、両親からの評価です。

親の期待に応えきれ愛されたか、応えきれず愛されなかったか。

私たちがそなえるべきものは、親の期待が適切であったか否かを見極める目です。

トリガーにより生じたネガティブな感情を正常化するために取っている習慣は何で

すか?その習慣は不適切な対応ではなかったですか?

他者の欲求を自身の欲求と見誤らず、自らが求めている真の欲求に気づき

健全なセルフ・イメージを構築しましょう。


自分であって自分でないような

不登校の児童にも教室の中に居て「なぜか違和感を感じる」「自分がここにいるという

実感がわかない」「周囲に人がいるのに自分だけが浮いているような気がする」といった

訴えがよく聞かれます。健全なアイデンティティの構築がなされていないのが主な要因

かと思われますが、その原因に家族トラウマとして、家族間の葛藤が通常化してあった

というケースがあるようです。

ある少年は、父親とその実母(祖母)とのいさかいや両親の口げんかが日常よくあり、

また兄の反抗期には父親との衝突の場面が継続的にあったようです。

そんな中、常に家庭の中には緊張した空気があり、少年は不安を抱えるも、見ない

ふり、聞かないふりをするしかなく、その不安を解消できぬまま心の奥にしまいこんで

しまいました。また、ある青年は、厳格で高圧的な態度の父親からあるゆることを強制

され、ある時期から自己破壊的な感情表現をとるようになり、入院経験もありましたが、

その時の診断は離人症でした。私に自分が描いた絵をよく見せてくれましたが、

黒マジックで描かれたそれらの絵は、彼の心の闇をよく表していました。彼もまた

「自分と他者の間に常に見えない壁を感じ、現実感がない」と言っていました。

また手にはタバコによる火傷(根性焼き)の後が多く残っていて、自分が生きていると

いう実感を得たかったと言っていました。

離人症まではいかないまでも、離人感をもった青少年たちは少なくありません。

感情を鈍磨させたり乖離させたり、抑圧している間に健全な人格の統合がなし

えないでいるのだと思います。

こういった青少年たちには、まずその子らの存在をあるがままに受け入れてあげら

れる安全な環境を作ってあげ、自身が自分に向き合うことができるだけの安心感を

与えてあげながら、自分の存在、周囲との関係性を肯定的に受け止められるような

導きをしてあげることで、解消されていくようです。

家庭教育無料講座 『不登校・ひきこもり全て答えます』
~当事者家族・支援者・関係者のために~
7月27日(日)13時30分~16時30分
大野城まどかぴあ 会議室3
http://www.interbrain.co.jp/lecture/

AC(アダルトチルドレン)、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動の中
から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール

http://www.interbrain.co.jp/adultc/

NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


1

« 2008年6月 | メインページ | アーカイブ | 2008年8月 »

このページのトップへ