• マイベストプロ
  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > ひきこもり・不登校~依存症の家族に学ぶ③

解決支援者の現場日記

< ひきこもり・不登校~依存症の家族に学ぶ②  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり・不登校~事態を動かすのは"本気度" >

ひきこもり・不登校~依存症の家族に学ぶ③


多くの親御さんが勘違いしていることを述べてみましょう。

引きこもっているわが子を前進させていくためには、徹底した寄り添いが必要です。

安心感を与えるためです。

新たなことへの挑戦ができるためには、勇気が必要です。

その勇気を引き出すためには、安心感が必要なのです。

そもそも勇気が出せないのは、「失敗したらどうしよう」といった心配からです。

かりにうまくいかなくても大丈夫、心配ないと認識させないといけません。

しっかりわが子の身になって寄り添うことです。




ところが、この寄り添いを勘違いしているのです。

私がかねて「理解が大切」と言っていることを、何でも本人の要望を聞いてあげる。叶えてあげる

ことと勘違いする親御さんも多いですが、「理解」というのは、ひきこもりという現象の理解です。

わが子の要求にすべて応えることでは決してありません。

寄り添いもこれと同じで、何もすべての要求を満たしてあげることではないのです。

苦悩に共感し、痛みに寄り添うのです。




多いのが、わが子に一切の負担を与えようとしない親御さんです。

子どもの嫌がる顔を見たくない。

不機嫌にしたくない。

そのために、自分が我慢する。

これでは共感となっていません。




わが子が不安を抱えているのには訳(理由)があります。

そこには、本人の思考の偏り、歪みが関係しています。

それを修正、改善していくことが重要なのです。

本人の望むものをそのまま与えることが、現状を改善できることとは限らないのです。

なぜなら、ひきこもり者たちは今は、現状維持を望んでいるからです。

変化による新たな痛みを避けたいのです。




寄り添い、共感、同情は、責任の肩代わりをし、被っている苦悩(一生世話をする)をただただ

耐え忍ぶことではありません。

現状改善、社会的自立を果たしていくために必要な苦労を、共に耐え、共に乗り越えていくことです。

嫌がる努力をわが子にさせず、自分が仕方なく我慢することではありません。

それでは引きこもりから脱することは出来ないのですから。

わが子の人としての尊厳性敬意をもって接し、不安を克服していくことに共に挑戦していくこと

が本当の愛情ではないでしょうか。

(終)







※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】
※現在オンラインで一人からでも受講できます。

https://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

https://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

https://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
https://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/



毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は https://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
https://www.interbrain.co.jp


カテゴリ:

< ひきこもり・不登校~依存症の家族に学ぶ②  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり・不登校~事態を動かすのは"本気度" >

同じカテゴリの記事

ひきこもり・不登校~事態を動かすのは"本気度"


「脱ひきこもりを達成できる家庭と、達成できない家庭と、違いがありますか?」といった質問を

受ける時があります。

これはもちろんあります。

答えはそう難しくはありません。

本気度です。

本気で解決したいと家族が思っているか否かです。

これは引きこもり問題に限りませんね。

何かを成したいと思えば、本気になるしかありません。




本気度は、行動に最も現れます。

つまり、本気であれば黙っていても行動しています。

例えば、宝くじに当たりたかったら、先ず買い求めますよね(笑)

買ってもいないのに「いつか当たらないかなぁ」なんて思っても無理ですね。

「どうせ当たらないし」と思って、買いもしないから一生当たらないんです(笑)。




「ひきこもりが解決したらいいなぁ」とは思っているでしょう。

しかし、「必ず解決するぞ! 」「解決してみせる!」と本気で思っているかです。

本気であれば、途中思うようにいかない状況が出てきても、それだけで諦めることはありません。




「大変な状況なのに本気で思わないことなんてあるでしょうか?」

あります。

本気でないということは、ひきこもりの解決よりも優先させてしまっていることが他にあると

いうことです。

例えば、解決に至るまでの苦労、めんどくささ等からの逃避です。




本気になれていない間は、先ず言い訳が多いです。

やっていないことを「〇〇だから、やれない」とよく言われます。

自分がやらない(困難だから)」ことを、やれない(不可能)」と言うわけです。

「やらない」と「やれない」は違います。

「困難」は、難しいけれども可能ということです。

これは、ひきこもり者たちも同じです。

本気になっていれば10年を超すひきこもりでも社会へ参加できているし、本気になれていなければ、

まだ数年でも、そのまま状態に変化が起こりません。




これまでも、本気の解決に数多く携わらせてもらいました。

片親家庭で、経済的にも決して余裕の無い中で、支援を受けるために必要な費用を捻出し必死に

なってわが子に働きかけ続けたことで独立させた母親。

身体も心も傷つけられ、多くのものを失いながらも、わが子と真正面から向き合うことから逃げず、

親子の絆を取り戻していった、やはり片親家庭。

かたや、夫婦共働きで「費用がいるんですね」と言って、一度の無料相談だけで終わった相談者も

沢山おられました。

また、「主人がまったく動いてくれない」と、母親の気力が萎えてしまい、取り組み半ばで途絶えて

しまったケースもあります。

わが子から刃を突きつけられ、子どものころからの無念を訴えられ、一大決心をし早期退職して

わが子に向き合い、信頼を取り戻し親子二人で新たな仕事を始めた家族もありました。




紹介しつくせない程の様々な事例がありましたが、要は“本気度”です。

事態を大きく変化させていくには、本気になるしかないのです。

片親家庭や年金家庭など、経済的な問題で民間の支援を受けることが困難なご家庭は、是非、

このブログやコラム、メルマガを今までの全てのものを本気になって読みつくして、実践して

みてください。

かならずや、現状が改善の方向へ向かわれることと思います。








※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】
※現在オンラインで一人からでも受講できます。

https://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

https://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

https://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
https://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/



毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は https://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
https://www.interbrain.co.jp


ひきこもり・不登校~依存症の家族に学ぶ②


『依存症者が飲酒による結果から自動的に逃避することを、家族が可能にしている限り、依存症者は

自分に飲酒の問題があることを否定し続け、助けの必要性を否定し続けることができる』





これは、本人が取るべき責任の肩代わりを家族がしてしまうということです。

アルコールの過剰摂取、強迫的摂取自体が自身が抱えている苦悩からの逃避なのですが、その飲酒

により周囲へ様々な困った事態を起こすわけですが、家族はひたすら耐え、本来本人が取るべき責任

を「仕方がない」と、肩代わりしてしまうわけです。

「どうせ言っても無駄だから」という理由からです。

それを続けていれば、責任を負うことからも逃避することを手助けしてしまうことになります。

と言うことは、依存症者は何も困りませんので、自身が問題を抱えている認識もありませんから、

結果改善のための助けの必要性も認めないわけです。




ひきこもりも全く同じです。

本人が取るべき責任を親が肩代わりしている限り、自分の生き方が支援を必要としてる状態にある

という認識をもちません。

実際、ひきこもり者たちからの声に「働かないと食っていけないはピンときません。食べていけて

ますから」
とか、「急ぎ困ったことも無いものですから」といったものがあります。




また、こういうこともあります。

壁に穴を開けたり、物を壊したりといったことがあった時に、何事も無かったかのように、家族に

よってきれいに片づけられ、本人に対しても何もそのことに触れない。

もちろん、ケースバイケースですが、本人はひとつの事件を起こしているわけですから、何らかの

応答があると思っています。

それが何事もなかったように処理されてしまうと、その後自分の行動に何の責任も取らなくなります。

「取らなくていいんだ(何をしても許される)」という判断に落ち着くわけです。

こういったケースがまま見受けられるのには理由があります。

ある勘違いを親側がしてしまっているのです。

次回述べてみましょう。

(続く)






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】
※現在オンラインで一人からでも受講できます。

https://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

https://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

https://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
https://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/



毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は https://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
https://www.interbrain.co.jp

ひきこもり・不登校~依存症の家族に学ぶ①


アルコール依存症の家族会の小冊子に、下記のような記述があります。

これはそのまま、ひきこもりの家族に当てはまります。




『私達もまた以前は同じように、しばしば失望し、好転の可能性など信じられず、昔のように

建設的な生き方などは、もうできなくなっていた。

愛する人からだまされ、責任を押しつけられ、必要とされず、愛されず、ひとりぼっちだと

感じていた』





「しばしば失望し、好転の可能性など信じられず」

これは、アルコール依存症者である配偶者や親から「二度と飲まない」と聞かされる度に、何度も

何度も裏切られてきたことを示しています。

「愛する人からだまされ、責任を押しつけられ、必要とされず、愛されず、ひとりぼっちだと

感じていた」


ひきこもりの場合、「愛する人」がわが子です。

背を向けられ、責任の肩代わりばかりをさせられ、どんな言葉も届かず、親としての無力さを

思い知らされている状態です。




ひきこもりは依存症と同質の病です。

人間関係依存家族依存症と言われます。

また、依存症は「家族の病気」ともここに記されています。

そして、「私達は助けが必要なのだ」と。

「私達」とは、家族です。

ですから、家族もまたひきこもり問題の当事者であり、支援が必要なのです。




この当事者であるという認識がなかなかもてない親たちが非常に多いのです。

それが長期化の要因でもあります。

「私は悪くない(間違っていない)。この子が自分で動き出さないと」

誰が悪いだのではなく、現状を少しでも改善していくためには、何をしなければならないかです。

わが家で起こっていることを傍観しいても、何も変わりません。

動ける者が動くしかないのです。

誰かのせい(責任)にしていては、自分が動こうとはしないでしょう。




「私達は助けが必要なのだ」の意味は、出来ないでいることがあるから、他からの助力が必要だ

ということです。

「何度言っても聞く耳をもちません」と、あきらめてしまっている親御さんも少なくないですが、

だから支援が必要なのです。

それが「支援が必要」という意味なのです。

言ってすぐ動きだすくらいなら、支援は必要ありません。

もとより、ひきこもってなんかいないでしょう。




「私達は~」と、家族にも支援が必要なのは、今のままでは言葉がわが子に届かないからです。

ひきこもりを解決していくためには、わが子を理解しなければなりません。

ひきこもりという現象を理解しなければなりません。

そして人間を理解しなければなりません。

これまでの世界観では、解決のために必要なものが全く見えてこないのです。

これから何度かに分けてご案内しますので、依存症者をもつ家族に学んでいきましょう。

謙虚に学ぶ姿勢。これもまた解決のために必要なことです。

(続く)








※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】
※現在オンラインで一人からでも受講できます。

https://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

https://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

https://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
https://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/



毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は https://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
https://www.interbrain.co.jp





ひきこもり・不登校~解決は幸せに生きること⑥


生活の場(環境)が汚れていても、運気が濁り不運を招きます。

また、自身が受け取れるだけの器になっておかなければ、せっかく運が廻ってきても、ザルのように

こぼれ落ちます。




器をつくるには、謙虚寛容素直正直にです。

現実を直視し、事実を前に謙虚になって真摯に向き合う。

現実を否認すれば、素直さや正直さがなくなります。可愛げを失い、協力者を得られません。

慢心があらゆる不幸を引き寄せる根源です。




慢心を抑えるためには、あたりまえのことも与えられた恵みと感謝し、心を広くもち、力の及ばぬ

ことに対しては謙虚に無力を認め、全てに敬意をはらい、礼を尽くし学ぶ姿勢が必要です。

わが子から、今のわが家の在りようから学ぶ姿勢があれば、幸福を呼び込み受け取る受け皿が

出来ていきます。

(終)







※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】
※現在オンラインで一人からでも受講できます。

https://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

https://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

https://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
https://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/



毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は https://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
https://www.interbrain.co.jp

ひきこもり・不登校~解決は幸せに生きること⑤


福運は呼び込むだけではなく、受け取れる自分をつくることが重要です。

運をしっかり受け取るためには、オープンマインドです。

運を開くには心を開くです。心を閉ざしていては、運は逃げます。




心にはシャドー(影)があります。

裏の性格で、無意識にある自分が嫌って否定する悪のことです。

お酒を飲んだり、車のハンドルを握って人格が変わる人がいますね。

また、「魔が差した」という表現がありますが、これらは自己のシャドーが表に出た状態です。

シャドーが他者やわが子に投影されますと、苛立ちや嫌悪感が出たりします。

せっかちな性格の人には、のんびりといったシャドーがあります。

せっかちな親は、のんびりしたわが子に苛立つのです。




このシャドーをにしてしまわないことです。

私たちの思いと言葉は、体内に蓄積され人格をも変容させます。

否定的な思いや汚い言葉は、シャドーを闇に変えます。

言葉は特に大事です。

考える時も言葉を使います。

人を傷つけるのも言葉です。

争いも言葉から始まります。

ひきこもり者たちの自己否定感の根拠として心に刻まれているのも、親や周囲の人間から投げかけ

られた言葉です。




「和顔愛語」という言葉があります。

いつも笑顔と思いやりのある言葉を心がけ、福運を受け取れる自分になりましょう。

心を閉ざし、表情も暗く、毒のある言葉を使っていては、福運を見逃したり、つかみ取れませんよ。








※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】
※現在オンラインで一人からでも受講できます。

https://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

https://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

https://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
https://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/



毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は https://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
https://www.interbrain.co.jp

このページのトップへ