• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい > AC > アダルトチルドレンからのQ&A~セルフヘルプとは? ①

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい

< アダルトチルドレンからのQ&A~より良い人生の創造のために  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレンからのQ&A~セルフヘルプとは? ② >

アダルトチルドレンからのQ&A~セルフヘルプとは? ①


TOKIOの山口くんの事件など、芸能人やスポーツ選手が度々ニュースを

賑わす〈依存症〉は医療でカバーできるものではなく、当事者たちの自助

グループによる回復が一般的です。

アダルトチルドレンも同じですね。




最近では、色んな自助グループがあり、AA(アルコホリックス・アノニマス)

の12ステップ
をそのまま取り入れたひきこもりの自助グループもあるようです。

ここでは、この「自助」というものを考えてみたいと思います。




自らを助けていくというのは、言うほど簡単なことではありません。

ですが、とても大切なことでもあります。

私たちは自分ひとりでできることは限られています。

ほとんどのことが、誰かの協力や助けが必要です。

だからこそ、その周囲からの助力・協力を得られる自分になっておく必要

があります。




助力を得られるコツをひとつお伝えしましょう。

それは、「助けてください」ではなく「助かり方を教えてください」と信頼

できる人にお願いするんです。

〈助かり方〉ということは、自分で努力して、頑張って、自分を助けるつもり

ですという意志を相手に伝えられるのです。

何とかくじけず自分で頑張っていこうという人間には、周りは応援したくなる

ものです。

私は学生時代、勉強したいことがあって、ある方に「先生の本読みました。

勉強したいんですけど、学生だからお金がありません」と伝えたら、

「お金はいいから通ってきなさい」と、ご自宅で個人指導をしてもらった

経験があります。

意欲を見せれば、助けてくれるものです。

これもひとつの自助力ですね。








アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


カテゴリ:

< アダルトチルドレンからのQ&A~より良い人生の創造のために  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレンからのQ&A~セルフヘルプとは? ② >

同じカテゴリの記事

アダルトチルドレンからのQ&A~セルフヘルプとは? ②


何らかの自助グループに属している人たちは、生き辛さからの何らかの

行き詰まりを感じておられることでしょう。

生きていく中で、その行き詰まりを感じた際は、そのことにおいて今の

自分の無力を覚る
ことです。




無力を覚ることは大事なことなのです。

なぜなら、事実に対して謙虚になり、現実に真摯に向き合うことでこそ、

現状をありのままに受け入れることが出来るからです。

あれこれ言い訳が出てくる状態は、受容が出来ていないということです。




敬意反省が無ければ、慢心が生じます。

慢心は向上心の妨げとなり、学ぶ姿勢を作りません。




何に対しても敬意をはらうというのは大切なことで、問題に対しても、

敬意をもって向き合うことで、その問題と争わなくて済みます。




反省は原因と結果の再検討であり、前へ進むために後ろを振り返ることです。

反省にならず、ただ後ろ向きに悔やんでばかりの後悔になってしまっている

ことが多いようです。

反省があってこそ、気づき学びがあります。

問題に抵抗反発していては、そこから何も見えてきません。

問題と争わず、自分の味方につけていきましょう。




ものごとがうまく進まない人の特徴に、言い訳が多い。うまくいかない理由

を他者のせいにするというのがあります。

毒親がどうのこうの」と他者のせいにしても事態の改善にはなりません。

自分を被害者や犠牲者の立場に置いていては、加害者である誰かが変わる

ことをただ待つだけになってしまいます。




現実を直視し、自ら対策を打っていくことです。

自分の身に起こっていることは、自身が責任もって主体的に働きかけて

いかなければなりません。

親がなしたことに責任をもつ必要はありませんが、その親に対する自分の

態度と行動には、責任をもたなければなりません。




ものごとがうまくいくためには、判断・選択・決定・行動に自分で責任を

もつことです。

思考停止は、周囲に流される(依存的)生き方を招きます。

自分で考え、責任をもつことは、後始末後片づけを怠らないということ

でもあります。

自分の人生にしっかり責任をもちましょう。

行き詰まりを感じたとき先ずは、自分自身の見解から離れられず、この囚われ

のために日々の生活がままならなくなっていることを謙虚に認めましょう。







アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/

 

アダルトチルドレンからのQ&A~より良い人生の創造のために


すべての事は、必ず原因があって結果が生じます。

自身に起こる苦悩の原因に自身が関わっていない(責任がない)ことなど

有り得ません。




人生は、自ら計画した問題集です。

予定通りに順調な学びの過程自己の存在理由に導いてくれる一連の過程です。

「玉磨かざれば光なし(器を成さず)」

「難有り、有難し」です。




抵抗(反抗)から苦悩が生まれます。

現状、経験を受け入れるということは、それに納得することではなく、

その経験を通して自分にとって必要なことを学ぶということです。




より良い人生や行動の原因をつくることに責任をもつ。

自分の回復や成長に責任をもつことが、重要な最初のステップです。

問題に直面し解決するその全過程にこそ人生の意味があるのです。

問題が私たちの勇気英知を目覚ましてくれる機会を与えてくれます。

「ピンチはチャンス」「困難は工夫」です。




精神的成長を促したいならば、建設的に問題の苦悩を経験するテクニック

を身につけていくことです。






アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/



アダルトチルドレンからのQ&A~より良い生き方のトレーニング

人生は、問題解決の連続です。

ですから、人生の問題を解決するための方法、手立てを身につけるための

トレーニングが必要です。




その方法とは、問題に伴う苦悩を引き受け、より良い状態よりもさらに良い

状態にしていく方法
です。

つまり、問題を受けとめてより良く解決し、その過程で苦悩を引き受け

ながら学び成長していける生き方です。

これまで身に具えてきた解決法は、幼い自分をその時守るための、その場

の痛みを回避する一時しのぎのものであり、今にはまったく役に立たない、

かえって今の自身を生き辛くしてしまうものです。




「より良い状態よりもさらに良い状態」にしていくことを〈開福〉といいます。

私がつくった造語ですが、引きこもりは回復させていくのではありません。

引きこもるといった選択しかできなったということは、引きこもる以前から、

そもそも改善が必要な状態にあった
ということです。

逃避以外の他の適切な対応ができなかったわけです。

ですから、回復して前に戻ってもしょうがありません。




自滅的ではない全く別の生き方を身につけていくことが必要なのです。

幸福感を伴うより良い生き方をです。

その過程を〈開福〉と申します。




アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


アダルトチルドレンからのQ&A~人生に責任をもつ


「依存」「否認」がひきこもりの底にあるものですが、自身が責任を負う

べきことから逃れる生き方のために、責任のもち方(取り方)がわからなく

なってしまっているのです。




「責任転嫁」というのは、通常「誰かのせいにして自分の責任を逃れる」

といった意味合いで使いますね。

もちろんそうですが、ここで言っているのは主に「自分の人生に責任を

もっていない」状態
を指します。




自分の人生に責任をもつというのはどういうことでしょうか。

それは、「人生は選択の連続である」ということを意識にまず置いて

考えてみて下さい。

選択は、判断決定(決心)です。

ですから、「人生に責任をもつ」というのは、自分で考えて判断し、決定

したことに自分で最後まで責任をもつということです。

最後までというのは、「結果」、そしてその処理までです。




自分の人生に関わることを、他者に考えさせ判断させない。

もちろん判断にあたって他者の意見を参考にすることは問題ありません。

要は、何も自分では考えず丸投げしないということです。

頭を人に預けないということです。

最初から人に判断させていればその結果に当然責任を取ろうとしませんし、

それどころか結果が悪ければ悪いほど、あたかも自分は被害者でもあるかの

ように判断を任せた相手を責めようとします。

これでは、状況が良くなるはずもありません。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


アダルトチルドレンからのQ&A~生き辛さの病巣 ⑤


人は耐え難いほどの痛みを感じると、自分という全存在が解体していく

ようにさえ思えます。

アイデンティティー(自分らしさ)の感覚が粉砕されて、自分というものが

実感されなくなります。

すると、自己が存在しているという確実な感覚を再び作り上げようとする

強い切迫感に圧倒され、新たなアイデンティティーを作り上げようとします。

それもまた苦悩に対する反応のひとつなのです。




所属を失ったひきこもり者は、逃避の行動パターン「わたし自身」だと

思い始め、それが作り出すアイデンティティー(ひきこもる私)にしっかり

としがみつくようになります。

常に、自分を見失うのに恐怖し、現状にしがみつくために利己的になり、

目先の利益に翻弄され、自分がより良く生きていくために何が必要かを

判断することができなくなっているのです。




ですから、利他的行為を意識して行うことです。

献身・奉仕・貢献

自分がやれることで、他の役に立つ(ためになる)ことを実践するのです。

そのことで、自己の存在意義、理由としての適切なアイデンティティーが

構築されます。

役に立つことで感謝され、確実に幸福感を得られます。





アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/



アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/



このページのトップへ