• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > アダルトチルドレンからの回復~私は私でありたい > アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】②

アダルトチルドレンからの回復
~私は私でありたい

< アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】①  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】③ >

アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】②


「神や仏もあるものか!」という世界観の人は、前提に「神や仏がいれば、自分には

災いは起こらない」
というものがあります。

勝手にそう決めているのです。

そんな都合のいい話はないでしょう(笑)。




地球に暮らしていれば、地震もあれば台風もある。津波や竜巻だってある。

病気にもなれば、事故にだってあう。

「困ったときの神頼み」ならぬ、正月や厄払いの時くらいしか神仏に手を合わせず、

些少の賽銭で、あれやこれやと願い事を祈願している人も少なくないようです。




命が生かされているという前提に立てば、世界も違って観えてきます。

「生かされている」ということは、それを妨げるものから守られているということ

でもあり、それだけの価値が自分にはあるということでもあります。




〈神の配慮(意志)〉というものを考えてみると、それは、「成長調和のための、

自身の生きていく目的を見い出し、必然的に身に起こることから学ぶべきものを

学びなさい」と捉えられないでしょうか。




「神の配慮にゆだねる」というのは、自分の勝手な都合に合わせようとするのではなく、

その神の意向「成長」と「調和」に自分の方が合わせていくことでこそ、

「神も仏もあるものぞ」というまさにその実感を得られる人生になっていくことを

伝えているのでしょう。

ゆだねることが出来るのは、そこに全幅の信頼があればこそです。

守られているという安心感から、自身が取るべき行動を自発的にとっていけるように

なるのです。

この第3ステップは、いかに自己都合思い込み囚われを手離す決心ができるかです。

(続く)






AC、次世代AC(ACに育てられた子どもたち)の回復援助活動

の中から開発された自己創造技法 『自心観』ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/adultc-seminar/

 

アダルトチルドレン自助フォーラム『智慧の和』ご参加お待ちしています!
http://www.interbrain.co.jp/selfhelp/#selfhelp_adultc


twitterやっています。

twitterのページはこちら↓

http://twitter.com/kaminagara

是非フォローしてください。

「ブログ読んでます」とコメント頂いたら幸いです。

こちらもどうぞ!

http://twilog.org/kaminagara


 


アダルトチルドレン回復サポート
NPO法人地球家族エコロジー協会付設心理教育カウンセリング・オフィス
ふぉーらむ北辰
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
 http://www.interbrain.co.jp/hokushin/


< アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】①  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレン~12ステップ【自分なりに理解した神】③ >

このページのトップへ