月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 : 旧ブログ > アーカイブ > 2010年11月

解決支援者の現場日記 : 旧ブログ 2010年11月

原因と結果の法則

世の中のことは、原因と結果の法則で動いています。

その結果が生じているのは、必然的にその結果を招くだけの原因をそれまでに作っているからです。

 

 

偶然子どもが学校へ行かなくなったり、部屋にひきこもりだすわけではありません。

ですから、解決するためにも、同じように解決するための原因を作らなければなりません

 

 

蒔かぬ種は生えぬ」と申しますが、種を蒔く(原因を作る)ことなく、収穫(好ましい結果)を得ることは

できません。

 

 

この当たり前のことが、実際はなされていないことが少なくないのです。

「昼夜逆転が直らない」

「やる気が見られない」

「言う事を聞かない」

と、よく親御さんから聞かれます。

 

 

では、それらが改善するための原因を作っているかといいますと、あらかた口やかましく言っている

だけです。

これでは、原因作りとは言えません。

言ってすぐ動くぐらいなら、はなからひきこもるようなことはありませんからね。

 

 

原因と結果の間には、時間の経過はあります。

種を蒔いてもすぐ芽が出ないのと同じです。

「桃栗3年、柿8年」と申しますね。

すぐに目覚しい変化が見られなくても、蒔いてさえいれば、やがて結果が出ます

土の下の様子は見えませんが、日ごとに変化しているのです。

ですから、日々種まき(原因作り)を続けるのです。

 

 

解決のための原因作りのひとつは、習慣の改善です。

不登校やひきこもりが始まってからのわが家の習慣、始まる前からの習慣を見直してみてください

よく見受けられるのは、家庭の習慣そのままに、子どもだけに変化、改善を期待することです。

これは無理な話です。 

 

 

わが子が毎日家に居るというのがあたりまえ(通常)になってしまっている家庭では、「居る」というのが

前提で、習慣ができあがっています

ですから、その習慣が残ったままでは、子どもに変化を起こすことは期待できません。

  

 

子どもの顔を見ない(部屋にいるから)

声をかけない(返事がないから)

行動を促さない(不機嫌になるから)

 

  

こういったかねての習慣のままでは、何も変化は起こりません。

そもそも、不登校やひきこもりが始まる前から、これらの傾向はありませんでしたか?

 

  

子どもの事に関心をもって、子どもの表情や態度の変化に気づけていましたか?

子どもへの挨拶、意識的な会話に努めていましたか?

子どもの不機嫌な顔を見たくない、過度にいやがられたくないという自分の側の理由で、言うべき

ことも言わないでいませんでしたか?

始まる前からの習慣も見直しましょうというのは、こういうことです。

 

 

昼夜逆転を改善するためには、夜更かしができない環境を作らなければなりません。 

深夜、テレビやインターネットを使用できない状態を作っていますか?

朝、起床できる工夫(起こし方等)を家族でできていますか?

何よりも、なぜ昼夜逆転は改善しなければならないのか(あたりまえだからではなく)を認識させられ

ていますか?

 

 

関心をもたないとか、ほめない認めないとか、話を聞かないとか、一方的に押し付けたりとか、やる気

を減退させてしまう要因にもなっていた関わり方を、親の方から積極的に改善できていますか?

 

 

「子ども達は、親の言うとおりにはしないもの。親がやっているように真似てする」とは、よく言われる

ことです。

言っている事が一貫していない、言動と行動が一致していないでは、子どもは親を信頼できず、言う

ことを聞きません。

かねての親の態度や行動に相応して動くものです

 

 

蒔いた種(作った原因)の通りに、結果が出ています。

わが子の不登校、ひきこもりは、身の不運でもたまたま(偶然)でもありません。

起こるべくして(原因が有って)、起こっています。

 

 

現状の放置(無為無策)は、確実に事態を悪化、深刻化させます。

招いた原因を知り、改善、解決に導く原因を作る「学び」が、親御さんに必要なのです

 

 

 

ひきこもり無償支援活動〈たらちねサポート〉事業
http://www.interbrain.co.jp/topics/2010/11/post-2.php

 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復http://forum-hokushin.weblogs.jp/

  

お申し込みはいますぐこちら!
『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

ひと育て家庭ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

家族援護士養成講座
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

【毎週月曜日無料相談会】

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約 0120-870-996)

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

【熊本出張相談会】

 

12月7日 (要予約 0120-870-996)
熊本市総合保健福祉センター 

 

12月8日 (要予約 0120-870-996)
和水町中央公民館

 

  

 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 

 


やる気より、より大切なこと

不登校にしても、ひきこもりにしても子どもたちの過ごし方を見ていると、非常に怠惰に映ります。

中には、数ヶ月と入浴もしていなかったり、食事やトイレ以外、動いていないのではと思われるぐらい

自室で物音も立てないといった例があります。

やる気が出ないのは、うつ病ではないのかと心配される向きもあります。

 

 

では、やる気さえ出ればひきこもりを脱せられるとお考えですか?

実は、そうはいきません。

 

 

「よーし、やるぞー!」とはいかないまでも、就労や社会参加の希望をもっている青年たちは、少なく

ありません。

ですから、やる気が全くないわけではないのです。

 

 

やる気が解決の要と思っていれば、やる気を待つ。当事者のやる気に依存することになります

長期化の原因が、実はここにあるのです。

 

 

また、支援専門家の中にもこの考えが多いようです。

ある団体では、10年近くも当事者に関わりながら、アルバイトすら一度も経験させられていなかった

り、またある団体では、自宅から施設へ通うようになったのはいいのですが、ただ好きな事をさせた

り、レクリエーションに参加させたりという単なる居場所の提供だけをしている所もあるようです。

いたずらに時間を経過させたところで、青年たちの不安や怯えが消えるわけではありません。

仮になんとかアルバイトでも始められても、すぐにつまづき、さらに怯えや不適応感を強めてしまっ

ているケースもあるようです。

医療機関のカウンセリングに数年真面目に通って、結局はカウンセラーからさじを投げられた青年

もいます。

これらはいずれも、やる気に頼った支援(?)を行ったためです。

 

 

何事もやる気が大切と思われがちですが、やる気よりも大切なことがあります。

それは、やり方。方法、手立てです。

 

 

車で例えますと、駆動力であるエンジンが「やる気」です。

エンジンがあれば車は走るでしょうか?

タイヤがないと走れません。

逆にエンジンはなくても、タイヤがあれば押せば前へ動きますし、坂道であれば押さなくても動きます。

ですから、前へ進むためにより大切なものはタイヤなのです。

このタイヤにあたるのが、何かと言うと「やり方」です。

 

 

やり方は、手順です。

手順通りやっていけば、下手でも結果は出ます。

料理のレシピ通り、作っていけば、みそ汁のつもりが、カレーになることはありません。

不安や怯えを解消させる方法を実践すれば、確実に緩和されます。

仏教に「抜苦与楽(ばっくよらく)」という言葉があります。

苦を除き楽を与えるという意味です。

不安や怯えが無くなれば、やる気(楽)が出てきます。

 

 

ヘッドライトは進行方向を照らす光ですが、これは「希望」です。

希望をもてるためには、具体的な解決策、また、社会参加に必要な様ざまなスキルを身につける

ための方法(訓練法)を示してあげられなければなりません

「頑張れ!」とよく言いますが、何をどう頑張ればよいか(具体的解決策)が分からずに言っていると

すれば、それは無責任なものです。

 

 

ハンドルにあたるものが、方向性を決める「目標

そして、エンジン(やる気)に必要なガソリンが、家族の理解、信頼、寄り添い、支えです。

 

 

当事者本人のやる気に任せる、やる気を待つ支援は、支援ではありません。

支援者自身が、当事者に依存している「共依存」の状態です。

共依存の関係になれば、支援者自身がひきこもりの長期化を促進してしまうことになるのです

 

 

 

ひきこもり無償支援活動〈たらちねサポート〉事業
http://www.interbrain.co.jp/topics/2010/11/post-2.php

 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復http://forum-hokushin.weblogs.jp/

  

お申し込みはいますぐこちら!
『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

ひと育て家庭ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

家族援護士養成講座
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

【毎週月曜日無料相談会】

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約 0120-870-996)

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

【熊本出張相談会】

 

11月8日9日 (要予約 0120-870-996)
熊本市総合保健福祉センター 

 

11月10日 (要予約 0120-870-996)
和水町中央公民館

 

  

 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 

 

 


1

« 2010年10月 | メインページ | アーカイブ | 2010年12月 »

このページのトップへ