月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 : 旧ブログ > アーカイブ > ひきこもり: 2008年4月

解決支援者の現場日記 : 旧ブログ ひきこもり: 2008年4月

硫化水素自殺~死に急ぐ若者たち

連日、硫化水素による自殺の報道がされている。

記事によると今年に入ってからでも、2月29日24歳男性、3月27日27歳男性、

4月17日18歳男性、4月19日28歳男性、25日には都内で3名、北九州で

46歳の男性、26日には大分で31歳女性、古賀市で26歳男性、横浜では17歳

の男子高校生が自殺している。

今年1月ごろからインターネット上にその手口が紹介されるようになったと記さ

れているが、何の目的でその生成法を書き込むのだろう。また、若者達は何故

死に急ぐのだろうか。

これからの自分自身を考えた時に、明るい未来がそんなに想像できないのだろうか。

きっと未来自体を想像できないのだと思う。一年後、十年後の自分を想像すると

いった習慣がないのだと思う。将来を悲観するというよりも、未来なんてその時に

なってみないと分からないといった感じなんだろう。だから、目の前の辛い現実を

解決できた将来を想像できず、その場から逃げることを選択してしまうのだろう。

想像力の貧困さを考える時、いじめ問題にもいたる。これ以上痛めつければ死

んでしまう。ということすら想像できない。

何れの問題も、想像力の貧困さと生命の軽視がある。

背景には、生まれた時から豊かに物に囲まれ、あたりまえの世界観の中で生きて

いるからだろう。新たなる創造は、想像力から生まれる。あたりまえにある世界で

は、想像力をはたらかせる必要がない。

生命もまさに生まれた時にはすでにある。親から命を受け継いだという意識すら

無いのだろう。この若者たちが生命に気づくのは、自らが死を考えた時かも知れ

ない。しかもそれを苦痛を感じなければならない忌まわしいものと。

だから、その生命を抹消することで苦痛から逃れようと死に急ぐのだろう。


1

メインページ | アーカイブ | ひきこもり: 2008年5月 »

このページのトップへ