月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 : 旧ブログ > アーカイブ > トラウマ: 2008年10月

解決支援者の現場日記 : 旧ブログ トラウマ: 2008年10月

トラウマティック・グロウス

当協会の支援法の最大の特徴は、自助力を養成することです。

そのためにも痛みからの学び(トラウマティック・グロウス)という視点を重要視しています。

親にとって、わが子に起こるアクシデントは、自分のこと以上に痛みを伴うものです。

いじめ、非行、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、ニート。いずれも「なぜわが子なのか?」といった苦悩

を抱えます。身悶えするほどの悲しみです。

しかし、この痛みこそが自身の成長、自助力をそなえる糧になることがあるのです。

痛みから学ぶ姿勢があれば、その体験は大きな財産となります

実際にこれまで、当協会が支援してきた家庭では、親子の葛藤を全身全霊で乗り越えてきた家族の

間にそれまで以上の深い固い絆が生まれています。親子が真正面から向き合い、語り合うことで、

互いが見過ごしていたものに気づくことができ、互いが分かり合うことができるのです。

その光景は、心を揺さぶられる感動です。トラウマティック・グロウスの瞬間です。

先日あるテレビ番組で生まれながらの全盲の少年が、「目が見えなかったことが今では幸福だと

思えます」ということを両親に告げているのがありました。この言葉にどれだけこの両親は救われた

ことでしょう。幼いころに「なぜ僕はママの顔を見ることができないの?」と尋ねられ、言葉を失ったこと

もあったそうです。

なぜ「幸福だ」と思えたかと言うと、「目が見えなかったことで多くの人と出会い、多くの人に支え

られたから」と言っていました。

当協会へ通ってきているある青年も言いました。「ウツになってよかった。自分を振り返り、みつ

めることができたから」と。

現実から目をそらさず、自分の人生に責任をもった者だけが、幸福を手に入れられます

痛みからの学び実現のためには、「おかげさま」の精神で過信・慢心(驕り、高ぶり)を抑え、感謝

はしてもそこに甘んじることなく、完成を求めず、成長・上達を志すことです。

人生から問いかけられているものに気づき目覚めていくことで、痛みも恵みと受け止められるようにな

っていきます

『俺を捨てて、お蔭、おかで生きよ』

 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復http://forum-hokushin.weblogs.jp/

  

お申し込みはいますぐこちら!
『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

ひと育て家庭ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

家族援護士養成講座
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

【毎週月曜日無料相談会】

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約 0120-870-996)

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

【熊本出張相談会】

10月31日 (要予約 0120-870-996)
熊本市青少年センター(熊本市新屋敷1-18-28)を使用させていただきます。
熊本市内近隣地域はご自宅までお伺いもできます。(交通費実費/熊本市役所からの距離による)

 

八代市厚生会館  10月30日 (要予約 0120-870-996)

相談料3千円

 

NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


1

« トラウマ: 2008年9月 | メインページ | アーカイブ | トラウマ: 2008年11月 »

このページのトップへ