月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 : 旧ブログ > アーカイブ > トラウマ: 2009年8月

解決支援者の現場日記 : 旧ブログ トラウマ: 2009年8月

親子の絆の結び直し

私共が関わったあるご家族のお父さまから手記がよせられました。
承諾を得て、全文を掲載させて頂きました。

******************************************************************************

「本当は、●●の山で人知れず死ねばよかった。」

と娘の衝撃的な本音を女房から聞かされてのは、彼女が●●の大学を中退して●●へ戻って来た

4年前でした。

 

それから、娘は次第に何をするにも消極的になっていきました。

戻ってきた当初は、時々外出することもあり、親として活動的になって欲しい一心で自動車運転免許

を取ることを勧めましたが、それも自動車学校へ入学して最初の一日でつまづき、それっきり通うこと

もありませんでした。


 
又、自信を付けたい為に始めたダイエットも失敗に終わり、自信喪失を加速させる結果となり、

とうとう完全な「ひきこもり」状態となりました。
 
 

それまでに、よかれと思って大学の心療内科や精神科のカウンセリングを受けさせましたが、逆に

他人との接触を拒絶する傾向がひどくなる一方で、回復の目途さえ立てられない状況に陥りました。

 

その当時は、娘は家族さえ顔を合わせることすら拒み続け、家庭の中が重苦しい毎日でした。

 

NPO法人 「地球家族エコロジー協会」をインターネットを通じて知ったのは、「なんとかしなければ」

と焦っていた2年前のことです。

 

最初の1年間は、ひきこもっている娘の内面を理解する為に、これまで親としてどう子供と接して

きたかや、気付かずに親として「支配的、強制的」に振舞うことで、どれ程の精神的な苦痛を娘に

及ぼしてきたかなど、これまでの家庭生活のなかで、気付きもしないことを省みる貴重なカウンセ

リングを女房と共に受けさせて頂きました。

 

娘の精神年齢が止まってしまった状態を戻すには、娘 本人の問題だけでなく、我々親がどう子供の

成長の為にどう考えて、どのように接すれば良いかを学ばせて頂くことができました。

 

ひきこもりを始めた当初、ごく普通のサラリーマンの家庭で育ち、息子と同様な育て方、接し方をした

のに「何故、娘だけがひきこもりに!」と自問自答しながら苦しんでいましたが、1年間の女房と一緒

に通ったカウンセリングを受けて、ようやく親として至らなかった部分の多さに、気付かされました。

 

1年間の親としてのカウンセリングが終わり、娘一人のカウンセリングが始まりました。

その後、娘の強い要望と家族内での話し合いで、今年から自立の為に一人でアパート暮らしを始め

ました。

 

今では、あれほど嫌っていた女房とも気軽に話すこともでき、時々家族そろって映画やショッピング

へ行くこともでき始めました。

自転車で市内の図書館や買い物に出かけることが多くなり、今では体重も徐々に減り始めたことも

あり、彼女自身の自信もつき始めているようです。

又、最近働きたいと思い始めているようでフリーペーパーの求人誌を見ているようです。
 
 

今は、まだ完全な自立には至っていませんが、子供が自立できるためにできる限り世話をやかずに

自主性に任せることが、一番良い事だと女房と話をしています。
 
 

4年前の行き詰った家庭生活にも、ようやく明るい兆しが見え始めた今日この頃です。

本当にありがとうございました。

 

******************************************************************************

このご家族にも長い戦いがありました。

ご家族それぞれが共に苦しんできました。

でも、支えあえたのもまた家族です。

 

 

私は、先ず「子どもたちを理解するところから初めてください」とご両親に申し上げています。

理解というのは、何も子どもの言い分を全て聞き入れ、安心してひきこもれる環境を与えるといった

ような類のまやかしではありません

 

 

ひきこもるという状況、状態を理解してほしいということです

なぜ、ひきこもるという生き方を選択したのかを理解てしいくのです

必ず原因、理由があります。

 

 

もちろん、子どもたちは全てを語ってはくれません。

中には、親への暴力という形でメッセージを発信している場合もあります。

 

 

そこから少しでも理解していくためには、親自身の学びが必要なのです。

親が変われば、子は変わる」とよく申しますが、そう簡単にはいきません(笑)。

正確に申しますと、「親が変わって、子どもに気づきを与えることができれば、子は変わる」です。

気づきを与えられなければ、親の期待をよそに子どもは少しも変わってくれません。

 

 

そもそも子どもが変わることを期待して何かを始めること自体が誤っています

そうなるとあらかた「こんなに努力してるのに、いい加減にしてっ!」とグチが出て、もとの木阿弥

です。

自分がより良く変わることを考え実行していれば、結果的に子どもに気づきを与えられます

何をどう変えるのかが重要なことなのです

 

 

このご両親は、娘さんに問題意識をもたせ、自らの意志で前へ進ませるまでに一年かかりました。

学びを深め、親御さんが成長していくことで、本人自身が第三者のところへ出向くようになるのです。

ご両親だけではなく、お兄さんの支えもありました。

本人への働きかけは、家族はもとより、本人を小さいころから知っているおじさん、おばさん、従兄弟、

近所の知り合いでもかまいません。

これまでも、本人を子どものころから知っている近所の方に協力してもらったケースもありました。

理解者であれば、協力して頂ける人員は一人でも多くいた方がいいのです。

 

 

本人自身が、ひきこもりを脱したい。前へ進みたいという意志がでなければ、無理にどこかへ連れて

いっても意味がありません。(もとより行きませんが)

両親による本人への意識づけは、家庭内暴力がある場合でも可能です。

コミュニケーションの回復から始まり、信頼関係の再構築によりそれが可能となるのです

 

 

もちろん、それらをどうやって実現するかは、学習がなければ難しいものです。

「コミュニケーションを取ってください」「自信をつけさせてください」といったアドバイスを医療機関など

からもらっている事をよく聞きますが、具体的にどうやってそれをするかの指導がなく、ほとんど失敗

に終わっています。

 

 

本人のみを問題視している間は、長期化するのみで解決に至りません

「わが家の問題」と両親が認識し、痛みへの共感的理解による寄り添いによって、子どもたちは、

最初の一歩を踏み出せるのです

 

 

手記の中にもあるように、特に葛藤の激しかった母親とも行動を共にするほどコミュニケーションも

すっかり回復しています。

絆の回復です。

 

 

最後に申し添えておきますが、この娘さんのひきこもりの根本的原因は大学中退ではありません。

プライバシーに関わることですので申し上げられませんが、中学以前からそれはすでに始まって

いるのです。

子ども達の笑顔が戻ってくるのも、親御さん次第なのです。

 

 

 

ひきこもり無償支援活動〈たらちねサポート〉事業
http://www.interbrain.co.jp/topics/2009/06/post-2.php

 

 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復http://forum-hokushin.weblogs.jp/

  

お申し込みはいますぐこちら!
『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

ひと育て家庭ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

家族援護士養成講座
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

【毎週月曜日無料相談会】

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約 0120-870-996)

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

【熊本出張相談会】

 8月23日 (要予約 0120-870-996)
熊本市五福公民館 

 

8月18日 (要予約 0120-870-996)
八代市厚生会館  

 

8月19日 (要予約 0120-870-996)
和水町中央公民館

 

【北九州出張相談会】

9月3日 (要予約 0120-870-996)
北九州市立生涯学習総合センター(北九州市小倉北区大門1-6-43)

 

NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


薬物汚染報道

タレントの酒井法子が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕され、その直前には俳優の押尾学が

麻薬及び向精神薬取締法違反(使用)の疑いで逮捕されました。

 

 

これをきっかけに、テレビなどでも様ざまな報道がされていますが、この薬物汚染は、芸能界のみな

らず、驚くなかれ一般市民、それも小中学生にまで及んでいるとのことです。

昨年の逮捕者の44%、4837人は初犯ということですが、興味本位からの安易な使用が増えてき

ているようです。

 

 

私がおります福岡でも、地域がら外国人や暴力団から簡単に手に入れることがてきるらしく、青少年

たちへも蔓延していると聞きます。恐ろしいことです。

 

 

薬物依存などの依存症の本質には、虚無感空虚感喪失感無力感といったものがあります。

家族依存症」とも表現されるひきこもりも中身は全く同じです。

 

 

薬物依存は、先にあげた虚無感などからくる恐怖心をごまかすために薬を使います。

家族依存症は、そもそも必要な愛情を得られなかった虚無感や自分自身の存在の喪失からひきこ

もっていますから、愛情そのもので埋めあわせようとします。

しかし、その愛情の求め方は歪んでおり、そのため与えられる愛情もまた歪んでいるのです。

 

 

自分が親や周囲から求められていない、愛されていないと思い込んでいる子どもたちは、自分の

世話をやかせることで、愛されているという実感を得ようとします。

また、理不尽な要求を突きつけ、それを叶えさせることで、見捨てられていないという安心感を得よう

とします。

また、進んで親の人生に取り込まれ、親の期待に沿うことで承認を得ようとした子どもたちは、自己

を喪失してしまうのです。

 

 

そこまでして自分への愛情を確認しようとしてしまうほどの虚無感は、実はその親自身の虚無感か

ら来ていることが多いのです

 

 

自分が価値ある者と教えられなかった親たちは、子どもに否定されることの一切を避けようとし、

わが子におもねる生き方を選択します。

要求されるもの全てを与え、そのことで親としての承認を得ようとするのです。

また、逆に自身の欲求のためにわが子を利用し、自分の人生に取り込み、支配することで無力さか

らの痛みをぬぐいさろうとし、自己の存在を確認しようともします。

いずれも親自身が、周囲から必要とされ、価値ある自分を自覚できないまま人の子の親となってし

まったことでの悲劇です。

 

 

酒井法子は、早くに母親と死別し、その後父親も事故で亡くし不遇の時代があったようですが、清純

派アイドル、清純派女優と賞賛され、虚構の世界で真実の自分を見失いむなしさを感じていたのかも

知れません。

 

 

薬物依存は、人格を破壊します。

家族依存は、相互に依存しあう、貪りあうことでしか自己を実感できないという、歪んだ愛情により、

個々の独立性が保たれたうえでの家族の統合性が破壊されてしまうのです

 

 

 

ひきこもり無償支援活動〈たらちねサポート〉事業
http://www.interbrain.co.jp/topics/2009/06/post-2.php

 

 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復http://forum-hokushin.weblogs.jp/

  

お申し込みはいますぐこちら!
『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

ひと育て家庭ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

家族援護士養成講座
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

【毎週月曜日無料相談会】

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約 0120-870-996)

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

【熊本出張相談会】

 8月23日 (要予約 0120-870-996)
熊本市五福公民館 

 

8月18日 (要予約 0120-870-996)
八代市厚生会館  

 

8月19日 (要予約 0120-870-996)
和水町中央公民館

 

【北九州出張相談会】

9月3日 (要予約 0120-870-996)
北九州市立生涯学習総合センター(北九州市小倉北区大門1-6-43)

 

NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 

 


1

« トラウマ: 2009年7月 | メインページ | アーカイブ | トラウマ: 2009年9月 »

このページのトップへ