月別 アーカイブ

  • イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 : 旧ブログ > ひきこもり > 囚われ

解決支援者の現場日記 : 旧ブログ

< 受け入れ、任せる  |  一覧へ戻る  |  問題の所在はどこに? >

囚われ

目の前の現状が硬直化している場合、決まって自身の見解から離れられないでいるものです。

変わらぬ視点で現状を見てしまっているので、事態が変化しないのです。

 

 

こういった場合、先ず気がつかなければならないことは、その視点に囚われ、留まっていることで、

日々の生活がままならなくなってしまっているということです。

 

 

かたくなに自説に拘り、他の意見が耳に入らなければ、状況は改善しないばかりか、同じ失敗を繰り

返し、さらに事態を悪化させてしまいます。

 

 

自身の見解へ拘ってしまう原因になるところは、変化することを拒む習性にあります。

いったん身につけたものを手放すことへのためらいです。

それがたとえ自分にとって不利益になるものでさえ、手放そうとしないのです。

それほど、変化そのものを避けようとしてしまっています。

 

 

家族間のコミュニケーションが希薄になり、わが子が閉じこもっていることが通常化してしまっている

家庭は、自分の判断力を信じ過ぎていたことで迷いを深めてしまったことを理解しなければなりませ

自分の判断に誤りがあったことを潔く認めることが必要です。

 

 

判断の基準は、それぞれの価値観です。

現状のわが子の有り様は、それまでの両親の価値観の総和と言えます。

価値観とは、何ものかを優先させ、何ものかを後回しにする時の基準です。

わが子の今を導いた価値観を見直す必要があるのです。

特にこれまで後回しにしてきたものの中に、わが子に本当に必要なものがあったはずです

 

  

変化を起こすことが出来ないでいる親御さんに多いのが、

どうすればいいのか・・・・

という嘆きです。

ですが、具体的な方法を話しても、決まってその後に「どうすればいいのか・・・・」と返ってきます。

つまり、話が耳に入っていないのです(笑)。

挙句の果てには、「それは分かっているんですが・・・・

分かっていないから、行動に移せず事態が変わらないのです。

 

 

「知る」と「分かる」と「できる」は、明確に違います。

「分かる」と言うのは、腑に落ちるということです。知識として知ってはいても、理解納得できなけれ

ば、次の行動につながりません。

意欲をもって手足の行動につなげられてこそ、「できる」の段階に至るのです。

実行できなければ、知らないのとあまり変わりはないのです。

 

 

囚われず、拘らず、できないことを潔く認め、常に変化を追い求めていくことで現状改善をなし得る

のです。

 

 

ひきこもり無償支援活動〈たらちねサポート〉事業
http://www.interbrain.co.jp/topics/2009/05/post-2.php

 

 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復http://forum-hokushin.weblogs.jp/

  

お申し込みはいますぐこちら!
『ニート・ひきこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

ひと育て家庭ゼミナール
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

家族援護士養成講座
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

【毎週月曜日無料相談会】

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約 0120-870-996)

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

【熊本出張相談会】

 

6月9日 (要予約 0120-870-996)
八代市厚生会館  

 

6月10日 (要予約 0120-870-996)
和水町中央公民館

 

【北九州出張相談会】

6月16日 (要予約 0120-870-996)
北九州市立生涯学習総合センター(北九州市小倉北区大門1-6-43)

 

NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 

 


カテゴリ:

タグ:

< 受け入れ、任せる  |  一覧へ戻る  |  問題の所在はどこに? >

同じカテゴリの記事

人生からの問いかけに責任をもって答える

わが子が学校に行けなくなる。引きこもりだす。そのことへの対処に責任をもつ

ということは、わが子の状態から親として問われている、投げかけられている

ことを読み取り、それに対しての正しい答えを導き出す責任がある
ということ

です。

わが子が身を挺して訴えている真の意味を見出していく責任が両親にはある

のです。



「困った事態だ。なんとかしてくれないかなぁ」では、責任を何もとっていないことに

なりますし、「出たけりゃ、出ろ」「自分のことだろう。自分で考えろ」では、判断が

自分一人でできない状態にあるひきこもりには、適切な対処とは言えません。

できないことを見極め、手を差し伸べることが親として責任をもつことです。



自己責任とは、結果に対しての自分が作った原因の自覚をもつことです。

自分の人生に起こることで、その原因に自分が何も関与していないことなどあり

得ません。

原因に関与しているということは、改善、解決もまた自分の動きしだいで実現できる

ということ
です。



責任を誰かに転嫁していれば、改善、解決もまたその誰かに委ねなければ、頼らな

ければならなくなるのです。

人生を丸投げしていれば、依存した生き方になってしまいます。 





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉peraichi.com/landing_pages/view/tarachine ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/tp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/   かいけつくくくにににすすすすすhttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ 
nterbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ brain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ 014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/  

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_116http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_11http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/
  https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachinehttps://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine 

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/ 

  


『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/
 
『ニート・引きこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

『ひと育て家庭ゼミナール』
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

『家族援護士養成講座』
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 


http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/  

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 



対応の責任

自分の人生に起こることは、いかなることも基本「自己責任」です。

とかく不可抗力的に起こったことに対しては、まさに被害者として自分には責任が

ないということを主張しがちですが、その起こったことに対してどう対処するかは

自己責任なのです。




何事もどう対処していくかでその後が大きく変わってきます。

不登校でも、最初に両親がどう対処するかで復学できるか、ひきこもりに発展

するかが違ってきます。

わが子が登校しなくなった。ひきこもった。

これらのことにどう対処していくかは両親の責任です。

怒るのか、塞ぎ込むのかの感情も親自身の自己責任です。

子どもの責任ではありません。 




「お父さんを怒らせるな!」

「お母さんをイライラさせないで!」

あたかも子どもがそうさせている(責任がある) ように言いたげですが、目の前の

現状に対して、どういう感情になり、どう対処していくかは、あくまでも親それぞれ

の責任においてなされるべきことです。

ましてや、わが子の不登校や引きこもりで、夫婦で話し合い、協力しあうどころか、

互いの責任のなすりあいで、夫婦喧嘩をしているようでは、子どもが安心できる

はずもありません。

そもそも、そういったところが、わが子の不登校や引きこもりを招いた一因である

ことも認識すべきことなのです。




もちろん、子どもにも、自身の責任の所在をしっかり認識させていかなければ

ならないことは言うまでもありません。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉peraichi.com/landing_pages/view/tarachine ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/tp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/   かいけつくくくにににすすすすすhttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ 
nterbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ brain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ 014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/  

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_116http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_11http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/
  https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachinehttps://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine 

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/ 

  


『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/
 
『ニート・引きこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

『ひと育て家庭ゼミナール』
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

『家族援護士養成講座』
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 


http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/  

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 





人生の責任

依存」と「否認」がひきこもり現象の底にあるものですが、自身が責任を負う

べきことから逃れる生き方のために、責任のもち方(取り方)がわからなくなって

しまっている状態です。





責任転嫁」というのは、通常「誰かのせいにして自分の責任を逃れる」といった

意味合いで使いますね。

もちろんそうですが、ここで言っているのは主に「自分の人生に責任をもっていない」

状態を指します。





自分の人生に責任をもつというのはどういうことでしょうか。

それは、「人生は選択の連続である」ということを意識にまず置いて考えてみて下さい。

選択は、判断決定(決心)です。

ですから、「人生に責任をもつ」というのは、自分で考えて判断し、決定したことに

自分で最後まで責任をもつということです。

最後までというのは、「結果」、そしてその処理までです。





自分の人生に関わることを、他者に考えさせ判断させない。

もちろん判断にあたって他者の意見を参考にすることは問題ありません。

要は、何も自分では考えず丸投げしないということです。

頭を人に預けないということです。





最初から人に判断させていればその結果に当然責任を取ろうとしませんし、

それどころか結果が悪ければ悪いほど、あたかも自分は被害者でもあるか

のように判断を任せた相手を責めようとします。

これでは、状況が良くなるはずもありません。 





「子育ては妻に任せていた」という夫(父親)がいます。

任せていたとしたら、それは信頼のうえでのはずです。であれば、その結果に

不具合があったからといって、一方的に責任を押し付けることは如何なもの

でしょう。

もとより、子育ては両親で行うものです。それぞれの立場、役割でこそできる

(していかなければならない)ことがあるのですから。





詐欺まがいの引き出し屋(悪徳業者)に事の解決を依頼し、高額な報酬を

支払わされたといった被害にあったご家庭のニュースも目にします。

支援者の立場からも、強い憤りを感じる事件ですが、「頭を人に預けない」

「丸投げしない」ことも大切です。






自身(親)の困り事を解決するのではなく、わが子が困ってしまっている事を

優先して解決しようと思えば、子育てにおいて自分が取ってきた判断決定

(決心)に責任をもち、現状のわが子の引きこもりに対して、どう対処していくか。

解決する最後まで、自分が責任をもっていくはずです。


取るべき責任を取らなければ、人生から責任を取らされます。






まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉peraichi.com/landing_pages/view/tarachine ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/tp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/   かいけつくくくにににすすすすすhttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ 
nterbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ brain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ 014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/  

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_116http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_11http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/
  https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachinehttps://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine 

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/ 

  


『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/
 
『ニート・引きこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

『ひと育て家庭ゼミナール』
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

『家族援護士養成講座』
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 


http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/  

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 



引きこもり~現状を受け入れるには ②

自分の身に起こる出来事は、すべて偶然に起こったことであるというとらえ方は、

思考の放棄(停止)です。

人生に降りかかってくる諸問題が、自分が成長し、自分らしく生きていけるために

必要なこととして必然的に起こったとすれば、「なぜ必要だったのか?どのような

意味があるのか?」
という問いが生まれます。




抵抗(反抗)から苦悩が生まれるのです。

ありのままに受け入れる。自分のこととして引き受けるということでこそ、変革を

起こすことができます。

現状、経験を受け入れるということは、それに納得することではなく、その経験を

通して自分にとって必要なことを学ぶ
ということです。




自分の人生に責任をもちましょう。

人は人生を絶えず創っており、自らの判断や決定、行動が引き起こすあらゆる結果

を引き受けなければなりません。

より良い人生や行動の原因をつくることに責任をもつ。

自分の回復や成長に責任をもつことが重要な最初のステップです。




実存心理学では、『人間は、人生からの問いに正しい答えを与える責任がある。

ある人生の状況の真の意味を見出すことに責任がある』
とも示されています。

その意味を見出せるためには、現在行っていることと、過去に起こったこととの

関連性に気づくことで見えてきます。

意味はそこにあるのではなく、自身が付与するものです。

自分にとって、それが「気づき」のきっかけとなり、価値や意義あるものとなります。

過去はすべて、これからを創る教訓とするのです。

その意味を理解するための葛藤を通して、成長は確固たるものになります。




現状の世界観が、心の垣根(境界、限界)となります。

自分が生きる世界を変化させるためには、言葉と新たな概念の習得によって、現状

の解釈をし直すことが必要です。

私たちは、価値観によって解釈し、言葉と概念によって説明(物語を語る)するのです。

人生の意味は、常に進行中であり、固定的なものではありません。

常に新しい意味づけを行い、新しい価値を見出し、自分自身や人生における最終ゴール

についての考え方をより良く変えていきましょう。 





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉peraichi.com/landing_pages/view/tarachine ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/tp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/   かいけつくくくにににすすすすすhttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ 
nterbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ brain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ 014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/  

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_116http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_11http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/
  https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachinehttps://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine 

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/ 

  


『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/
 
『ニート・引きこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

『ひと育て家庭ゼミナール』
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

『家族援護士養成講座』
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 


http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/  

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp 



引きこもり~現状を受け入れるには ①

現状の問題を改善、解決していくためには、ありのままに「受容」が先ずできな

ければなりません。

困難な問題ほど、受け入れられず、目をそむけたり、意識をそらしてしまいがち

です。ですが、受容が出来なければ、解決のためのスタートラインにも立てて

いないのと同じです。



部屋から出てこないわけではないとか、外出をまったくしないわけではないとか

だけの理由で、「わが子は引きこもりではない」と思い込もうとしている親御さん

も少なくありません。

その状態で、数年も経過しているにも関わらずです。



それほど、「受容」するというのは簡単なことではないのです。

不登校・引きこもりの長期化は、わが子が自力で解決できないという事実を親が

受け入れられないことで生じてしまっている現象なのです。


ですから、解決のための「受容」ができるための工夫が必要なのです。

これから数回にわたって、その工夫の内容をお話ししてみましょう。



実存心理学では、『人間が人生の意味は何かと問う前に、人生のほうが人間に

問いを発してきている。人間は、人生から問われている存在である』
〈ビクトール

・フランクル「医師による魂の癒し」〉と、示されています。



フランクルは、人生には目的意味もすでにあり、自分の身に起こる様々な出来

事を通して、問いかけられている。そこから答え(目的や意味)を読み取っていく

ことが、私たちに与えられた課題
と述べているのです。



人生とは、成長するための学校であり、問題集です。

あらゆる経験・体験は、すべてレッスンと捉えてみましょう。

自分にとって、予定通りに順調な学びの過程なのです。 

成長のための気づきと学びを得るための必須課題です。

ですから、その必要単位を取得しなければ、そのことから卒業できません。

卒業できないということは、再び同じ過ちを繰り返すということです。

その場に停滞(長期化)してしまわないためにも、とっとと学んでしまいましょう。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉peraichi.com/landing_pages/view/tarachine ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/tp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ p://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ //www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ ://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/   かいけつくくくにににすすすすすhttp://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/04/entry_1169/ 
nterbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2015/03/entry_1169/ brain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ttp://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ ain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ 014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/05/entry_1459/  

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/

 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/05/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/06/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/
 http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/07/entry_116http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/08/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_1169/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/09/entry_11http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/10/entry_1169http://www.interbrain.co.jp/topics/2016/11/entry_1169/
  https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachinehttps://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine 

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996 

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/ 

  


『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/
 
『ニート・引きこもりエンパワー教室』
http://www.interbrain.co.jp/course/empowerment/

   

『ひと育て家庭ゼミナール』
http://www.interbrain.co.jp/course/cat66/

 

『家族援護士養成講座』
http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 


http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/ http://www.interbrain.co.jp/topics/2014/07/entry_1168/  

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp  



このページのトップへ