• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > 引きこもり: 2018年3月

解決支援者の現場日記 引きこもり: 2018年3月

昨日と何かが違っていますか?


「わが子のひきこもりを何とかしたい」と切望していても、なかなか現状

に変化が見られない。

なぜでしょう?




それは、「このままにはしておけない」と声高に変えていくことを叫んで

いても、行動が現状維持だからです。




現状を改善するために昨日と違う行動を何をしたかを振り返ってみてください。

何年も家庭の風景が変わっていないのではないですか?

行動に現れてこその結果です。




親御さんの行動に変化がなければ、ドアの向こうのわが子に何の変化も

起こりません。

いや実際には、変化に気づけないということで、ドアが開いた時、玉手箱

よろしく年齢が変わっていたことに気づかされ愕然とします。




「どうしていいのかが分からない」という声もよく聞きます。

尋ね歩いてください。足を使って探してください。

労を惜しまないということです。

惜しむ心は、執着です。

その現状への執着が、変化を妨げ、わが子のやる気に依存する姿勢を招きます。

手をこまねいていても、事態は何も変わりません。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp










1

« 引きこもり: 2018年2月 | メインページ | アーカイブ | 引きこもり: 2018年4月 »

このページのトップへ