• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて②

解決支援者の現場日記

< ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて①  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて③ >

ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて②


これまでのひきこもり支援が、充分な支えになっていたかという話の中で、目立って

いたのが、相談窓口でかえって傷ついてしまう相談者が多いということです。

支援者から、上から目線で子育てを否定されたり、責められたりと。




これは、私自身かねて相談をお受けしている時に、ご相談者からお聞きすることでも

あります。

行政が用意している「専門」窓口と言われる場所へ行っての話です。

未だに、「本人を連れて来てください」と言っている状況もあります。

勇気を出して、やっとの思いで相談に出向かれたのに、二度と相談に行きたくなくなる

のは当然です。




「8050問題」が生じるひとつの要因には、これらの支援する側の問題があるのです。

I氏は、相談窓口の改善を指摘しつつ、家族会当事者会の必要性を訴えていましたが、

実は、ここにも大きな問題があるのです。




I氏は、ジャーナリストだけに、自己責任論で本人の努力を云々言うのではなく、

「地域共生社会」で、居場所支援が必要と主張しておられますが、「自己責任」という

ものを少し取り違えしておられるようです。

ジャーナリストの役割は、社会の問題点を追及し、変革していくことをひとつの使命に

しておられるのだと思いますが、この「ひきこもり問題」は、偏見や差別を無くすと

いった社会の変革を待つ対策では、解決が間に合いません。

すぐに「8050問題」となってしまいます。

「8050問題」は、法改正などが行なわれない限り、現行の「生活困窮者自立支援法」

でも救済は不可能です。

社会がどうだこうだではなく、それぞれの当事者家庭が、わが家の問題に責任をもって

対処していくことが必要なのです。




「自己責任」の取り違えというのは、「自分が悪いんだから自分でなんとかしろ」と

いうことではなく、いいだの悪いだのではないのです。

責任の「有る」「無し」と、「いい」「悪い」の評価は別です。

「責任がある」は「あなたが悪い」ではありません。

自分の身に起こっていることに、自分が責任をもつのは当たり前です。

自分の人生に責任をもつことができていないから、ひきこもりが生じ、しかも長期化

していっているのです。

責任の自覚が必要なのです。

そして、自分一人でなんとかしなければならないということでもありません。

自分ができないことは知人でも社会でも遠慮せず手を借りて、責任もって問題を解決

していく
ということです。




ですから、「自己責任論ではなく、社会の問題として・・・・」なんて声高に主張

してしまうから、かえって解決が遠のくのです。

そもそも家庭は、一番身近な小社会です。小社会(個々の家庭)が乱れていて、社会全体

が良くなるはすがないではないですか。

国民一人一人の心が平安でいられてこそ、その国全体が平安になるのです。




I氏もこの辺りに気づいておられないようですが、影響力のある方だけに、執筆や講演

で、誤まった認識が広がることを懸念してしまいます。

また、全国家族会の理事という立場もおありのようですので、この家族会の問題点に

ついては次回述べてみましょう。

(続く)






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。

【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


カテゴリ:

< ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて①  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて③ >

同じカテゴリの記事

ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて③


講師のI氏が理事として参加している全国家族会傘下の地元の家族会の方(父親)が、

ご自身の体験を話されました。

単身赴任の間にご子息がひきこもり状態となり、定年退職を迎えられ、ご自宅で

暮らすようになってから、わが子のひきこもりと向き合うことになったそうです。




暗中模索の中、家族会の存在を知り尋ねていかれた。

それまでは、働くことを促したり、厳しいことを言ったりしていたそうですが、

家族会で様々な学習をしている内に、その誤りに気づき、わが子を肯定的に理解し、

信じて見守ってあげるようになったとのことです。




家族会の有用性は、このブログでも度々お話ししています。

当協会でも、目的に合わせ3種類の家族会(下記参照)を運営しています。

(当サイトトップ画面の動画で家族会の様子がご覧に慣れます)




解決のためには、何より親が当事者意識をもち、自分自身の問題として受け止めて

いかなければなりません。

わが子へのはたらきかけを続ける中で、思うようにならず心が折れそうにもなります。

そういったときに、親たち同士で支え合うといったことがどうしても必要になってきます。

ただ、その運営の在り方を間違えると、かえって有害となってしまいます。




この父親の話で驚いたのは、家族会に10年間通っているそうです。

ご子息の状態は、いまだ社会へ入れぬままということでした。

その要因のひとつは、父親の言葉にもあった「信じて見守る」です。

わが子の気持ちが前向きになって、動き出すのを待っていても、いたずらに時間が

経過するだけです。

10年もの時が経過していることに疑問をもてないことが、問題です。




その家族会が本来の機能を果たせているかを見極めるひとつの指標は、ズバリ解決なき

ままの長期間参加者が多数いないか
です。

特に運営メンバーがそうであれば、有害な救済策が行なわれていると言えます。




わが子を理解することはもちろん最も大切なことですが、厳しいことも何ひとつ言わず、

元気になるまでムリをさせず、したいようにさせてあげることではありません。

回復できる可能性を信じてあげることは重要ですが、わが子の判断力に期待するのは

危険です。

なぜなら、適切な現状認識ができず、行動の選択肢をもちあわせず、判断力決定力

実行力に難をかかえている状態にあるからです。

その状態のわが子が自ら動き出す(やる気を出す)のを、ひたすら待っていては、長期化

するのは当然の理です。

親自身が当事者意識をもち、自らが変わり、動き、はたらきかけ続けることしか解決の

道はないことにもう気がつくべきです。




状況の概説や、支援や制度の問題点ばかり解説する講演などが多いようにかねてから感じます。

当事者家族を対象にした催しであれば、解決法を期待して参加される方たちをがっかり

させないことを一番に考えるべきだと思います。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。

【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)ーひと言申す~「8050問題」講演会にて①


長年ひきこもりの取材を行い、TVなどでもひきこもりについてコメントしている

著名なジャーナリストI氏の講演会が、精神保健福祉行政の主催で行われ、参加して

参りました。

テーマは「8050問題を考える~家族や社会ができる事」

ひきこもりに関する普及啓発を図る事を目的に、ひきこもり者を抱えるご家族や

一般市民等を対象に催されたものです。




普及啓発は大事なのですが、だからこそ、ただただ気の毒な現状にあるといった

印象にならない内容にしていくべきだと、報道などに対してもいつも感じます。

今回の講師は、ジャーナリストの方で、支援者ではありませんので、具体的な解決の

手立てに関してまでは話がなかったのはやむを得ませんが、「家族や社会ができること」

と副題もつけられていますので、当事者家族の参加者の方は、「できること」を当然

期待しておられたことと思います。




殺害事件や親の死体遺棄事件など孤立した親子の悲劇が事例として話され、残念ながら

決して解決に向けて希望のもてる内容ではありませんでした。

今回は「8050問題」でしたので仕方がないのかも知れません。




「8050問題」は、ひきこもりの状態を解決するということでは、極めて困難なこと

だと思います。後は、社会的資源などを利用しての生き残り策を図るだけです。

だからこそ、「8050問題」にまでなってしまわない取り組み、予防が必要なのです。

「予防」は、イコールひきこもりの解決です。




今回は、2部構成で、経験者や当事者家族との対談も後半にあったのですが、精神疾患等

が背景にあるひきこもりと社会的ひきこもりをゴッチャにしている
状況がまだまだあります。

これは分けて考える必要があります。

また、講師が理事をしている家族会傘下の地元の家族会の方(父親)のお話がありましたが、

ここにも大きな考え違いをしている箇所がいくつかありました。

このことについても、これから述べてみたいと思います。

(続く)






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。

【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)ーひと言申す~とらえ方の工夫


起こった出来事がこれからを決定するのではありません。

ひきこもり者たちは、自身の過去から将来を悲観し、絶望しています。

また、親たちは、わが子の不登校やひきこもっていることを恥ずかしいことと

受け取っていたりしています。

大事なことは、出来事そのものではなく、それに対する自身の対応が、未来と現在の

満足度を決定し、期待するこれからをもたらすということです。




問題を額面通り受け取らず、ポジティブな視点から、状況の再評価をするのです。

全てを成長進化のための学びと受け止めてみてください。

世代伝播世代間連鎖してきたものを絶ち、家族を進化させていきます。

わが子は、これまでの両親からの関わられ方で、自分なりの自己認識をもっています。

なぜ、ネガティブな自己認識をもってしまっているのでしょう。

そのように関わってきてしまったのには、親自身の受け継いできたものが影響しています。

これまでを振り返ってみてください。

両親が受け継いできた負の連鎖を、わが子に引き継がないようにしていきましょう。




「あたりまえ」も与えられた恵みと感謝することで、「楽観」の姿勢を磨いていきます。

わが子に笑顔があったとき、それをあたりまえと思っていませんでしたか?

決してあたりまえではありません。

子どもは、様々な想いを抱きながら、家庭の中で笑顔を出してくれています。

子どもが自然に笑顔で過ごしていられる環境をつくるのは、親のしごとです。

「あたりまえのこと」と思うその慢心が、わが子から笑顔を失わせてしまったのです。

すべてを恵みと感謝できる姿勢がもてれば、現状に対しても、感謝して受け入れる

ことができます。

なぜ感謝か?

自己の改善点を教えてくれるからです。

そして、「大丈夫。必ずできる!」と解決に向けて楽観できるようになります。




すべてにありがたみを見い出し、より良くなるために活かしていくことが、

人生の醍醐味(味わい)です。

「嘆きの人生」にするも「味わいの人生」にするも、選択の自由が与えられています。

これもまたギフト(恵み)です。

困難な問題にも敬意をもって向きあいましょう。

恵みの先には、豊かさが必ず待っているのですから。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。

【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)ーひと言申す~共依存の呪縛


ひきこもり(不登校)の親子は、共依存関係になっていますので、互いが親離れ、

子離れできていません。
 
共依存というのは、

「愛されることを必要とする子と、必要とされることを必要とする親」

の間の抜き差しならぬ関係です。

互いが相手が自分から離れることを許さなくなるのです。




親にとって、いくつになってもわが子から頼られることは、親としての自尊心を

くすぐります。
 
そのため、自分を頼らせようと無意識にはかります。
 
それが、動かぬわが子に対しての世話やき行為(イネーブリング)です。

結果、子どもの自立を阻んでしまいます。




子離れ、親離れを実現させるためには、親が自己責任に基づき主体的に行動することです。

「適切な援助と有害な救済」を見極められる判断力を養い、主体性を発揮し、

先ず自ら先に動き出すという姿勢が大切です。
 
現状改善の一歩を踏み出すためにも、 「自助」自らを助けられる力を養っていき、

より善く生きていく手本を示していきましょう。

ひきこもり者たちは、より良い人生、より善い生き方を知らないでいるのですから。








メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。

【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)ーひと言申す~重要なのは姿勢・態度


ひきこもりが長期化していく背景には、親が本人以上に疲弊してしまっている

ことがあります。
 
誰にも相談できず、また、親としての自責の念に押しつぶされそうになっています。




生真面目な親御さんほど、「自分は親としての資格がない」といった感情に陥り

やすいものです。
 
自身を許せず、背を向けるわが子を前にして自尊感情がズタズタになってしまって

いることも少なくありません。
 
このままでは、長期戦となるひきこもり脱出までのわが子の支えとなることが出来ません。




ひきこもり者たちも、同じように自分を許せずに苦悩しています。

親自身が、自分を許していく術を身につけ、自尊心を取り戻していかなければ、

わが子にもそれが出来るように導いてあげることが出来ません。




目の前に起こっている現実をどう受け容れていけばよいのか、さらには、解決までの

長い道のりをくじけそうになる気持ちを立て直しながら、維持していけるための、

問題に向き合う姿勢態度を学び、身に具えていくことが大切です。

実は方法論以上に最も大事なことは、この姿勢態度なのです。

その方法が功を奏するか否かを決定するのが、この「姿勢・態度」なのです。

日々の様々な状況に、適切な対処ができないでいるのは、この姿勢態度が充分に

具わっていないからです。
 
それを学び、押し込められた心の開放、許し、自尊感情の取り戻しを行なっていく

ことが、親自身のメンタルケアになります。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。

【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

このページのトップへ