• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > ひきこもり(不登校)~解決のために何を変える?

解決支援者の現場日記

< ひきこもり(不登校)~有害な救済にならないために⑤  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?① >

ひきこもり(不登校)~解決のために何を変える?


ひきこもり(不登校)の改善のためには、それまでの価値観の転換が必要です。

なぜなら私たちは、自己の価値観に基づいた行動をとっているからです。

価値観のどこかが誤っていた結果、現状を招いてしまっているのです。




「親が変われば子が変わる」と申しますが、どう変われば、何をどう変えればいいのかが

分からないでいる方も多いようです。

親が変わるためには、価値観を変えていくのです。
 



価値観を変えていくためには、先ず「知る」ということです。
 
価値観は、何がより価値あるものなのか。意味意義があるのかを測る基準となるものであり、

「ぶれない自分軸」となるものですから、とても重要なものです。
 



何を「知る」のかと言うと、意味意義重要さを知るということです。

自身の価値観により、何ものかを他より優先させていますので、優先させたことで何がどうなったか

を冷静に見極めるのです。

もちろん、より良くなっていれば問題ないのですが、困った事態になっているとうことは、価値観が

どこか誤っているということですからね。
 



例えば学歴偏重主義でいれば、子育ては、勉強が最優先となります。

親子の触れ合いよりも学業を優先させるでしょう。

そうなると、親子の間で愛着の問題が生じます。

何でも程の良さが大切です。程よい加減ということです。

過ぎれば、正しくとも歪みます。

その辺りの見極めも大切です。
 



私たちは、自己の認識の範囲でしか物事を考えられません。

ですから、新たな価値観をもてるためには、認識を拡大していく必要があります。

それが「知る」ということです。

「人生の目的は?」「生きる意味は?」「自己存在価値は?」

こういった内容を自身に問い直し、答えにつながる新しい認識を広げていくのです。

わが子はまさに、その意味を見失っているのですから。

そして是非、幸福感につながる価値観を得てください。
 




※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

カテゴリ:

< ひきこもり(不登校)~有害な救済にならないために⑤  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?① >

同じカテゴリの記事

ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?①


どんな問題でも解決のために先ず必要なことが、現実否認せず受け入れるということです。

わが家に起こっているひきこもり(不登校)を真摯に受け止めるということです。
 
どんなに受け入れ難くとも事実として目の前に起こっているのですから、事実からスタートする

ことです。
 
事実に対しては、謙虚になる必要があります。
 



受け入れるということは、納得するということではなく、自分自身の問題として主体的に受け止め、

謙虚に事態から学ぶということです。
 



現状を招いた原因には、必ず自身の何かが深く関わっています。

わが子に起こっていることに、親である自分が何も関わっていないことなどあろうはずもありません。

わが子が一人で勝手に閉じこもっているわけではないのです。
 



問題の主体者が動き出してこそ、事態の改善、解決が進みます。

動ける親が、率先して先ず動き出すことです。





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~有害な救済にならないために⑤


解決のための取り組みを始めても、途中で頓挫してしまうケースが少なくありません。

そうして、新たなはたらきかけが行われないまま長期化し、私どものような支援機関に

来られます。
 



これは、事態をいきなり変えていこうとするからです。

事態はそれまでに、かなり膠着した状態になっています。

ですから、そこをいきなり変えようとしても無理があります。

ひきこもり者からの強い抵抗、反発が出てくるのもあたりまえです。
 



ではどうするのか?

事態に対してどういう姿勢態度で臨むかを主体的に変えていくのです。

姿勢・態度が変わることで、現状自体には変化がなくても、そこから受ける影響が変わってきます
 



わが子の不登校、ひきこもりを受け入れられず否認したり、ましてや「本人のやる気の問題だから」

と人ごととして問題を回避していては、事態が改善されるはずもありません。
 
これは支援者サイドにも見受けられることでもあり、「お子さんを信じて見守りましょう」といった

経過観察という名目の放置問題回避のひとつです。

このアドバイスにならないアドバイスで、どれだけの「8050問題」を誘因してきたことでしよう。

まさに有害な救済で、該当する支援者(? )は、猛省すべきです。
 



姿勢態度をどう変えていくのか?

先ず現状を捉える視点です。

この子」の問題ではなく、「わが子」の問題です。

わが子は私の子ですから、問題の主体は、自分、親自身だという自覚をもつことが重要なことなのです。

その自覚がもてれば、わが子を動かそうとする動き出すのを待つではなく、先ず自分たちが

動いていくこと、変わっていくことから始めていくでしょう。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~有害な救済にならないために④


ひきこもりや不登校の問題を解決していく際には、対症療法ではなく、原因(根本)療法

行っていくという視点が重要です。
 



前回述べたように、「原因は知る必要がない」という対応では、自ずと対症療法にしか

なりません。

薬で熱や血圧を下げるのと同じで、病根がそのままであれば、その場しのぎにしかならず、

再び繰り返します。
 
過去に不登校を経験した者がひきこもりになったり、ひきこもりから一度社会に入った

ものの再びひきこもったり、40代以上のひきこもり者の中には、これまで長年社会人

として就労し、家庭をもっている方たちもいることを見ても、それが分かると思います。
 



では、どうしていけばいいのか?
 
本人は、現状から脱却し、より良くなっていくための新たな取り組み、変化を起こしていく

ことに対して、怯えがあります。

そこに向かうためには、勇気が必要です。

その勇気を引き出すためには、親、家族の「理解」「共感」「承認」により安心感

与えてあげることが必要なのです。
 



前回彼らが抱えている苦悩の中身について述べました。
 
自分は役立たずで誰からも求められない恥ずかしい存在であるという〈恥辱感〉

生きていく意味すら感じられない、虚しく、退屈である〈空虚感〉

どうすることもできない〈無力感〉
 



これらを先ず理解し、同じ目線で共感してあげることが大切です。

そして、ありのままに生きていていいんだと存在を承認してあげることです。
 



抱えている痛みに寄り添い、その苦悩を共に解消していくという目標を親子で

一致させ具体的な行動を示していくことが求められるのです。
 
そのことで、絶望希望に変えていくのです。
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~有害な救済にならないために③


前回、「希望」とは、より良くなることを前提に臨んでいくこととお話ししました。

では、より良くなるとはどういう状態だと思いますか?

もちろん、働くことや学校に通いだすことではありません。
 
脱ひきこもりや脱不登校は、就労や登校では決してないのです。

そう捉えているから長期化していくのです。

そのことに早く気づいてください。
 



より良くなるというのは、抱えている苦悩が和らぎ、消えていくということです。

その苦悩とは、

できないことを知られるのが怖い恥辱感と、

周囲から自分がもぬけの殻だと悟られるのが怖い空虚感と、

何をしてもうまくいかないという無力感です。
 
つまり絶望感です。
 



希望をもって今を一生懸命生きていけないのは、将来を絶望視しているからです。

これからを生きていくことに意味を見出せないからです。
 



ひきこもり(不登校)を招いた原因を知ることが解決のための必要条件ではないと言っている

支援者もおられます。
 
行政の窓口で配布される当事者向けのパンフレットにも、「原因よりも現状を改善することが

大切」といった内容が掲載されていたりもします。
 
原因も分からずして、何をどう解決するつもりでいるのでしょうか?

不思議でなりません。
 



痛み、苦しみを伴う原因に寄り添うこともなく、ただ「けしからん!」と社会参加を勧めても、

崖っぷちで背中を押すようなものです。

足を踏ん張り背中を向け、さらに心を閉ざします。
 
絶望感をぬぐいさるためには、親、家族の苦悩への理解、共感が最も必要なのです。
 
 
 


※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~有害な救済にならないために②


ひきこもる者たちは、自身のこれからに希望をもてないでいます。
 
そうなると、今何かに取り組むことが、まったく無意味なことに感じられるのです。
 
だからこそ、昼夜逆転など自堕落な生活になっていきます。
 



「希望」というものを勘違いしている人たちが多いようです。
 
「失敗ばかりしてきた自分が、将来に希望なんてもてません」と、よく聞きます。
 
わが子のその言葉に同調してしまっている親御さんもいます。
 
自分に自信のない者が、これからに希望をもつことなんかできないと。
 



「将来は、何の保証もない。だから希望なんてもてない」といった声も聴かれます。

実現できる、達成できる保証がなければ、新たなことに取り組めないと。

将来に保証なんてあろうはずもありません。

そんなんだから、ひきこもるのです。
 



「希望」は、将来に保証がないからこそもつのです。

どうなるか分からない不安があるからこそ、希望をよりどころとして、自分を支えていくのです。

希望をもつかもたないかの選択の自由は、保証されています。

自分の意志により、希望をもつことを選び取る自由が与えられているのです。

だのになぜ、わざわざ希望を捨てることを選ぶのですか?
 



「希望」とは、より良くなることを前提に、臨んでいくことです。

今よりも良くなっていくことを前提にして、そうなるように事を進めていくのです。
 
よく「うちの子大丈夫でしょうか?」と、ご相談者から尋ねられます。

大丈夫かどうかなんて誰にも分かりません。

大丈夫にしていくんです。
 



心配して夜も眠れないという方もいますが、心配は、時間とエネルギーの無駄です。

心配するヒマがあったら、心配しているようにならないように手立てを打っていくことに、

時間やエネルギーをかけていくべきです。
 
心配は、今より悪くなることを前提にしています。

だから、不安になるのです。
 
希望を行く末を照らす光として、これからに臨んでいくのです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


このページのトップへ