• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > ひきこもり(不登校)~親が学ぶ意義

解決支援者の現場日記

< ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?②  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?③ >

ひきこもり(不登校)~親が学ぶ意義


当協会の支援法は家族参画型の支援法ですので、先ず親御さんにカウンセリングを受けて

頂き学習して頂くのですが、「なぜ親が勉強しなければならないのですか?子どもを

なんとかしてもらえればそれでいいのですが」
という質問を受ける時があります。

正直、絶句です。
 



早期解決のためには、一にも二にも親御さんの理解です。

ひきこもり(不登校)という現象の理解が必要なのです。

なぜわが子が動けなくなっているのかの理解も無しに、どう解決しようと思っておられる

のでしょうか?
 
恐らく、解決するのはわが子のやる気次第と考えておられるのでしょう。

親がどうこうする問題ではないと。

親はただ、わが子に困らされているというのでしょう。
 



理解ができていなければ、自分たち(親)は、あたかも被害者だと勘違いしてしまいます。

長期化の原因をつくっているのは、実は本人たちではなく、親御さんたちです。

なぜなら、本人たちはもとより動けない状態にあるのですから、解決するためには親御さんが

動くしかないのです。
 
ですから、黙って様子を伺っているだけでは、長期化してしまうのは当然のことなのです。



 
また、理解ができていなければ、わが子の現状に翻弄させられてしまい、腹を立てたり、

落ち込んだりで解決のための意欲も減退し、あきらめてしまいかねません。。
 
「何もしていないことはない!」とは言っても、理解がなければはたらきかけが適切でない

場合がほとんどです。

かえって悪化させてしまっています。
 
たからこそ、理解することは不可欠なのです。




理解のためには、勉強していかなければなりません。

ブログ「解決のために何を変える?」でも述べましたが、価値観を変えるためにも「知る」

ということが必要なのです。
 
解決策を見出すためにも、また、ひきこもり(不登校)の解決は長期戦になります。ですから

自身のモチベーションを維持していくためにも、理解を深めていくための学習が必要なのです。

親が勉強する理由も分からないようであれば、一生のひきこもりにしてしまうのも無理もないことです。
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 
 

カテゴリ:

< ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?②  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?③ >

同じカテゴリの記事

ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?③


前回、「問題」を見誤ると、事態がより深刻化してしまうと述べましたが、間違った問題の

正解を求めることに懸命になる
ことほど、無駄なことはありません。
 
ボタンの掛け違いは、その後の取り組みが総崩れとなってしまいます。
 



問題行動と思われる不登校やひきこもりは、本人にとっては、自己防衛策であり、

一種の治療法です。「治療的行動化」と申します。
 
学校や社会の中で過ごすことが、耐えられないほどの苦痛を生じさせるので、自室に留まる

ことで、自分を守り、その痛みを癒そうとしているわけです。
 
ですから、学校に行かないだけですぐに病院へ連れていきたがる親御さんもおられますが、

治療法を治療しにいくというのはおかしいですよね。
 
つまり、大切なことは、何が痛みを与えているのか。どんな痛みを感じているのかを知る

必要があります。



 
子供たちは、決して〈困った子〉ではありません。

〈困りごとを抱えている子〉です。
 
また、問題のある子問題児ではなく、〈問題のあった環境〉で、傷を受けた子たちです。
 
その〈問題のあった環境〉と言うのが、前回述べた安全や安心が守られていない環境であり、

「逆境」と呼ばれます。
 



自分をそこから守らなければならない、ひきこもり者たちが抱えている困りごとが何かを

読み取っていくことこそが適切な援助となるのです。
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?②


家族の目、意識は、とかく働かないとか登校しないとか、閉じこもっているなどの

問題行動の方にいってしまいがちです。
 
ですが、重要なことは、わが家に一体全体何が起こってしまっているのかを把握することです。
 
つまり、そもそも何を問題として捉えるべきなのか

そこを見誤ると、より事態が深刻化してしまう危険もあります。

登校しないとか、働かないが問題ではないということです。
 



では何が問題なのか?

そうできなくなった原因こそが問題なのです。
 
どういう環境が背景にあって、目の前の事態が生じたかを考えていく必要があります。
 
環境を見直すにあたっては、わが子の発育・成長・発達において安心できる環境にあったかを

考えてみましょう。
 



安心できる環境とは、ひとつに安全であることです。

子どもにとって安全を欠く環境とは、体罰過度に行動を制約されるなどです。

干渉や子どもの世界(生活圏)への侵入ですね。




そしてひとつには、安定していること。
 
両親の傾向に、感情の起伏が激しいといったようなことがありますと、子どもの情緒も

不安定になります。
 
感情的に子どもを叱ったり、情緒面の揺れが激しいことは、大きなダメージを子どもに与えます。




また、父親に転職癖があるとか、両親の不和も決して落ち着いていられない環境です。
 
もちろん、祖父母など同居家族が他にいた場合は、両親と祖父母との関係性も影響を与えます。
 
特に父親は、この子を妊娠し子育てをしていく母親が安心して育児ができる環境をつくって

あげられていたかを振り返ってみましよう。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?①


どんな問題でも解決のために先ず必要なことが、現実否認せず受け入れるということです。

わが家に起こっているひきこもり(不登校)を真摯に受け止めるということです。
 
どんなに受け入れ難くとも事実として目の前に起こっているのですから、事実からスタートする

ことです。
 
事実に対しては、謙虚になる必要があります。
 



受け入れるということは、納得するということではなく、自分自身の問題として主体的に受け止め、

謙虚に事態から学ぶということです。
 



現状を招いた原因には、必ず自身の何かが深く関わっています。

わが子に起こっていることに、親である自分が何も関わっていないことなどあろうはずもありません。

わが子が一人で勝手に閉じこもっているわけではないのです。
 



問題の主体者が動き出してこそ、事態の改善、解決が進みます。

動ける親が、率先して先ず動き出すことです。





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~解決のために何を変える?


ひきこもり(不登校)の改善のためには、それまでの価値観の転換が必要です。

なぜなら私たちは、自己の価値観に基づいた行動をとっているからです。

価値観のどこかが誤っていた結果、現状を招いてしまっているのです。




「親が変われば子が変わる」と申しますが、どう変われば、何をどう変えればいいのかが

分からないでいる方も多いようです。

親が変わるためには、価値観を変えていくのです。
 



価値観を変えていくためには、先ず「知る」ということです。
 
価値観は、何がより価値あるものなのか。意味意義があるのかを測る基準となるものであり、

「ぶれない自分軸」となるものですから、とても重要なものです。
 



何を「知る」のかと言うと、意味意義重要さを知るということです。

自身の価値観により、何ものかを他より優先させていますので、優先させたことで何がどうなったか

を冷静に見極めるのです。

もちろん、より良くなっていれば問題ないのですが、困った事態になっているとうことは、価値観が

どこか誤っているということですからね。
 



例えば学歴偏重主義でいれば、子育ては、勉強が最優先となります。

親子の触れ合いよりも学業を優先させるでしょう。

そうなると、親子の間で愛着の問題が生じます。

何でも程の良さが大切です。程よい加減ということです。

過ぎれば、正しくとも歪みます。

その辺りの見極めも大切です。
 



私たちは、自己の認識の範囲でしか物事を考えられません。

ですから、新たな価値観をもてるためには、認識を拡大していく必要があります。

それが「知る」ということです。

「人生の目的は?」「生きる意味は?」「自己存在価値は?」

こういった内容を自身に問い直し、答えにつながる新しい認識を広げていくのです。

わが子はまさに、その意味を見失っているのですから。

そして是非、幸福感につながる価値観を得てください。
 




※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~有害な救済にならないために⑤


解決のための取り組みを始めても、途中で頓挫してしまうケースが少なくありません。

そうして、新たなはたらきかけが行われないまま長期化し、私どものような支援機関に

来られます。
 



これは、事態をいきなり変えていこうとするからです。

事態はそれまでに、かなり膠着した状態になっています。

ですから、そこをいきなり変えようとしても無理があります。

ひきこもり者からの強い抵抗、反発が出てくるのもあたりまえです。
 



ではどうするのか?

事態に対してどういう姿勢態度で臨むかを主体的に変えていくのです。

姿勢・態度が変わることで、現状自体には変化がなくても、そこから受ける影響が変わってきます
 



わが子の不登校、ひきこもりを受け入れられず否認したり、ましてや「本人のやる気の問題だから」

と人ごととして問題を回避していては、事態が改善されるはずもありません。
 
これは支援者サイドにも見受けられることでもあり、「お子さんを信じて見守りましょう」といった

経過観察という名目の放置問題回避のひとつです。

このアドバイスにならないアドバイスで、どれだけの「8050問題」を誘因してきたことでしよう。

まさに有害な救済で、該当する支援者(? )は、猛省すべきです。
 



姿勢態度をどう変えていくのか?

先ず現状を捉える視点です。

この子」の問題ではなく、「わが子」の問題です。

わが子は私の子ですから、問題の主体は、自分、親自身だという自覚をもつことが重要なことなのです。

その自覚がもてれば、わが子を動かそうとする動き出すのを待つではなく、先ず自分たちが

動いていくこと、変わっていくことから始めていくでしょう。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


このページのトップへ