• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?②

解決支援者の現場日記

< ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?③ >

ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?②


前回からの二つの驚きに関しお話しします。
 
ひとつは、発達障がいの特徴(症状)を見たときに、今まで私が支援で関わってきた

青年たちの傾向にとても似ていたことです。
 
「えっ?! そっくり。彼らは発達障がいだったの?」と思いました。
 
ところが、「疾患ではなく障がいなので治らない」とありました。
 
ここで二つ目の驚きです。
 
「えっ?、うちへ来た青年たち治ってる」
 



そう、発達障がいのような特徴をもつ多くのひきこもり青年たちが、その傾向が

緩和され社会へ普通に参加していっていたのです。
 
もちろん私は医者ではありませんので、治療などしていません。

そもそもできません。
 
社会参加のために必要な訓練をしていただけです。
 



「これはどういうことだろう?」と疑問をもち続けながら勉強を進めていっている内に

分かったのが、「発達凸凹」というものです。
 
「発達凸凹」とは、診断基準には満たないが、発達障がいに非常に類似した認知傾向

を示す状態です。

そしてそれが、「愛着障がい」から来ており、この愛着障がいが、発達障がいと

間違って診断されていることが多いというのです。
 



これで疑問が解けました。

私の所へ来た青年たちが治っていったのは、発達障がいではなく、「愛着障がい」

だったからです。

「愛着障がい」とは、適切な時期に親子の間に「愛着の絆」が形成されなかったことによる

人間関係の障がいのことです。
 
ひきこもり者(不登校)たちは、多くがこの愛着障がいなのです。
 
このことが何を意味しているのか?

これから述べてみましょう。

(続く)
 
 




※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


カテゴリ:

< ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?  |  一覧へ戻る  |  ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?③ >

同じカテゴリの記事

ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?③

 
前々回に、「発達障がいでも、親が勉強する必要はあるのでしょうか?」という質問がある

ことを述べました。
 



発達障がいであると診断を受け、「治らない障がいでひきこもっているのであれば、

もうしょうがない」
としてしまっている親御さんもおられます。
 
ですが、前回述べたように、もし「発達障がい」ではなく、「愛着障がい」であった場合は、

改善していく可能性が大いにあるのです。
 



もとより、発達障がいであっても、勉強が必要ないということはあり得ません。

発達障がいの特質をより深く知り、わが子の苦手を補う手立てや道具を考え、生活をより快適に

させていく工夫が必要です。

症状にもよりますが、発達障がいだから社会参加は無理で引きこもってもしょうがないという

わけではありません。

ましてや、愛着障がいの誤診だったらどうされますか?

普通に社会へ入れるわが子のその可能性を奪ってしまうことになるのですよ。
 
近年は一種のブームで、医者でもない者が安易に「発達障がいでは?」という傾向も

見受けられます。




学び、成長がなければ、新たに見えてくるものはありません。

ひきこもる子は、親の世界観の中だけでしか変化できません。

親が学びを怠れば、わが子の可能性の種は、芽を出せないままに終わるのです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~発達障がいなの?


以前、次のような質問を受けたことがありました。
 
「わが子は、完全に診断の結果発達障がいで、親からみていても言う事が変だし、

トラウマケアなんて到底できないと思い、あきらめて長い間放っておきました。

発達障がいでも、親が勉強する必要はあるのでしょうか?」
 



私は、疾患や精神障がいなどの症状としてひきこもっている場合は、「ひきこもり問題」

としてではなく、適切な治療をしてくださいと促しています。
 
発達障がいの場合は、次のような経緯から状況によっては支援をお引き受けしております。




20年ほど前から、「発達障がい」というワードがよく聞かれるようになりました。

行政主催の実務者会議でも、登壇する精神科医の話が、それまではうつ病統合失調症と、

精神疾患のオンパレードだったのですが、ブームに乗って(笑)、発達障がいの話に

変わってきました。
 
ひきこもりの会議のはずが、ほとんど病気の話ばかりです。

もちろん、具体的な支援成功事例など一切聞かれません。
 



相談者の中からも、「発達障がいではないか?」「診断を受けた」という声がよく

聴かれるようになってきました。
 
私は不登校やひきこもりを病気とみることに、とても違和感を感じて支援活動を始めました

ので、あきれつつも、あまりにも世間で発達障がいなるものが騒がれるようになってきました

ので、無視するわけにもいかず勉強を始めてみました。

そこでとても驚いたことが二つあったのです。

(続く)






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?④


不登校児やひきこもり者たちが抱えているものにトラウマがあります。

トラウマとは、心の傷(傷ついた自尊心)心の複雑骨折(生きる意味の喪失)です。
 



これらの傷は、安全や安心が守られていない環境、いわゆる「逆境」を生き抜いてきた

過程で負いました。
 
これにより、ストレス耐性の脆弱さ問題解決力の欠如人間関係失調を招き、

それが生き辛さとなっているのです。
 



ですから、「学校に行かない、働かないからけしからん!」とか「困ったもんだ」ではなく、
 
トラウマの視点から問題行動の意味を捉えなおす必要があるのです。
 
ところが、「トラウマのケアまでは、当事者にとってつらいし、忘れたいのではないでしょうか?」
 
という声も聞かれます。
 
さらには、「トラウマどうこうよりも、早く働いて(登校して)欲しいです」といった嘆きも聞かれます。
 
忘れられたら、苦労はありません。
 
忘れられないから心的外傷(トラウマ)なんです。
 
傷口がふさがっていない状態で、その傷の痛みを感じないでいれますか?
 
「辛いからさせない」で、どう現状を改善していくつもりですか?

登校させることも社会参加させることも当人たちにとっては、とても辛いことなのですよ。
 
何の負荷も与えたくないのなら、そのままにさせてあげる(一生のひきこもり)しかないのですよ。
 



ひきこもり者たちにとって、家庭が逆境になってしまった理由には、親自身の未解決のトラウマがあった

ことも認識しておかれてください。
 
7月のメルマガで述べております。

是非ご購読ください。
メルマガ『ひきこもりは動けないから解決できる!』






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~事態に対してどう臨むか?③


前回、「問題」を見誤ると、事態がより深刻化してしまうと述べましたが、間違った問題の

正解を求めることに懸命になる
ことほど、無駄なことはありません。
 
ボタンの掛け違いは、その後の取り組みが総崩れとなってしまいます。
 



問題行動と思われる不登校やひきこもりは、本人にとっては、自己防衛策であり、

一種の治療法です。「治療的行動化」と申します。
 
学校や社会の中で過ごすことが、耐えられないほどの苦痛を生じさせるので、自室に留まる

ことで、自分を守り、その痛みを癒そうとしているわけです。
 
ですから、学校に行かないだけですぐに病院へ連れていきたがる親御さんもおられますが、

治療法を治療しにいくというのはおかしいですよね。
 
つまり、大切なことは、何が痛みを与えているのか。どんな痛みを感じているのかを知る

必要があります。



 
子供たちは、決して〈困った子〉ではありません。

〈困りごとを抱えている子〉です。
 
また、問題のある子問題児ではなく、〈問題のあった環境〉で、傷を受けた子たちです。
 
その〈問題のあった環境〉と言うのが、前回述べた安全や安心が守られていない環境であり、

「逆境」と呼ばれます。
 



自分をそこから守らなければならない、ひきこもり者たちが抱えている困りごとが何かを

読み取っていくことこそが適切な援助となるのです。
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~親が学ぶ意義


当協会の支援法は家族参画型の支援法ですので、先ず親御さんにカウンセリングを受けて

頂き学習して頂くのですが、「なぜ親が勉強しなければならないのですか?子どもを

なんとかしてもらえればそれでいいのですが」
という質問を受ける時があります。

正直、絶句です。
 



早期解決のためには、一にも二にも親御さんの理解です。

ひきこもり(不登校)という現象の理解が必要なのです。

なぜわが子が動けなくなっているのかの理解も無しに、どう解決しようと思っておられる

のでしょうか?
 
恐らく、解決するのはわが子のやる気次第と考えておられるのでしょう。

親がどうこうする問題ではないと。

親はただ、わが子に困らされているというのでしょう。
 



理解ができていなければ、自分たち(親)は、あたかも被害者だと勘違いしてしまいます。

長期化の原因をつくっているのは、実は本人たちではなく、親御さんたちです。

なぜなら、本人たちはもとより動けない状態にあるのですから、解決するためには親御さんが

動くしかないのです。
 
ですから、黙って様子を伺っているだけでは、長期化してしまうのは当然のことなのです。



 
また、理解ができていなければ、わが子の現状に翻弄させられてしまい、腹を立てたり、

落ち込んだりで解決のための意欲も減退し、あきらめてしまいかねません。。
 
「何もしていないことはない!」とは言っても、理解がなければはたらきかけが適切でない

場合がほとんどです。

かえって悪化させてしまっています。
 
たからこそ、理解することは不可欠なのです。




理解のためには、勉強していかなければなりません。

ブログ「解決のために何を変える?」でも述べましたが、価値観を変えるためにも「知る」

ということが必要なのです。
 
解決策を見出すためにも、また、ひきこもり(不登校)の解決は長期戦になります。ですから

自身のモチベーションを維持していくためにも、理解を深めていくための学習が必要なのです。

親が勉強する理由も分からないようであれば、一生のひきこもりにしてしまうのも無理もないことです。
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



不登校・ひきこもりオンライン家族会
「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline
 

行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 
 

このページのトップへ