HOME > 解決支援者の現場日記 > 引きこもり > 援助者としての親 ⑨

解決支援者の現場日記

< 援助者としての親 ⑧  |  一覧へ戻る  |  援助者としての親 ⑩ >

援助者としての親 ⑨


援助者として、ひきこもり現象を理解するといったとき、

「理解したくない」

「理解なんかできるものですか」

「こっち(親)の大変さを理解してほしい」

といった声が聞こえてきます。

これらの不満(?)は、「理解する」ということを「認める」「容認する」

捉えていることで出てきてしまっています。




現象の理解というのは、何も現状を認め、好きにさせる意味ではありません。

そう捉えれば「理解なんかしたくない」と思うでしょうが、前回⑧でも述べた

ように、実際は何年もひきこもっていれば、もうすでに親から容認してもらって

いる
ととられています。




現象の理解は、病気や障がいではなくひきこもりという現象が、どういう

状況から起こってしまうのか、背景にどういう問題が横たわっているのか

といったことを理解していくことです。

現象の仕組み、意味が分かってくれば、対策を打つことができますし、

何より、わが子のふるまいに腹もたたなくなってきます(笑)。




「理解したくない」という思いには、薄々、わが子がひきこもったことに、

自身が関わっているだろうと感じているからです。

薄々どころか、わが子から直接的に「おまえらがこうした」「俺の人生返せ!」

なんて言葉をあびせられている家庭では、理解が深まることは、より自分が

わが子に与えた影響、責任を知ることとなり、罪悪感につながりかねません。

それは、子どもを立派に育て社会に巣立っていかせることを役目としてる親に

とっては、辛いことです。




ですが、わが子がこう訴えているからこそ、親が援助者になれるわけであって、

もっと言うと、なるべきなのです。

シリーズ⑦で述べたように、わが子ですから、自分の人生におこっていること

です。自分の人生に責任をもってこそ、どんな事態も改善されていきます。




理解してもらえることで、子どもは安心感を得、また親は、援助者として、

協力していくことができるようになっていくのです。

どのような協力ができるのかを次に述べてみましょう。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


カテゴリ:

< 援助者としての親 ⑧  |  一覧へ戻る  |  援助者としての親 ⑩ >

同じカテゴリの記事

援助者としての親 ⑩


親が援助者として、どのように協力していけるかと言いますと。

抱えている苦悩からの痛みに寄り添いながら、精神的な支えとなること。

そして、指針を与えながら、方向性を示していく。




精神的支えとなるために、先ずは必要なことは、特に低年齢期に刷り込んで

しまった誤まった否定的な自己認識をはずしてあげることです。

そのためには、自身の過ちをしっかりわが子の前で認めることです。

その際、「あなたのために良かれと思って・・・」は、言い訳にしかなりません。

動機の正しさが、行為の適正さを保証するわけではないのです。




そもそも本当に「わが子のため」だったかを振り返ってみてください。

自身の都合がきっとあったはずです。

良かれが良かれになっていなかったからこそ、わが子は自己否定感をもって

しまったのです。

もっと言うと、罪悪感です。

親の期待にそえなかった、裏切った悪い子、ふがいない子、親不孝な子

という罪悪感です。





以前、印象的な言葉をつぶやいた青年がいました。

「親は、勝手に自分に期待し、勝手に裏切られたと落ち込んだり、憤ったり

している」


親の過剰で歪んだ期待は、子どもに強い罪悪感を与えます。

罪悪感で子どもをコントロールしてしまおうと無意識にしてしまうのです。

そこには、親としての慢心があります。

親子という関係性の乱用は、わが子に混乱を与え、結果、ご乱心にして

しまうのです。

いわば、家庭内パワハラです。

慢心をひかえ、わが子に敬意をもって向きあいましょう。




援助者として行うことは、援護射撃です。

わが子の人生の肩代わりはできません。

せっかく援護しても、本人がそこにうずくまっていては意味がありません。

援護しながら、わが子が自分の足で、前へ進めるようしていくために、

指針を与え、方向性を示す必要があるのです。

指針を与えられるためには、親は支援を受け、学んでいくことが求められる

のです。

学ぶためにも、慢心があれば向上心を妨げ、他からの忠告が耳に入りません

ので、謙虚に自身の誤りを自分の中で認めることです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


援助者としての親 ⑧


援助者として親が何をなしていけばよいのかをお話ししましょう。

最も必要なことは、わが子に安心感を与えることです。




何が安心感を与えられるかと言うと、「理解してもらえている」という

思いです。

自分の現状を親が理解してくれていて、否定的に見ていないという安心感

が必要なのです。




ひきこもり期間が長ければ長いほど、親が現状を容認していると解釈して

いることが多いことは忘れてはなりません。

別に、「理解してくれている」と安心しているわけではないのです。

理解はなくとも、仕方なくあきらめ、「めんどうはみてくれるだろう」

いったものです。

ですから当然、積極的な改善のための動きが長きにわたってないのです。

もちろん、親は「そんな気持ちはあるはずもない」と反論したいでしょうが、

長期化させてきたことで、そう解釈されてもいたしかたのないことです。




前へ向かわせるためには、本人にとって、世界中で一番の理解者協力者

になってあげる必要があるのです。

理解は、ひきこもりという現象の理解です。

理解が深まれば、わが子の痛みへの寄り添いが自然とできるようになります。

協力は、もちろん、これまでのひきこもり生活の協力ではなく、改善、解決、

解消、社会的自立のための取り組みへの協力です。





メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


援助者としての親 ⑦


親が援助者になり得るためには。

援助者である前に、当事者であることの自覚が必要です。

ひきこもり現象は、親子の共同作業で発生しています。

自室にいるひきこもり者一人だけでは、ひこもりは継続できないのです。




当事者であるわけですから、自身が自らを助ける『自助』が必要です。

自助ができてこそ、わが子の援助ができるのです。

シリーズ④でも述べたように、今まで知らず知らず〈ひきこもり〉を

援助してきてしまいました。

これからは、わが子を援助していくのです。

わが子にも『自助』を教えていかなければなりません。




では、自らを助けられるためには何が大切かと言いますと、

「自分の人生に責任をもつ」ことです。

目の前の現実を否認したり、責任転嫁責任放棄をしないことです。

わが子がひきこもっています。

わが家に起こっています。

〈わが(私の)〉ですから、自身の人生に起こっている出来事なのですから、

その解決のためには、自分が責任もってことにあたるしかないのです。




自分がとってきた(判断・選択してきた)何が今を招いたのかを振り返り、

自分の過ちを認め、真摯に受け止め、誠意をもってそれを改めていかな

ければなりません。


そして、より良い状態にしていくためには、自分やわが子に何が必要

なのかの判断ができるようにならなければなりません。

わが子が要求するもの、欲しがるものを与えれば、改善していくのでは

ありません。

あくまでも必要なものを与えていかなければ、事態の改善は見込めません。




何が必要なのかを判断できるためには、学ぶしかないのです。

向上心をもって、自己の成長、発達を促していくのです。

向上心を妨げてしまうのが慢心です。

目の前の問題に敬意をもって向きあい、抵抗せず謙虚に受け入れていく

ことが大切です。

その姿勢が、わが子の心を動かしていくのですから。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


援助者としての親 ⑥


上手に支援を受けるためには、主体的であることが重要です。

「なんとかして」

「困っているからどうにかして」

ではなく、「状況改善のために、自分がどうしていけばいいのか教えて

ほしい。手助けしてほしい」と手をあげることです。




手を上げるというのは、待たないということです。

わざわざ家まで来て「困っておられたら、お手伝いしますよ」と、言って

くる者はいません。

自分で足を使い行動を起こすことです。遠くであったとしてもです。

〈助かり方〉を教わり、助力・協力をもらいながら自分で自分を助けていく

のです。

自分を支える術をもたなければ、援助者としてわが子を支えることなど

できません。




シリーズ③
でも述べたように、先ず親御さんが自分でできたことをわが子

にお手本として示せなければなりません。

わが子に目標をもたせ、失敗を恐れず、勇気を出してものごとに挑戦させ

ようと思ったら、自分が先ずそれが出来ておかなければなりません。

「必ず解決する」と決意し、目標として掲げていますか?

わが子と向き合い、何を言われようともくじけず、前へ進んでいく覚悟

できていますか?




もしできないでいるとしたら、一人でいるからです。

孤軍奮闘は、なかなか最後までやり遂げることができません。

くじけそうになったら励ましてもらい、手立てが見えなくなったらヒントを

示してもらい、様々な方面からの支えを受けられてこそ安心して目の前の課題

に取り組み続けていけます。

だからこそ、支援が必要なのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


援助者としての親 ⑤


不登校、ひきこもりの解決のためには支援が必要だということを述べました。

何ごとも自力解決が困難な場合は、周囲からの助力協力を受けた方が早い

のです。




助力や協力、援助を受けることを恥ずかしいこと、みっともないことと、

ネガティブに捉えている人がいますが、助力や協力をもらえるのは、信用

があるからです。

かねてからの信用がなければ、いざ困って助けを求めても得られません。

ですから、世の中で高い信頼のある人の周りには、「お手伝いさせてください」

「一肌脱がせてください」と困ってなくても多くの人たちが集まります。




ひきこもり者たちに「なぜ誰にも相談しなかったの?」と尋ねた際に、

「相談しても答えてくれない気がして」と答えることがよくあります。

これは、自己信頼感が低いため、「自分なんかに親身になってくれない」

といった懸念があるからです。

つまり、自分自身が自分を信用できていないのです。

ですから、上手な支援の受け方の一つは、自分自身はもとより、周囲から

の信用・信頼を得ることです。




助力、協力を受けられるだけの信用・信頼というのは、その問題を本気で

解決しようとしているかといった姿勢
に対して向けられます。

では、その本気さとは?

「わが子がひきこもって動かず困っています」ではなく、「私が動きます」

「何でも愚直に実行します」といった素直さや、特に自分の誤りを認められる

正直さ
です。




かねて相談をお受けしている中で、時折、「自分自身が子どもと向き合う

ことから逃げていた」
と反省をつぶやかれる親御さんがおられます。

そういった際、その事態に対しての謙虚さ潔さにこちらの姿勢が改まり

ます。

敬意をもってそれにお応えしていく責任意識が強まるのです。




本気になるということは、そのこと(目的)のために、最重要なことを最優先

で真剣に行っていく
ということです。

わき目もふらず、いらぬ心配(体裁を整える)もせず、一心不乱に実行して

いくことです。

こういった姿勢、態度が実は、周囲からの支援だけではなく、わが子をも

動かしていくのです。

私が行なっている支援法が、長期のひきこもりでもその多くでアウトリーチ

(訪問支援)を必要としないのは、ここに理由があるのです。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


このページのトップへ