HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > 不登校

解決支援者の現場日記 不登校

人生の苦悩の意味


私たちがあるできごとや葛藤を「問題」と呼ぶのは、それらが苦痛をもたら

すからです。

問題に直面しそれを解決する過程が苦しいからこそ、人生は困難だと感じる

のです。




しかし実は、問題に直面し解決するその全過程にこそ人生の意味があるの

です。問題が私たちの勇気英知を目覚ましてくれる機会を与えてくれま

す。「ピンチはチャンス」「困難は工夫」です。




精神的成長を促したいならば、建設的に問題の苦悩を経験するテクニック

身につけていくことです。

「問題と、そこからくる苦悩を回避する傾向こそ、あらゆる精神疾患の一次

的な基盤である」
と言われます。

ユング(分析心理学)は「神経症とは常に、当然引き受けるべき苦しみの

代用物
なのである」
と述べています。

しかし代用物そのものが、究極的には、当然引き受けるべき苦痛よりも

苦しいものになっていくのです。




引きこもりもまさに、当初、苦痛から逃れるためのひとつの手立て(代用物)

として始めたことが、新たな苦悩を招いてしまっています。

長期化することで、当初の苦痛よりもより強い苦しみを招いてしまっている

のです。




ですから、精神の健康をかち取る手段を教え込んでいくことが重要なのです。

そのために、苦悩の必然性およびその価値、そして問題に直面し、それに

ともなう苦痛を経験する必要性を教えていかなければなりません。

このことは、親もまたまったく共通の課題です。

わが子の引きこもり、不登校の苦悩から、自身にとっての必然的な意味

見出し、ピンチを家族再生のチャンスに変えていく機会にしていくのです。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


昨日と何かが違っていますか?


「わが子のひきこもりを何とかしたい」と切望していても、なかなか現状

に変化が見られない。

なぜでしょう?




それは、「このままにはしておけない」と声高に変えていくことを叫んで

いても、行動が現状維持だからです。




現状を改善するために昨日と違う行動を何をしたかを振り返ってみてください。

何年も家庭の風景が変わっていないのではないですか?

行動に現れてこその結果です。




親御さんの行動に変化がなければ、ドアの向こうのわが子に何の変化も

起こりません。

いや実際には、変化に気づけないということで、ドアが開いた時、玉手箱

よろしく年齢が変わっていたことに気づかされ愕然とします。




「どうしていいのかが分からない」という声もよく聞きます。

尋ね歩いてください。足を使って探してください。

労を惜しまないということです。

惜しむ心は、執着です。

その現状への執着が、変化を妨げ、わが子のやる気に依存する姿勢を招きます。

手をこまねいていても、事態は何も変わりません。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp










引きこもりって、支援が本当に必要なの?


「引きこもり家庭が皆、支援を必要としているわけではない」と私が

話しますと、怪訝そうな表情で「そんなことはないでしょう」と仰る方も

おられます。




また、行政主催の支援実務者会議で、「家族自体が公にしないように相談

にも出向かれないのは支援が難しい」という意見に対し、私が「そういう

家庭に時間をかける必要はないのではないですか?」と申しますと、

苦笑いが返ってきます。

なんと冷たい非情な支援者と思われたのでしょうか(笑)。




私は支援者として、出来ない(不可能な)ことは、責任もって「出来ない」と

いうことを伝えているだけなのです。




皆が支援を必要としているわけではないという意味は、困っていない家庭は

もちろんないでしょうが、解決のための手を打つ優先順位がかなり後に

なっている
ということです。

「機能不全家族」とよく言われますが、それより「多問題家族」という表現

の方が現状をよくとらえています。

ですから、引きこもり以外の問題も複数抱えていて、それらの解決の内、

わが子の引きこもり問題は、順位が大分後と捉えられているのです。

「真っ先に」という意識が無い家庭も少なくないということを言っている

のです。




引きこもり問題は、児童虐待と違い、通報という処置ができません。

当事者が児童ではないので、他人さまの家庭に口をはさむことはできない

のです。

あくまでも、当事者家族が手を上げて頂かないと、周囲は手も足も出せません。

路上でタクシーをひろうのであれば、手を高く上げなければ停まりませんし、

タクシー乗り場まで出向いてきてもらわないと、予約もしないで自宅まで

迎えには来ません。

それと同じです。




有名な言葉がありますね。

「求めよ、さらば与えられん。
 尋ねよ、さらば見出さん。
 叩けよ、さらば開かれん」
(マタイ福音書)

この言葉通りです。




いたずらに長期化している家庭は、現状不備への妥協が、そのまま習い性と

なってマヒしている
のが特徴です。

ですから、求めることも尋ねることも、扉を叩くことも忘れてしまっている

のです。




長期化した理由を「どうやっていいのかが分からなくて」というのも多い

ですが、ではその解決方法助言したらすぐに実行できるかと言ったら、

そうでもありません。

「知らないから」ではなく、知っていてもやらないという状況もよく見受け

られるのです。




「助かりたい」という本気の意思表示がなければ、それに必要な知識も場も、

機会も助力も得られません。

そういった家庭にこそ、時間もエネルギーもかけるべきだと思うのです。

脱出のための扉を開くことに気づいてもらうために、微力ながらこんな活動

も続けています。
〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996






まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 



思っている通りになっているだけ

もひとつおまけのジェームズ・アレンの言葉です。

「人々は、自分の思考を隠し通せるものだと思い込んでいる。しかし、

それはまず、習慣として速やかに具現化し、続いて環境として具現化する」





現状の改善のためのはたらきかけを始めても、「思うように動いてくれない

ですねぇ」と、ため息をもらす親御さんが多いものです。

そもそも他人(わが子)が、こちらの都合にあわせて動いてくれるはずも

ありません。




人生、自分の思うようにはならないことの方が多い(だから、悩む)のですが、

かねて思っているとおりにはなっているものです。

つまり、割合ですね。どれほど思っているか。本気かということです。

「良くなったらいいなあ」とは時々思っていても、それ以上に「でもどうせ

ムリだろうし」と思っている時間が長ければ、良くなるはずもありません。

本音が「ムリだ」だからです。




不登校でも引きこもりでも、ある程度の期間になってしまっていると、

「困ったなぁ」「何とかしたい」とは言葉に出しても、本気で何とかしよう

という状態になっていないことは、少なくありません。

「えっ?、そんなばかな」と思われるかも知れませんが、日常の生活を見て

いるとそれが分かります。

これまでの習慣が、ほとんど変わっていないのです。

〈わが子は学校に行かない〉〈いつも部屋にいる〉という日常が前提になった

生活が、毎日繰り返されています。





わが子の今の在りようは、両親の価値観の総和です。

価値観から、考え方が生まれ、行動を促し、その人の生きる環境(人間関係も)

を創ります。

考え方も行動も、継続されることで習慣となります。

習慣になれば、意識しないでもそうしてしまいます。




何ごとも、現状を変えるためには、現状を招いた習慣を変えなければ、何も

変わりません。


ですから、これまでの価値観、考え方、習慣のままでいれば、時々「学校へ

行かないかなぁ」「働きださないかなぁ」と、思ったところで、本音の自分

が思っている通りの現状になっている
ということです。

「どうせ言っても、動かないから」と。

恐るべし。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp



家族にできること ②


再びのジェームズ・アレンの言葉から。

「人生の中には、偶然という要素はまったく存在しない。人は、どんな

ときにも、自分が学び成長を遂げるために最適の場所にいる」

「好ましい環境と好ましからざる環境が、そこに住む個人の成長に効験する。

人は、自分が育んだ環境という果実の収穫人として、苦悩と喜びの双方から

学ぶことができる」





物事を偶然で処理してしまうことは、思考を停止しているに等しいことです。

わが子の不登校や引きこもりが、単なる偶然でわが家に起こったのなら、

なんたる不運なことでしょう。

ついてなかっただけでしょうか?

なぜわが家だったのでしょう。わが子だったのでしょう。

なぜ自分の身に起こったのかを深く考えるべきです。

そうすれば、決して偶然などではないことに気がつけます。




好ましからざる環境も、自身の成長のための最適な環境だと言います。

しかもその環境は、自分が育てた環境であり、苦悩からも学びを得ること

ができるのだと。




わが子に起きる問題は、親としての学びの必要性があったからこそ、

必然的に起こっていると捉えてみましょう。

親としてのわが子との関わり方の中に、何か問題があったのです。

今、わが子にどう向き合っているかに、親としての真価が問われている

のです。

自分が蒔いた種(つくった環境)により、現状を招いたのですから、刈り

取っていくのも、また自分です。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp






家族にできること ①


ジェームズ・アレンの言葉から、引きこもり対策を述べてみましょう。

「人間は、自分の置かれた状況を、より良くしたいと望むが、自分自身を

より良くしようとはしない。

そのため、かれらは、一生古い自分に束縛されたままである」






相談者(親御さん)の多くが、引きこもるわが子をなんとかしてほしいと

訪ねて来られます。

「すぐに訪問して、部屋から引き出してほしい」

「働くように説得してほしい」

「家を出て、自活していってほしい」


こういった要望がほとんどです。





わが子をそうさせていくために、自分(親自身)がどう(変化)していかなけ

ればという発想が、ほとんどありません。

自分はそのままで、環境、状態が都合よく変わってくれないかといった

姿勢なのです。





そういった姿勢で、わが子の状態だけが変わるはずもありません。

わが子の現状は、それまでの両親の価値観(生き方)の総和なのですから。

自身が「引きこもり現象の当事者である」という認識がなければ、現状

の改善は、到底みこめないのです。

子どもは、親の言う通りにはしませんが、親のしている通りにしている

のですから。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp




わが子と共に成長していく ①


引きこもり者たちはなせ人を怖れるのか。

それは、自尊心自己信頼感が健全に育っていないからです。




その育ちを妨げたものが、いわれなき罪悪感恥辱感です。

親に心配や迷惑をかけた「悪い子」という罪の意識が、「役立たず」

といった誤った自己認識をもたせてしまっているのです。

否定的な自己認識は、自分を蔑ろにし、粗末に扱います。




自尊心は、自分は存在していい。

愛される資格と価値がある。

幸せになる資格と価値がある。


といったように存在価値を見いだしている意識。

自己を尊重できる心です。

自分の意思や判断、選択、感情、欲求などを自覚し、それらを所有する

自分の権利
を尊重できます。




自己信頼感は、正直さや素直さ、誠実さ(約束を守る。責任をもつ。謙虚。

思いやり)などの態度、姿勢を高く評価している意識です。




自尊心と自己信頼感が育っていれば、自分の心を偽らず、正直に認め、

ありのままの自分を受け入れることができます。


不完全な自分を素直に認め、自己の可能性への無条件の信頼が自然と成長

を促し、その過程を味わい、積極果敢に挑戦する勇気も引き出すのです。




学校に行かせることだけを考えたり、外出させる、働かせることだけを

いくら考えても、本質的な問題が改善、解決されなければ、動き出せたに

見えたとしても、再び繰り返し、さらに自己嫌悪を深めてしまうことに

なるのです。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp




解決のために必要なこと~心がまえ


「子は親の鏡」

「育てたように子は育つ」

「親が変われば子が変わる」


これらの言葉をどこかで聞いたことがあると思います。

ところが、その時には「なるほどなぁ~」と納得した気になっても、いざ

日常に戻ったときには、すっかりどこかへ消えていっているものです。




これらが示すことは、これまでのありようから変わっていく必要がある

ということです。

ではどう変わるのか?

「成長していく」ということです。




成長していくためには、向上心が必要です。

現状に甘んじない。驕らないことを心がけ、価値観を高めていきます。

「一生懸命育ててきたつもり」

「子どもの声を聞いているつもり」

「惜しみなく愛しているつもり」

といった慢心があれば、油断を招き、向上心も弱まります。




これまで何に重点を置いて、優先させて生きてきたかを見直してください。

後回しにしてきたもののの中に、わが子にとって優先させるべきものが

あったのです。

自己都合の優先は、人間関係において立場(権利・権限)の乱用を招きます。

上司と部下の間のパワハラがいい例です。

親子関係の中においても同じです。

立場の乱用混乱を招き、ご乱心となった状態が今のわが子の状態です。




私たちは、自分の中のある前提に基づいてものごとを判断し、行動して

います。その前提を決めているのが価値観です。

ですから、価値観の転換が必要なのです。

乱用によるわが子の心の混乱を安定させていくためには、人・モノ・コト

に対して〈敬意〉をもって向きあうということです。

〈敬意〉は、慎みが含まれます。

慎みは慢心を抑え、謙虚さから常に成長していこうという姿勢が具わります。




今ある事実からの忠告にしっかり耳を傾け、何かを学ぼう、成長していくため

につかみ取ろうと自覚すれば、現状をありのままに受け入れられ、建設的に

現状を変えていくことができるのです。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


解決のために必要なこと~共通の課題


避けている課題を行うことで自尊心が傷つくことを怖れていませんか?      

背を向けるわが子を前にして自尊感情がズタズタになってしまっている

ことも少なくありません。

ですから、これ以上傷つくことを怖れてしまいがちです。

このことは、引きこもるわが子も実は同じなのです。




であるからこそ、想定している成り行き(破滅的)失敗への怖れからくる

“慣性(マンネリ化=あたりまえ)”といかに戦うかが重要な課題となるのです。

このままでは、長期戦となるひきこもり脱出までのわが子の支えとなる

ことが出来ません。

いたずらに時間を経過させ、長期化を進行させているのが、親子で行わ

れているということがこのことでお分かりですか。




目の前に起こっている現実をどう受け容れていけばよいのか、さらには、

解決までの長い道のりをくじけそうになる気持ちを立て直しながら、維持

していけるための、問題に向き合う姿勢・態度を学んでいくことが大事に

なってきます。

実は方法論以上に最も大事なことは、この姿勢・態度であり、その方法が

功を奏するか否かも決定するのです。




事態の変化、改善だけを求めるのではなく、自身の生き方の改良を心がけ

ましょう。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp



解決のために必要なこと~主体的な変革


過去に行った判断行為結果として現状が生じていると自覚すること

が何より大切です。




現状困難な状態があれば、それは過去の誤った判断、行為によってのもの

であり、それと同じことを再び繰り返してしまわないように自戒して行動

していく必要があります。

わが子の不登校や引きこもりに、親としての自身の過去の判断、行為が関係

していないことなど、あろうはずもありません。




早期の解決のためにも、真摯に現状と向き合い、わが身を振り返る必要が

あります。

今が二度目(育て直し)だとすれば、今ここの時間の過ごし方を大切にできる

はずです。

ここでの対応いかんで、今再び、二度目の傷をわが子に与えてしまいかねません。




今の行動のありかたは、将来に何かを用意してしまいます。

現状の過ごし方が、将来の準備になっていることを自覚して過ごすことが

大切です。





まぐまぐメルマガはこちらです。
ひきこもりは動けないから解決できる!
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html

 

不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine

〈福岡引きこもり行脚〉あなたの町に解決法を伝えに行きます!
https://peraichi.com/landing_pages/view/event996

当事者の青少年向けのブログはこちらです。
アダルトチルドレンからの回復

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

  

『生活機能回復訓練  生活道場』
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/

『家族援護士養成講座』

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 

毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 

引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


12

« ニート | メインページ | アーカイブ | 家庭問題 »

このページのトップへ