HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > 不登校

解決支援者の現場日記 不登校

援助者としての親 ③


親御さん自身の気がかりは何でしょう?

わが子から背を向けられ、自信を失っていますか?

それとも腹立たしいですか?

途方に暮れていますか?




わが子も自信をもてるものがなく、何かに怯えているのかも知れません。

何かに怒っているのかも知れません。

どうしていいのかも分からず、行き場を失っているのかも知れません。

同じです。

であれば、わが子の気持ちは分かってあげられますね。




わが子にどうしてあげたらいいかを判断するためには、自身がどうして

もらったら、前へ進めるかを考えてみたらいいんです。

恐らく「いったい何が起こっているの?」といった感じでしょう。

不登校にしろ、ひきこもりにしろ初めての経験です。

何が起こってしまっているのか分からなくて当然です。




何かに困ったときの基本は、

「求めよ、さらば与えられん。

 尋ねよ、さらば見出さん。

 叩けよ、さらば開かれん」


です。




先ず動くです。

特に不登校・ひきこもりの場合は、前号②でも述べたように本人は動けません。

ですから、親が先に動くんです。

解決のための援助(助力・協力)を求めていますか?

足を使って、相談窓口や家族会へ尋ね歩いていますか?

また、今はインターネットなどの情報源は無数にあります。

そして、すべてにわたって主体的に実行していますか?





親御さんが先ずそれらが出来て、そしてそれをわが子にそのまま生きた

手本として、教えていかなければならないのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


援助者としての親 ②


不登校・ひきこもりを早期に解決するためには、本人たちは動けないでいる

ということを大前提に置いておくということです。

「本人のやる気の問題だから、その気にならなければ何を言っても・・・」

という姿勢は、〈人頼り〉〈あなた任せ〉依存的な姿勢です。




そのやる気(意欲・動機づけ)を親御さんが引っ張り出していくんです。

もちろん、単に「ガンバレ!」ではその気にはなれません。

順番として、先ずはやる気を削いでしまっているものの除去です。




親御さんは、わが子の在りようは常に自分自身と同じ。写し鏡と思っていて

ください。

現状改善、問題解決に意欲がありますか?

ただ困って嘆いているだけになっていませんか?

わが子任せになっていれば、わが子も写したように〈人任せ〉となっています。




自身意欲が不十分なのは、何か気がかりがあるからですよね。

それと同じです。

わが子の気がかりを取り除いてあげることから始めなければ、いきなりやる気

は出てきません。

わが子の気がかり(不満・不安・苦痛)を知るためにも、自分自身の気がかりを

見直してみましょう。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


援助者としての親 ①


前号までに〈ひきこもり家族会〉の有用性を述べてきました。

大きな理由は、ひきこもりは親子の共同作業で継続され、親もまた引きこもり

現象の当事者であるため、動ける当事者として、解決の方向へ動いていけば、

確実に改善していけるからです。

しかし、もちろんこれまで述べてきたように、家族会の運営如何では、かえって

「8050問題」のような長期化を招いてしまいますので、注意は必要です。




当協会では、親御さんに当初から参画して頂き、私共支援者と親御さんがタッグ

を組んで、ひきこもり者をサポートしていく方法で進めています。

そのことが、結果的に多くがアウトリーチ(訪問支援)を必要とせず、当人たち

が自らサポートを求めて出向いてくるといった状況を実現しています。

10年を超すケースであったり、家庭内暴力があっているケースででもです。

これはもちろん不登校の場合も同じです。

それは、親御さんだからこそ、わが子の援助者になり得るからです。

そのことをこれから述べていきましょう。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない!⑪~責任の所在


わが子の成長に最も責任を負うのは、もちろん親です。

人格形成や健康にいいも悪いも影響を与えているのが親であることは、

誰しもが承知していることでしょう。

それが、前号で述べたように「ひきこもりは子育てや家庭の問題ではなく、

社会全体の問題だ」
とある家族会の代表の方が仰っていますが、これが

まさに「8050問題」を招いているように思えてなりません。




社会に責任をもっていけば、社会になんとかしてもらおうという行動しか

とりません。(それが家族会設立の目的かも知れませんが)

しかし、事が起こっているのはわが家の中です。

わが身に起こっているのです。

自分がひきこもる子をもつ親であるのです。

ですから、そのことに責任をもつのは自分自身です。

自分の人生に起こっていることですから、自分の人生に責任をもつことは、

あたりまえのことでしょう。




仮に、そのことが生じた(起こった)原因に自身が関与していないことが

あったとしても、その影響を受けていれば、その影響に対して、どう対処

していくかは、自己の責任において判断していかなければなりません。


例えば、わが子が学校でいじめを受け不登校をしているのに、いじめを

したのは自分じゃないからと、何も対処せずほっておきますか?




責任を回避したがるのは、「責任がある」と言うのを「自分が悪い」と

捉えるからです。誰しも悪者にはなりたくありません。

だから回避、転嫁するのです。

しかし、責任の有る無しと、いい悪いは別です。

責任があるというのは、そのことにおいて、主体者、主導者として、

後始末、後片づけを最後まで行なう義務があるということです。

 

誰が悪い」といった犯人探しをするのではなく、〈どこ〉の責任を自分が


負うべきかを考えなければなりません。

災害で家が倒壊したことに責任はありません。

しかし、復興していくことには責任もってとりかかっていく必要があります。




わが子は、自分たちがこの世に、この社会に生んだ(存在させた)子です。

存在を誰からも気づかれないままにしておけますか?

自分の人生に責任をもつ姿勢、生き方が、わが子に困難を乗り越える勇気を

与えることができるのです。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ④


家族会の運営目的を改めて考えてみましょう。

会の存在意義になるものです。




もちろん現状の問題の改善、解決のためですよね。

②でも述べましたが、あたりまえのことなのですが、これがどこかへ行って

しまっている場合が少なくないようです。




こういったことが起こっている原因には、解決のために何が必要かが見えて

いない
ことにあります。

家族会は、当事者のみで運営されていることがほとんどです。

当事者である誰かが最初に声をあげ、そこに他の当事者が集まりだし、互いに

寄り添うようにして、励ましあったり、慰めあったりして、支え合ううちに

会の形ができてきているからです。




そうすると当然ですが、解決のために何が必要かは分かりません。

ある程度の規模の会になりますと、学習会を開催し、ひきこもりの理解を

深めようとしているのですが、講師で招かれるのは、精神科医や研究者(教授)、

カウンセラー(臨床心理士等)などです。

実際に自室から出られない状態から、就労や進学などの社会参加まで一軒の

家庭、家族に関わり続けた経験がない方たちです。

ですから、学習の際の内容は状態(病状)の解説がほとんどであり、具体的な

対応としては、本人の意志に委ねた「無用な刺激を与えず、信じて見守りまょう」

といった解決のための対策とは言い難いものです。




20年近くも運営しているある家族会の代表世話人の方とお話しした時、

引きこもる若者たちの声を私は毎日聞いているので、それをお伝えしたい

と申し上げたところ、「それはありがたい。私たちは子どもが何を考えて

いるのかが何も分からない
」と返ってきました。

私は内心愕然としました。

ひきこもり者たちの声を知らぬまま、何を集まってやっているのだろう?

ここからも分かるように、本来の会の存在意義である目的が、知らぬ間に

忘れさられ、他のものにすり替えられてしまっているのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ③


①のブログの新聞記事にあったように、勉強会などへの参加を「罪滅ぼし」

と思って、10年間費やしている父親がありました。

家族会への参加や講演会を聞きに行ったり、関連図書を読みあさることで、

あたかも何かが変わったような気になってしまうことが少なくありません。

それらが、いわゆるトランキライザー(精神安定剤)となってしまい、

「自分は手をこまねいて何もしていないわけではない」と、自分を納得

させてしまうのです。




忘れてならないのは、行動に現してこそ結果が出るということです。

念じただけでは花は開きません。

しかもその行動は、望む結果を出すために必要な行動です。

ひまわりの花を見たかったら、ひまわりの種を蒔くことです。

意志とは、行為・行動に移されるだけの強さをもった欲求です。




本当に「罪滅ぼし」を思うのなら、その行為が行動が、わが子のための

罪滅ぼしになることなのかを吟味し(頭を使い)、手と足を使って動くと

いうことをしていかないかぎり、結果は出ないのです。

学習したことは実践があってこそ、活きてきます。

望む結果を出すためには、今ある条件(実態や環境)を活用して、必要な

条件をそろえていくのです。


今ある条件と、結果が出るために必要な条件が見えていますか?







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ②


家族会のそもそもの目的は何か?

当事者同士が集まり、当事者同士だからこそ分かりあえることを話し合ったり、

励ましあい、労いあい、支えあい、慰めあう。

有益な情報を交換しあったり、先行く人(解決者)がいれば、助言を得るなど、

あくまで〈解決〉に導くための場であるはずです。




ひきこもり解決は、長期戦です。

だからこそ、本人よりも家族(親)の方が先に根を上げてしまわないように、

心身を癒し、エネルギー充電ができる場は必要なのです。




しかし、見極めが大事なことは、wantとneedは違うということです。

参加者が求めている、欲しているものと、必要なものは必ずしも一致

しないということです。

これは、ひきこもり者たちの集まりにもあてはまります。

よく見られるのが、お茶を飲みながら自由にお話ししたり、レクレーション

を楽しむことで、ひとときの安らぎを得ようと試みるものです。

ひととき心が癒えるのはいいのですが、癒すのはあくまでもひきこもり問題

に真正面から向かい合っていくためのエネルギー充電のためです。

肝心な充電した後の〈問題への取り組み〉の方が、なおざりになっている

ことが多いようです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり家族会が危ない! ①


「8050問題」が、最近よく取り沙汰されていますが、上記記事は、地元新聞

の夕刊にシリーズで掲載されていたものです。

「40年!」ここまできたものかと愕然としてしまいます。




上部のケースは、高校を卒業した後からとありますが、中学1年生からすでに

卒業までの不登校があっています。現在34歳。

この父親は、ひきこもりに関する勉強会や相談会に10年もの間通っています。

「罪滅ぼし」との思いで。




実は、家族会などに通いつめているのに、わが子の状況の改善は遅々として

進まずというケースは決して少なくないのです。

なぜだと思いますか? 不思議だと思いませんか?




家族会は、当事者同士が一致団結し、行政をも動かし、それぞれの問題を

解決するための集まりのはずなのです。

勉強会も催され、精神科医や臨床心理士が登壇し、精神疾患や障がいの解説

などが行なわれています。

精神保健福祉行政の実務者会議(私も参加しています)などでも、きまって

医療関係者や研究者(教授)たちからの専門的な話題提供がなされています。

にもかかわらずなぜ、いっこうに解決しないのでしょう。




これから、そのわけをお話ししていきますが、それは同時に、家族会は必要

であるにも関わらず、かえって長期化を進行させているのもまた家族会に

あるということをお伝えすることになるでしょう。





メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校を引きこもり化させないために 最終


「子は親の鏡」

「育てたように子は育つ」

「親が変われば子が変わる」


これらが示すことは、これまでのありようから変わっていく必要があるという

ことです。




ではどう変わるのか?

肝心のどう変わっていいのかが分からないでいる親御さんが多いようです。

要は「成長していく」ということです。

成長していくためには、向上心が必要です。現状に甘んじない。

驕らないことを心がけ、価値観を高めていきます。

何に重点を置いて、優先させてきたかを見直してください。




高い価値観は、利他的行為を促します。

家族会での交流の中で、自身の体験を他の家族のために役だたせることに

努めてください。

「徳は孤ならず、必ず隣りあり」(論語)です。

家族会で、互いが情報交換しあったり、励ましあったり、状態、その対応

を説明しあったりすることで、わが家の状況を客観視もでき、わが子に向き

合い、新たなはたらきかけに挑戦していくエネルギーも充電できます。




不登校を引きこもり化させないためには、親が発達成長し続け、自己解決

できないでいるわが子に昨日までとは違う新たな価値観に基づいた生き方

示していかなければなりません。

めんどくさいと感じることこそ積極的に取り組んでください。

なじみのないことだからこそ、そう感じるのです。

繰り返してきたなじみのあることが、今のわが子の状態をつくってきたの

ですから。

親が生き直しができてこそ、わが子が生まれ変われます。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校を引きこもり化させないために 2-⑥


避けている課題を行うことで、自身の自尊心が傷つくことを怖れて

いませんか?      

背を向けるわが子を前にして自尊感情がズタズタになってしまっていること

も少なくありません。

ですから、これ以上傷つくことを怖れてしまいがちです。




であるからこそ、想定している成り行き(破滅的)や失敗への怖れからくる

“慣性(マンネリ化=あたりまえ)”といかに戦うかが重要な課題となるのです。

このままでは、わが子の支えとなることが出来ません。




目の前に起こっている現実をどう受け容れていけばよいのか、さらには、

解決までの長い道のりをくじけそうになる気持ちを立て直しながら、維持

していけるための、問題に向き合う姿勢・態度を学んでいくことが大事に

なってきます。

実は方法論以上に最も大事なことは、この姿勢・態度であり、その方法が

功を奏するか否かも決定するのです。

事態の変化、改善だけを求めるのではなく、自身の生き方の改良を心がけ

ましょう。





メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】
http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡引きこもり行脚】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


1234

« ニート | メインページ | アーカイブ | 家庭問題 »

このページのトップへ