• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > 家庭問題

解決支援者の現場日記 家庭問題

ひきこもり(不登校)~適切な援助とは?②

 
自分の可能性期待感をもてるようにしていくことを心がけてください。

どういうことかと言いますと、ひきこもり者たちは自己不信の状態ですので、自身のこれからを

どうしても悲観的にしか捉えられていません。

絶望視すらしています。

なぜ自己不信かと言うと、これまでの自身の失敗挫折体験や現状しか見ようとしていないからです。

可能性ということを考えていません。




可能性というのは、秘められたものです。

何がどう開くかは今はまだ分からないのです。

植物の種と同じです。

種は、適切な環境に蒔いて、丁寧に世話をしていけば花開き、果実を得られます。

それと同じで、自己の可能性に期待感をもてるためには、自分の人生に責任をもって、

自分の世話をさせていくようにしていきます。
 
今の過ごし方が、将来に用意されるものの準備となってしまっていることを認識させること

が大切です。
 
日々の過ごし方を客観視させ、その過ごし方がどういう状態を招いてしまうかを想像させてください。
 



そして、自己信頼感をもたせるためには、決めたことを実行させることです。

「早起きをする」でもいいんです。

目標として定めたことは、自分との約束です。

約束を守らない人間を誰が信頼するでしょうか?

大事なことは、決めたことの先ず実行です。

達成ではありません。

達成できない場合だってあります。

それはやり直しをすればいいだけのことであって、実行することが大切なのです。
 



これまで、わが子が何かに取り組んだ時に、結果だけを見て評価を下していませんでしたか?

努力の経過をきちんと認めてあげられていましたか?

自己都合による勝手な期待を押しつけていませんでしたか?

失敗即ダメとしていませんでしたか?
 
そういう関りがあれば、自己承認の姿勢が身についていません。

常に、他者の承認ばかりを求めようとしてしまい、過剰適応で自分を見失い、周囲の期待に

応えられない、裏切った「ダメ人間」というレッテルを自分に貼ります。 
 
自分を卑下しておいて、自分が自分の味方になってくれるはずもありません。




目標を定め(=自分との約束)、達成のための取り組みに努めている自分を認める〈自己承認〉の習慣

をもたせていきましょう。
 
そうすれば、今は小さな種という可能性が、やがて大輪の花を咲かせ、見事な果実を実らせます。

(続く)
 




※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~適切な援助とは?①

 
有害な救済』について以前述べましたので、『適切な援助』について述べてみましょう。

ひきこもり(不登校)者は、何からどう始めていけばいいのかが分からないでいる

状態です。

状況改善のための行動の選択肢を持ちあわせていません。
 
だからこそ、事態(現実)からの退散(逃避)という方法しか取れなかったのです。




選択肢を持ちあわせていない理由は、トラウマこだわり囚われが強く、適応力

育っていないからです。
 
自分と外界との関係性である「世界観」が、非常に狭いため、事態を俯瞰して捉え、

何を優先させるべきかと思考することが出来ないからです。

こういう状態のわが子が、自然と動き出すのを待っていても、その期待は叶いません。
 
まだまだ本人のやる気の問題と捉えているむきが見受けられますが、そうではありません。

具体的な指針を示し、実行につながる道筋を与えることが必要なのです。

説教ではありませんよ。




何からどう始めていけばいいのかが分からないのは、親側も同じですよね。

わが子が動けないでいる気持ちは、よく分かるはずです。

どういった指針を示し、どう道筋を与えてあげればいいのかが分からなければ、

手足を使って動き、考え、動き続けることです。

調べる、尋ね歩く、両親(夫婦)で考えあう、学び成長していくことを怠らず、やめない

ということです。
 
(続く)
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~自らを動かすものは?

 
前回述べた「自律」に必要なものが、意志の力(勇気)です。
 
勇気の反対は臆病でしょうか?
 
確かに憶病ではあるでしょう。
 
失敗を二度としたくないから、何も挑戦しない生き方を選んだのが〈ひきこもり〉という行動

であるわけですから。
 



しかし、憶病というよりも、勇気の反対は、追従依存です。
 
つねに誰かの判断でしか生きられず、しなだれかかって生きていくのですから。
 
これでは、自分の人生に責任をもち、自分の人生を生きているとは言えません。
 
当然、幸福感を味わえるわけもありません。
 



では、どうすれば勇気をもてるようになるでしょうか?

それは家族の理解、痛みへの寄り添いによって、“安心感”を得られてこそもてるものなのです。
 
失敗しても、自分の中で想定している恥ずかしいことも、情けないことも、傷つくこともない

とすれば、何事かに挑戦してみようという気になりますよね。
 
家族(特に親)が、本人の現状の困難さを理解し、抱えている痛みに親身になって寄り添う

ことで、安心感を得られます。
 



「自分はここに居ることを否定されるものではない。ありのままの自分でいていいんだ」

「抱えてている不安、恐れを分かってもらえている」
 
という安心感から、「この不安をぬぐうための取り組みをしていこう」となるのです。
 
「もう学校行ける?」

「いつになったら働くんだ?」

では、安心感など与えられようはずもありません。
 
もちろん、黙って見ていても、守りにもなりませんし、存在の虚しさもぬぐえません。
 





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 
 

ひきこもり(不登校)~OKAGESAMAプロジェクト⑤

 
家族は、本人(ひきこもり者)自身をどうにかしようとすぐしてしまいがちです。

だから、かえって長期化するのです。
 



このOKAGESAMAプロジェクトでは、「より善く生きていくことの支援」を行っていきます。

復学、進学、就労はあくまでも手段であり、プロセスです。
 
ひきこもり者たちが抱えている苦悩は、〈存在の痛み〉です。

「自己の存在と意味の消滅から生じる苦痛」なのです。

存在の意味を見つけ出したいという渇望です。
 
「俺の人生って何なんだー!」

「生きていく意味なんてない!」

「私には何の価値もない!」


といった彼らの叫びにそれがよく表れています。
 
ですから支援の目的は、「生きていく意味への援助」です。
 



存在の痛みの構造は、

将来の夢を失う苦しみ

関係の支えを失う苦しみ

自己決定できる自由を
失う苦しみ

の三つがあげられます。

ひきこもり者たちは、将来の希望を失っていることで、今に生きる無意味さを味わい、

他者との関係性を失い自己喪失の不安を抱え、無力な自分に価値を見出せないでいます。
 



当事者親子に必要なことは、ひきこもりが起きる前の状態に戻ろうとすることではなく、

元の何かを超えて、新しいものや別のものに根本的に変わるという変化、人生観が根本から

変わるような変化、新しい自分に生まれ変わるような変化です。
 
現状の世界観が、心の垣根(境界、限界)となります。

私たちは、価値観によって解釈し、言葉と概念によって説明(物語を語る)するのです。

自分が生きる世界を変容させるためには、言葉と新たな概念の習得によって、現状の解釈を

し直すことが必要です。
 



わが子の現状は、それまでの両親の価値観の総和です。

両親の価値観が変わらなければ、現状に変化を起こすことは出来ないでしょう。

新たな価値観に基づいた新たな生き方を身に備えていく場が〈うぶすなの庵〉なのです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp



ひきこもり(不登校)~OKAGESAMAプロジェクト④

 
トラウマの癒しには「つながり」が必要ということを述べましたが、つながりは家族

にも必要です。

ひきこもりは、家族も社会との接点を断ってしまいがちという問題があります。

わが家と社会との間に壁をつくってしまうのです。

世間体の回避というものです。

「出歩くと目についておかしいから家を出るな」と親から言われ、外出したくてもできなかった

たという事例もありました。
 



家族自体が周囲とのつながりは断てば、解決のために必要な情報も得られません。

当協会は、大野城市総合福祉センター内で18年前から毎週月曜火曜と個別の相談窓口を開設

しています。また、毎月「不登校・ひきこもりフォーラム〈たらちねの会〉」という家族会を

開催し、その中では、毎回90分具体的な解決法の講習も行っています。これらはすべて無料です。

コロナ禍での今年5月からは、毎月オンラインでの無料講習も始めています。

こういった情報も、社会とのつながりを断ってしまっている家庭には届けることができないのです。
 



OKAGESAMAプロジェクトの目的のひとつは、いつでも足を運べる場所をつくることです。

そこはたまり場ではありません。

あくまでも解決のための情報の共有の場であり、当事者家族だけが集まり慰めあう場ではなく、

常に支援者がそれぞれの状況、状態に応じたアドバイスを行い、課題を共有した家族同士が

励ましあい、労い支えあう場そして、先行く家族が他の家族に自らの体験で後ろ盾をしていく場です。
 



ひきこもり現象は、常に現在進行形です。日々生じている問題です。

解決まで常に長期化が進んでいるという認識が必要です。

コロナ禍において、外出の自粛により家族会などの活動が止まり、家族の動きが止まって

しまっているというニュースも目にしますが、臨機応変に動くスピード感が大事です。

家族会が有ろうが無かろうが、わが家の中で休むことなく行っていくことがあるのですから。
 
何をどうしていけばいいのか、わが家に起こっていることを理解していくことが重要です。

また、事態を受け入れられず、解決のためのスタートラインにも立てておらず、いたずらに

時間を経過させている家庭も少なくありません。

受容理解が急務の課題なのです。

それが出来る場作りがこのプロジェクトです。
 




※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~有害な救済とは?⑦

 
有害な救済の最もたるものを最後に述べてみましょう。
 
「原因追究は、解決のための絶対必要条件ではない」という考えです。
 
ある行政の窓口では、相談者に配布するパンフレットの中に、

「原因がわからなければ解決しないと考える必要はありません」と明示しています。

これが大間違いです。

こうもあります。
 
「大切なのは、今いるところからどんな風に改善していくことができるかということです」と。

もっともらしく聞こえますね。
 
これによりどれだけの有害な改善策がなされてきたことか。




ひきこもり者たちが、どうして身を潜めるような生き方しか出来なくなってしまったかを無視して、

何を解決しようとするつもりなのでしょうか?
 
今いるところにしか留まれない原因を解決してあげない限り、本人たちは動けません。

過去の痛み(未解決の悲しみ)に今を支配されているのが、ひきこもり者たちの状態なのです。

ひきこもるという行為を通して、周囲(親)に訴えていることがあることを理解しようとしない

横暴な姿勢です。
 



こういう誤った外側に立つ者の都合による考えが、「外に出せばOK」「就労させればOK」

といった愚行を招き、より長期化(深刻化)を進めたのです。
 
解決すべきは、心に抱えているわが子が困ってしまっていることで、親が困っていることの解決

ではありません。
 
わが子が抱え込んでしまっていることこそが、「原因」なのです。
 
「何が起こっているのか」が見えずして、解決はあり得ません。


(終わり)






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~有害な救済とは?⑥

 
わが子がひきこもり、自身のことをあれこれやらなくなってくると、過度な世話やき行為

始まります。主に母親ですが。

これをイネーブリングといいます。

食事を部屋に運んだり、頼まれた買い物をしたり等々です。

一人暮らしのアパートに食事を運んでいるケースもあります。

直接的には母親が多いですが、もちろん父親の場合もあります。

父親は金銭的なことで間接的にイネーブリングをしてしまっています。
 



このイネーブリングは、もちろん自立を妨げます。

食事が運ばれてくるのは、ホテルのルームサービスと同じです。

「働かないと食っていけない」と常識的に促しても、ひきこもり者たちには通じません。

食っていけてるからです。

食事は三食用意され、汚れた衣服も常にキレイに洗濯され、メモに書いておけば、

買い物まで済ませてくれれば、自分で動く必要はなくなります。
 



イネーブリングは、共依存によるものです。

共依存は、親子で互いに依存しあう状態です。

なぜそうなるのか?

そこには、親子それぞれの愛着の問題があります。




親にとって、わが子からいつまでも頼られることは、親冥利につきるというものです。

ですから、世話をやくことで自分に頼らせようとしてしまうのです。

子どもは逆に、世話をしてもらうことで、それだけ大切にしてもらえている。

愛されているという実感を得られます。

親は必要とされることを必要とし、子どもは愛されることを必要としている。

これが共依存です。




ここには、互いの愛着欲求がそれだけ満たされていないことが背景にあります。

互いが相手から愛されたい、必要とされたいという意識が強まっているのです。
 
互いの需要と供給がマッチングし、共依存」の呪縛にはまります。

こうなると、互いが相手が離れる(自立していく)ことを、阻むようになるのです。
 
自立を願っているようで、実は無意識に手元から離れないようにしてしまっている

ことに気づかないかぎり、長期化が進行します。
 
(続く)





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

ひきこもり(不登校)~有害な救済とは?④

 
ひきこもり (不登校)はその選択しかできなかった理由があります。

「有害な救済とは?③」で述べたように、単なるやる気の問題ではありません。

そこには、必ず過去の傷つき体験によるトラウマがあります。
 



このことを話しますと、「今さらトラウマの解消よりも、早く仕事に就かせたい」と、

親御さんから返ってくることがあります。

これでは、わが子の痛みにまったく寄り添っておらず、ただ自分の困りごとの解決だけを

考えているのも同然です。
 
解決すべきは、わが子の困りごとです。
 



ひきこもり(不登校)者たちは、過去の痛み(未解決の悲しみ)に今を支配されている状態

あり、その影響は、自尊心自己信頼感を揺るがし、衝動の抑制忍耐力、人間関係を

結ぶにあたっての、共感力思いやり自己表現力、などに強く現れます。

社会、集団への不適応感は、ここに起因しているのです。
 



お腹をこわしているときに、好物の料理であっても食べたいとは思わないでしょう。

まず不具合を治さないことには、本来の意欲も出せません。
 
しかも、過去の未解決の悲しみには、両親が深く関わっているのですから。

(続く)





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~有害な救済とは?③

 
笑顔もなく、いつも不機嫌そうな表情でいられますと、おもわず「やりたいことを探しなさい」

声をかけてしまいがちですが、この言葉かけも不適切です。
 



この言葉かけの意図は、「やりたいことが見つかれば動き出せるだろう」というものですが、

ひきこもり(不登校)現象は、単にやる気の有る無しの問題ではありません。

うかつに「やりたいこと」なんて言おうものなら、「だからゲームやってる」と返されてしまいます。
 



ひきこもり(不登校)者たちは、自分の欲求を自覚できない状態にあります。

自覚できているのは、食欲や睡眠欲くらいでしょう。

熱中できるほどのやりたいことがあれば、そもそもひきこもっていません。

なぜ欲求を自覚できないのか。

それは、欲求を押し殺してきたからです。

求めて叶わぬことは辛いですね。

ですから、はじめから「求めまい」という生き方になってしまっているのです。
 
これまで育ってきた環境で、求めてもそれを挫かれる、他の(特に親)思惑によって動かされる

(従わされる)ことが少なくなかったのです。
 
そうなると、人は好奇心向上心も抑えられ、自己の欲求が見えなくなります。

その状態のわが子に、「やりたいことを探しなさい」は、かえって酷なことなのです。
 



〈有害な救済とは?①〉でも述べましたように、行動の判断が快・不快になってしまっています。

「やりたいこと」もまさに好き嫌いですから、それを求めさせても同じです。

必要性として、「やるべきこと」を考えさせることが大切です。

もちろん、やるべきことは、登校することでも、働くことでもありません。

その前にやるべきことが沢山あります。

自堕落で不衛生な生活になっていませんか?

親子のコミュニケーションは取れていますか?

なぜ出来ていないのですか?
 
それらが出来なくなってしまっている原因の改善、解消、解決が、最優先で行っていく

「やるべきこと」なのです。
 
 
(続く)






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~有害な救済とは?①

 
不登校、ひきこもりと、いずれもいっこうに減る気配が見られません。

学校恐怖症と言われていた時代から、登校拒否不登校に至るまでの間に、スクールカウンセラー

が配備されたり、適応指導教室といった場所まで設けられましたが、不登校で終わらず、

そのまま引きこもりにつながってしまったり、ひきこもりも、全国に支援センターといった

相談窓口が常設されたり、全国規模の家族会なども運営されているにも関わらず、

「8050問題」と言われるような長期化がどんどん進行していっています。
 
なぜこのような事態になっているのでしょうか?
 



不登校は、登校刺激を加えてはかえって悪化してしまうということから、刺激は加えない方が

いいといった対策の変遷がありました。

ひきこもりは、就労を促すことは当事者の状況に合っておらず、さらにプレッシャーを与えて

しまうということがようやく分かってきたのか、最近は、生き方を尊重するような支援が必要

だといったような傾向に変わってきているようです。




良かれと思ってやっていることの中にも、問題を見誤ったことからかえって事態を混乱させて

しまうことがあります。
 
改善の結果が出ていなければ、一旦手を止めこれまでを見直すという謙虚さが必要です。
 
必ず何かが違っているのですから。
 



ここで、よくあるパターンとしての「有害な救済策」をいくつかご紹介してみたいと思います。

先ず、当事者本人の目線に降りて考えることは何より大切なのですが、何でも過ぎてしまう

ことは、足りないよりもかえってマイナスです。
 
「過ぎたるは、及ばざるより劣る」です。
 
そのパターンが、本人の意思を尊重し過ぎ、信じ過ぎることです。
 



本人は、行動の選択肢を持ちあわせておらず、決断力実行力がありません。

だから、ひきこもったのですから。

選択肢を持ちあわせていない状態で、いくら動き出すのを待っても動けるはずもありません。

決心覚悟もできないでいる状態なのですから。




また、行動の判断が、快、不快での判断です。

つまり、不快なことは一切しません。少しでも心に負荷のかかることはしないのです。

快感・快楽だけを求めて、ゲームなどに興じるのです。

必要性の判断ができなくなっています。

もっと言うと「思考停止状態」です。

考えると思い煩い、気持ちがなえるからです。

直視恐怖の状態ですから、現実から意識をそらします。



 
「現状に満足しているのか?」と疑問をもたれると思うのですが、もちろん満足なんか

していません。できようはずもありません。

ではなぜ動かないのか? 

現状への不満よりも、改善のための取り組みに対しての不安の方が大きく、挑戦するのが

怖いからです。

失敗の可能性に怯えるくらいなら、現状の方がまだましということです。
 



これらが、自分の人生に責任がもてず「あなたまかせ」「人頼り」の姿勢依存的生き方

であるひきこもりです。
 
だからこそ「信じて見守りましょう」の助言が呪いの呪文として、長期化を招いている

ことに、そろそろ気づいてほしいものです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

 

1234567891011

« 不登校 | メインページ | アーカイブ | 家族問題 »

このページのトップへ