• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > 家庭問題

解決支援者の現場日記 家庭問題

ひきこもり(不登校)ーひと言申す~報道に思う②


「8050問題」と中高年のひきこもりによる一連の事件がかけあわされ、

連日のように「これだけわが子の長いひきこもりに悩まされている」

「このままだと共倒れになる」「どう防いだらいいのか?」といった報道が

なされています。

地元の民生委員の組織からも、さっそく講演の依頼がここにも入ってきています。

「8050問題」の浮上は、かねての民生委員の方たちの訪問活動の中から、当事者

の発見がなされたことにもあるからです。




前回のブログでも述べたように、親は被害者ではなく、親もまたひきこもり現象を

起こしている当事者です。

ですから、一方的に悩まされていると言うのはおかしいのです。

どうしたら共倒れを防げるか?

自身がやめる気持ちになるしかありません。

先ず「親が」です。




自力でベッドからも降りれないほどの体重になって、「命も危ないので助けてほしい」

といった海外の報道を番組で紹介しているのを観たことがあると思いますが、

ひきこもりもそれと同じです。

体重が増加している過程は、本人も家族も見てきているのです。

自分で体を動かせないほどにまで体重が増加しているわが子に、充分過ぎるほどの

食事を用意してあげ続けていたのは親です。

ひきこもりは一日から始まっています。

いきなり10年ではありません。

未成年の子が、目が覚めたらいきなり中高年にはならないのです。




ただ、ひきこもりの場合、単なる甘やかしといった問題ではありません。

親も子も「自滅病」といったヤマイにかかっています。

それに気がつけば、ひきこもりにピリオドを打つことは可能なのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996
【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)ーひと言申す~世間の目


連日、元農水省事務次官の父親によるひきこもり長男の殺害事件が報道されて

います。

当協会にも、マスコミからの取材の電話が複数入りました。

この事件では、長男の中学生のころからの家庭内暴力に悩み、直接の引き金に

なったのが、川崎市で起こった幼児殺傷事件であったようで、長男が「小学校

の運動会の音がうるさい」と腹を立てたことに、この事件と同じようにならな

いようにとの思いから凶行に走ったようです。




この父親はなぜ、今までの間にどこかへ相談することがなかったのでしょうか?

以前の立場を利用して、どこかの専門機関への手配はできたはずです。

その立場だからこそのプライドだったのでしょうか?

当協会にもこれまで、教員や支援職の親御さんからのご相談も多くありました。

どこも長期化してしまっていました。

その理由が、自身の立場からのプライドが邪魔をし、なかなか相談機関に行け

なかったというものです。

そして世間体です。




ひきこもりのわが子が恥ずかしいのか、その親である自身が恥ずかしいのか。

その両方なのか。

何を恥とするのかは、それぞれの価値観によります。

過つことが恥なのか。誤まり、過ちを隠し改めぬことが恥なのか。

その違いが、解決、家族再生に至るか否かを大きく左右します。

「過ちて改めざる是を過ちという」(論語)という金言もあります。

価値観は、何をより優先させるかと同時に何を後回しにするかの判断基準です。

わが子の苦悩の解決より優先させるものがあるのでしょうか?






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996
【熊本ひきこもり救援集会】
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp




不登校・ひきこもりからの学び~自己信頼感の構築


将来を失うことで生じる「今ここに生きる無意味さ」

他者との関係を失うことで生じる自分が自分であるための根拠(アイデンティティ)を

失う「自己喪失の不安」


自律と生産性を失うことで生じる「無価値、依存・無意味」

これらをわが子は抱えています。

ですから、自己信頼感を高めるはたらきかけが必要なのです。




具体的には、認める(関心をはらう)ほめる労う慰める励ますを実践しましょう。

自己信頼ができていない人ほど、ほめ言葉を使わず、愚痴や悪口、言い訳が多いのです。

自分がうまくいかないことに言い訳をしていても、人生は好転しません。

自分も誰かのために、何かのために役に立っている、価値を創造しているという生産性

自分の存在に価値を与えてくれます。




わが子の個性を活かしていくという姿勢が大切です。

敬意をもって敬畏していきましょう。

敬いは、慎み相手を尊重することです。慎み無くば、慢心から親子の関係を乱用してしまい、

情緒的に混乱をさせ、わが子はご乱心となります。

加えて支配被支配といった誤った人間関係の基礎を作ってしまいます。

わが子の関心に関心をもち、「自分らしさ」を発見できるように写し鏡になり得てこそ、

信頼に基づく他者との架け橋を築けるようになります。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~親が自らもつ責任②


子どもたちは、安心を求め危険を冒してきました。

自身の人生を葬り、親の使命を背負うといった危険を冒してきたのです。

背負いきれなくなった時、反逆または許しを請う意味で自分の世界に閉じこもります。




現実から目をそらさずに受容できた家庭では、本音のぶつかりあいの後、

それぞれが家族の安寧を願っていたことに気づくことができ、分かり合い、

ねじれた絆がほころび、心が解け合ってゆきます。




親子、兄弟姉妹が一つになって眼前の問題に取り組む時、家族の蘇生力が発動します。

それは凛とした潔さ、清々しささえ感じます。

傷つくことを恐れずにわが子に向き合ってください。

防衛は、現実を見失うといった大きな代償をはらうことになります。

わが子がしたこと、その結果(不始末)からわが子をかくまうことは避けなければ

なりません。

子ども自身が成長のために担わなければならない責任を取り上げてしまっては、

一人前には育ちません。

親自身が一切の葛藤を回避し、わが子の〈苦痛を避けるふるまい〉を許すということは、

自立を阻害(障碍)してしまうことになります







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~アディクション・アプローチ


ひきこもり現象は、アディクション(嗜癖)の一形態です。

〈家族の絆〉という関係性の歪みの自己治療という意味あいがあるのです。

「個」としての問題と捉えるのではなく、関係性の中から見ていく必要があります。




自己喪失の痛みは、感情を鈍麻させることを覚え、退屈さを招き、刺激を求め

ゲームなどに執着します。

また、愛されることを必要とする子と、必要とされることを必要とする親との

間に共依存関係が構築され、子は世話をさせることで見捨てられていないという

安心を渇望し、親は頼られ続けることで不安を解消しようと、過度な世話やき

(イネーブリング)
に執着します。

いずれもすり替え充足で、手段の目的化であり、強迫的反復行動として事態を

継続させてしまいます。

親もまた当事者であるという前提認識が重要です。




教示し諭す「指導」と、気づきを与える「支援」を行っていくに際し、親による

責任の肩代わり(尻拭い)があれば、現実に直面する機会をわが子から奪いメタ認知

(客観的自己認識)
が育たず、話がまったく通らなくなってしまいます。

「8050問題」を防ぐためには、当事者意識をもてぬ親たちが起こしている事態で

あるというに認識が最も必要なのです。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~苦悩のプロセス


苦悩によってひき起こされる「痛み」は不快なだけでなく、「弱さ」として

恥ずべきものとして感じられ、蔑視し憎みます。

だから、人はそれを隠そうとするのです。




事態からの逃避、痛みの回避のために、注意をどこか他にそらせて、何かの行動

の中に逃げ込もうという衝動がわき起こります。

状況を改善するために、なんら直接的妥当性をもたないような行動をすることで、

不安や恐れといった感情を追い払おうとします。

例えば、ひきこもり者本人であればゲームやインターネット、親であれば、地域の

ボランティア活動や仕事に一生懸命になったり、中には宗教活動や他人の世話事に

奔走しているケースもあります。




そのような行動は自己強化的で、すみやかに強迫的なパターンになってしまいます。

注意をそこからそらしてくれるものにしがみつくことが、強迫的習癖的

行動パターンを生み出していきます。

それがまた新たな苦悩を生じさせてしまうのです。




自分を囚われからはずすプロセスは、状況が引き起こす直接的な痛みに直面

しなければならないだけでなく、習癖的なパターンをつくるように仕向けそれを

維持するようにさせている激しい欲望に気づくことが必要なのです。

ありのままに自己観察する。

否認は、正直さ素直さを奪います。

事実に対して謙虚になり、自身の心がまえ姿勢態度が変わらなければ、

事態の改善は何も見込めないことに気づくべきです。

現実を直視し、事態を理解していくことが重要です。

不安や恐怖は目をそらし分からないでいるから生じるのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~親に起こること


親は最初期、なんとかわが子を動かそうとし働きかけるも、反発され挫折し、

失敗に終わる。そうなると、今度は周囲に知られることを避け、状況を取り繕う

ようになります。




部屋の中のわが子の状態に意識が向き、そこに囚われが生じます。

ひきこもりは、自分を蔑ろにする〈緩慢な自傷行為〉とも言えます。

当然、行く末を思い、心配を募らせていきます。

そうなると、わが子のと言うよりも、自分自身の不安な気持ちを払拭するために

本人が取るべき責任の肩代わりをし始めたり、しでかした後の、後片づけ後始末

をしてしまいます。それでもその状態が続けば、怒りも出てきます。

平常を装おうと、「いつか気づくはず」と自分に言い聞かせ、「家の事を手伝って

くれているし」「頼まれごともしてくれているし」「外出するときだってあるし」
と、

現実に気づいていることを隠し、本当は自分がどう感じているかを誤魔化し否認します。




親が被る最も深刻な傷みは、

「恐らく自分のどこかが間違っていた」

「もう何も言える資格などない」

「まったく信頼されていない」

「自分にはわが子を動かす力がない」
といった自虐的な思いと自責の念です。

しかし、親自身が無力を覚り、囚われ心配怒り否認自責を見つめること

を学び、自分を変えていくことで、事態が大きく動いていきます。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~新たな価値観②


「頑固な自我」を捨てることは「思う通りになる」といったコントロール幻想

捨てることにも通じます。

わが子のために良かれと思ってとってきた行為が、人格形成に影響を与え、

ストレスに対しての脆弱性を招いてしまいました。




「愛は盲目」とも申しますが、「良かれ」という愛情と思っていたものが

実は「執着」であったのかも知れません。

真の愛情ではなく「執着」である場合は、必ずそこに条件がつけられています。

親の期待、都合にそっているときにのみ賞賛や労いを与えるといった場合です。




執着には敬い(慎み)がありません。

すると、わが子の個性天分を無視し、コントロール(強制、支配)しようと

してしまいます。

わが子を思いどおりにしようとしていませんでしたか?




親が子に寄せる期待は、自分の子としてこうなってほしい。

自分が果たせなかった夢を果たしてほしい。

といったものになってしまいやすいのです。

しかし、子どもが親に望む期待とは、

ありのままの自分に期待してほしい。

個性の可能性に期待してほしい。


というものです。

わが子にかける期待は、親の都合で望みをかけるものではありません。




私無き心が親心です。

ありのままでは愛されなかった子どもたちは、自己評価が著しく低く、

自分の存在が価値のないものと思い込んでしまいます。

ありのままの本来の姿に養い育てることが、子育ての本義です。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~親としての発達②


子育ての機会は、それを通して自身が成長できる自己研鑽のまたとない機会

でもあります。

実は、親としての「原体験」は、幼少の時から蓄積されているのです。

自身の親とどういう関係性をもっていたかなど、将来どんな親になるのかを

左右する能力の芽
が育まれ始めていると言われています。




子どもへの愛情と養育行動の原点は、養護性です。

養護性とは、「相手の健全な発達を促進するための共感性と技能」です。

可愛がりたい、力になってあげたいという心性です。

この養護性の発達の芽が幼児期にあるとされているのです。

親としての準備期(レディネス)となるわけです。

わが子にどう関わったか。どうしてそういう関わり方をしたのかを知るために、

「原家族」としての自身の幼児期の家庭環境を振り返ってみましょう。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~親としての発達①


充実した生活を送れ、幸福だと感じられる主観的な幸福感(ウェル・ビーイング)と、

精神的健康の基盤となるのが、日々成長しているという実感、成長・発達感です。

これまでより今の自分の方がより好ましく、日々新しい発見があって成長している

という感覚がその源泉となります。

したがって、常に向上心をもって毎日次の言葉で宣言すると良いでしょう。

『私は日毎に、あらゆる面で、どんどん善くなっていきます』




親もまた、子どもの発達段階に応じて、発達していく「存在」だということを認識

しておくことが大切です。

〈親になる〉ことよりも、〈親である〉〈親をする〉ことの方が難しいのです。

妊娠し、健康に出産するまでの間は、自然の生命力が臍の緒を通して胎児に必要な

酸素や栄養を自動的に運んでくれます。

しかし、出産してからは、健康に育てあげるために、すべて考え、判断し、必要な

ものを与え続けなければなりません。

育てたように子は育つのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

in大牟田
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


12345

« 不登校 | メインページ | アーカイブ | 家族問題 »

このページのトップへ