• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > 家庭問題

解決支援者の現場日記 家庭問題

ひきこもり(不登校)~重要なのは心がまえ


行動変革のためには、取り組む姿勢が先ず大事です。

意識の立て直しをはかります。

気づきを得るために常にそれを意識し、方向性をもたせることです。

心をどちらへ向けて、何を心がけ、どういう心がまえで行っていくか。




心の姿勢が、態度となって現れます。

日常の生活態度が、行動変革に向けた態度になっているかを点検しましょう。

態度がなっていなければ、行動は変わりません。

本気で現状の改善をしていこうと思っていますか?

日々、改善していくための取り組みを何かやっていますか?

昨日と同じただの日常が、繰り返されていませんか?

わが子が部屋にいることが、当たり前になってしまっていませんか?




意識に主体的な方向性をもたせたのが意志(=心指し)です。

(目標)に向かって、成長上達を心がけて、「お蔭さまで、ありがとうございます」の心がまえで、

「日々是れ新たなり」で一日一日を過ごしましょう。

心が過去に向き、回避を繰り返し、「今さらムリ」「どうせダメ」といった態度では、行動変革、

現状の改善は見込めません。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~赦しと和解


問題自体に感謝すると共に、自分を責めず自分を赦します。

ただ、「赦し」責任回避のために自己正当化することではなく、未熟だったことを認め、

情状酌量とすることです。

そして、自己と和解します。

自分を責め、敵にまわしていた自分と和解し、自己信頼を取り戻していきます。

そのうえで、適切に問題に対処していきます。




自分を赦せれば、人を赦せます。

「清濁併せ呑む」の心境で、寛容さをもちましょう。

前回述べた自己洗浄は、自己研磨です。磨かれ成長していきます。

感謝し、向上心をもって人に役立つ行為を積極的に行い、感謝されることで「赦せない心」を減らす

ことができます。

感謝が少ない人ほど、不平・不満が多いものです。

困難こそ自分を磨いてくれるのですから、「難有り、有り難し」で、難事を成長、進歩、発展、向上

好機にしましょう。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~すべてに敬意をもつ


感謝の大切さについては、先の「レジリアンシーの育成」でも述べましたが、感謝の心を自然にもてる

ためには、人・物・事すべてに“敬意”をもつことです。

「敬意をもつ」とは、慎みをもって、その対象を“大事”にしていくことです。

丁寧に関わり大切にしましょう。

こちらが大切にすれば、相手もこちらを大切にしてくれます。




わが子を愛情もって育ててきたことと思いますが、敬意をもって関わっておられたかを振り返って

みてください。

わが子の尊厳性に対しての慎みがありましたか?

「この子のためを思ってのことだから」と正当化し、自分の都合、期待を押しつけていませんでしたか?




物に対しても大切に取り扱えば、長く働いて(役立って)くれることでこちらを大切にしてくれる

わけですし、出来事に敬意をもつというのは、丁寧に向き合い、目をそらさず、受容するということです。

すると多くの学びの機会を提供してくれて成長させてくれるという形で、自分を大切にしてくれます。

縁を大切にすれば、人間関係がより良くなります。

時間を大切にすると、タイミングが良くなって、チャンス(好機)が増えてきます。

ツキを呼び込むために大切なことは、笑顔朗らかさです。

これらのことを、そのままわが子へ伝えられるよう、先ず手本を示していきましょう。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~気づきの変化


自身が成長するためにも、問題を解決するためにも、必要なことは“気づき”です。

気づきは、人生経験や知識、自分の置かれた環境、すべての感覚の総和です。

決断や行動はすべて、現時点での気づきのレベルに基づいています。

気づきのレベルの高低差は、見える内容が違うということです。

平地では見えないものが、高台に登って見ると広く見渡せますね。

見えるもの、認識が違えば、行動も変わってきます。




考え方価値観は、気づきが変化しない限り変えることができません。

人間は、自分自身で意識的に変わろうとしなければ変化しません。

その変化が自分にとって有益だということに気づかない限り、自分の習慣を永続的には

変えられません。

つまり、気づきが変わらなければ、向上はありえないのです。




不登校、ひきこもりは、日を追うごとにマンネリ化していき、そうあるのが当たり前となって

しまいます。

通常化するのです。

危険なことは、通常正常とは限らず、現状は異常が通常化してしまっているということに気づいて

いないことです。





親子で長期にわたり会話がないのは、健全ではありません。

挨拶もしない、顔も見ないのであればなおさらです。

年齢相応の対外的な社会生活を送っていないのも、決して普通の状態ではないのです。

異常事態です。

それを見過ごしていることもです。

気づいてください。

向上心をもって、高台へ登り(自己成長させ)、気づきのレベルを上げていきましょう。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~自分をゆるす


事態の解決を妨げるものに、自分を責めるということがあります。

子は、あらゆることから逃げる自分をふがいないと責め、親は、わが子から背を向けられ無力な

自分を責めています。




罪悪感は、心を麻痺させ、受け身で無力にし、変わる勇気を与えません。

罪悪感は、過去の囚われ人となし、自由を奪います。

また、罪悪感の怖いところは、自分の心を偽り、ごまかしてしまうことです。

どういうことでしょう?




罪悪感があれば、良心反省心をもっているという自分を確認できます。

自分をわずかながら肯定化できる材料をそこに求めるのです。

罪悪感を抱くことによって、自分が負うべき責任から逃れようとしていませんか?

「私には、親としてこの子に何か言える資格も、関わる資格も何もない」と、やり直すことへの

ためらいをごまかしていませんか?




裁くのではなく、客観視して必要な修正をすることを自分に許してください。

 過ちを振り返り、そこに表れている行動の癖を探し、学び、絶えず行動を修正し、もう二度と

同じ過ちを繰り返さないと固く決意することが大切です。

行動が改まらなければ、自己不信感がより強まります。

罪悪感から自由になることが、平安になるための必要条件なのです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~真価が問われるその対応


不登校、ひきこもりが、ほどなく解決するか、いたずらに時間を経過させ、親亡き後の行く末を不安視

しなければならなくなるかは、その対応によります。

起こってしまったことに対して、どう向き合い、いかに働きかけるかです。

予想だにしていなかったことが、現実に起こってしまいました。

わが子にどういう態度で接しますか?

わが家で起こっていることに、どういう姿勢で臨みますか?




予想していないということは、当たり前ですが以前から予防していません。

ですから、何が起こってしまっているのかが分からない状態だということです。

単に学校に行きたがらないとか、働かないの問題ではありません。

額面通り受け取り、困った事態をいきなり変えよう(無くそう)とするのではなく、事態に対しての関わり方

から見直してしていかなければなりません。

起こっていることが分かっていないのですから。

状況の再評価をしていきます。

「困ったなあ」ではなく、「この子は何を悩み、何に困ってしまっているのだろう?」であり、また、

「自分自身が、何を変えていかなければならないだろうか。自分や家族にとって、このことが意味するものは

何だろうか?」
といった、視点の転換が必要です。

つまり、自分自身の問題として受けとめなければなりません。

そうすれば、ただわが子の動きを待つということを防げます。




起こった出来事が、自分の価値を決定するわけでもありませんし、これからを決定するのでもありません。

出来事そのものではなく、それに対する自身の対応が、存在、役割の価値を決定し、期待するこれからを

もたらすのです。
 
あらゆる問題は、ポジティブな視点から観察することがコツです。

前回述べたレジリアンシーを活かし、全てを成長・進化のための学びと受け止めることです。

世代伝播世代間連鎖してきたものを絶ち、家族を進化させていきましょう。




何を親から受け継いできましたか?

そして何をわが子に受け継がせてしまいましたか?

自分がされて嫌だったことをわが子にもしてしまっていませんでしたか?

嫌だったからこそ、逆に真反対のことをし過ぎていませんでしたか?

与えられなかったから、与え過ぎたとか。

要は、引き継いできたもので、良くない習慣があれば、それは自分の代で終わらせましょう。

責任転嫁の習慣はありませんでしたか?




全てにありがたみを見い出し、より良くなるために活かしていくことが、人生の醍醐味(味わい)

というものです。

私たちには自由意志というものがあります。

「嘆きの人生」にするも「味わいの人生」にするも選択は自由なのですから、問題にも敬意

もって向きあい、わが子の日常からの逸脱行動から、しっかりとメッセージを受け止め、感謝し、

わが家を進化、発展させていきましょう。

感謝は、過去の出来事をポジティブに思い出す助けであり、また未来を楽観的に見る助けにもなります。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~親子が共に抱えること


ひきこもり問題は、実は親子で共通の問題を抱えています。

それは、避けている課題を行うことで自尊心が傷つくことを怖れていることです。       

やるべきことが見えたとしても、それを行うことでの結果をどうしても悲観的にしか想像できず、

踏みとどまってしまっています。




例えば、わが子に前に進むように促しても、反発されたらどうしようとか、子どもの方は、

行動を起こして失敗したらまた恥ずかしい思いをしてしまうとか。

お互い現状への不満より、それを改善するための取り組みへの不安の方が、はるかに大きいのです。

ですから、想定している成り行き(破滅的)や失敗への怖れからくる慣性(マンネリ化=あたりまえ)”

いかに戦うかが、改善にとって重要になってくるのです。 




そのためには、脆弱であるストレス(欲求不満)耐性を強化していく必要があります。

具体的には、レジリアンシー(心の柔軟性)を養っていきます。

よく「心が弱い」という言葉を聞きますが、心が強い人なんているのでしょうか?

心は、もろくて傷つきやすいものです。

ストレスに対して脆弱なのは、心が弱いからよりも、「固い」からです。

心は、剛柔で考えた方がよいのです。

心に柔軟性がない、つまり、頑なで、寛容性もなく、融通がきかないから、結果傷つく機会が

多くなるのです。

ゴムまりのように弾力性があれば、ストレスを吸収したり、跳ね返したりができるわけです。




レジリアンシーを身につけるためには、負荷(ストレス、痛み)は必ずしも傷つきではないという認識を

もつ必要があります。

善玉ストレスというもがあり、それはかえって人格の陶冶切磋琢磨になります。

つまり、成長を助けるのです。

ひきこもり者たちも“成長”させることで、人や社会へより貢献(役立ち)できるようになっていける

のですから、親子で同じ思いでいるということを自覚し、先ずは親がその見本を示すべきです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~共依存から共育へ


不登校、ひきこもりに限らず、そのことが起こるのには、必ず原因があります。

つまり、「起こるべくして起こっている」ということです。

必然であり、「たまたま」」といったような、決して偶然生じたものではないのです。

これはまた、解決するためにはそうなる原因をつくればいいということでもあります。

状況の変化がままならず、長期化が進んでいるのは、解決のための原因つくりができていないから

だけなのです。




最も根本的で、最重要なことは、親が自身の問題として捉えていないことです。

ひきこもっているわが子自身の問題であり、意欲のなさに困らされている身であるという意識が強いのです。

基本私たち親は、良くも悪くも「育てたように子は育つ」を意識から外してはなりません。

いかなる信念があったにせよ、事実の前に謙虚になり、真摯に向きあう姿勢が大切です。

事実が何よりもすべてを物語っているのですから。




自身の問題と捉えてなければ、愚痴や文句を言いながら、わが子が動き出すのをただじっと待つだけです。

これでは、動けないでいるわが子に依存していることになります。

主体性といったものがありません。

これは、自分の問題から目を背け、環境が自然と自分の都合に合わせて変わってくれるのをただ待っている

だけの、まさにひきこもっているわが子のありようと何ら変わりません。

だからこそと言いますか、互いが状況の改善、ことの解決を相手に頼ってしまっていることに気づけず、

共依存(人間関係依存)」になってしまい時間ばかりが経過していくのです。

私がかねてより「ひきこもりは、親子の共同作業」と言っている意味が、ここに一つあります。

親子で問題を共有し、共に成長していく「共育」が、解決のための要となってくるのです。







※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


ひきこもり(不登校)~安心できない環境


これまで述べた自尊心自己信頼感を育てるためには、安全安定安心な家庭を築くことが必要です。

〈安全〉のためには、立場(関係性)の乱用に注意することです。

親子という関係性では、どうしても子は親の言うことを聞かなければならない状況の方が多くなります。

その関係性を親が乱用してしまうと、子どもは混乱を起こしてしまい、結果ご乱心状態となってしまいます。
 
「良かれ」は、「あなたのために」を錦の御旗として子どもを支配します。

子どもの尊厳性は疎んじられ、「わが子のためだもの、傷つけても仕方ない」という自分に対しての

免罪符となってしまいます。

これは安全を脅かし、常に緊張をわが子に強いることになります。




〈安定〉に関しては、親の情緒不安定一貫性の無さ親の都合の優先が、不公平感や緊張感を

わが子に与えます。

不健康で過剰なコントロール責任によるコントロールが、見捨てられる恐怖と逆に飲み込まれる恐怖

の間で〈安心〉できず常に揺れ動きます。

コントロールとは、支配的な関わりのことです。

責任によるコントロールとは、「親の心配や困惑は自分のせいだ」と思わせてしまう無用な罪悪感を与え、

言うことを聞かせるものです。

子どもは、言うことを聞いておかないと親から愛されず見捨てられてしまうのではないかと不安に

なりますし、聞いたら聞いたで、親の都合、人生に、飲み込まれてしまうのではという恐怖感も

生じてしまいます。




こうした安全、安定、安心を欠いた環境の中では、自尊心や自己信頼感は決して育つことはないのです。








※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~子を映し出す鏡


自尊心自己信頼感を育てるためのわが子への関わり方について述べてみましょう。

親は、わが子の「私らしさ」を育てる“鏡”になることが大切です。

ありのままを映し出すことです。

ありのままでなければ、「私らしさ」は育ちません。




ありのままは、親の期待、望みに合わせたものではなくということです。

子どもは、それぞれの特性個性をもっています。

独自性です。

それを活かして生きていくことで、自分らしい人生を創っていけます。

親の期待に応えるために生まれてきたわけではありません。




鏡は、〈水鏡〉で考えてみてください。

風ひとつなく水面が揺らいでいなければ、周りの景色をそのまま映し出しますね。

波打つと、映る景色はゆがみます。

親がわが子に対しての葛藤やわだかまりを抱いたままだと、子どもの前で穏やかでいられません。

わが子のありのままを認める

勝手な期待をかけず、短所(改善点)も含めて丸ごと愛す。

それがまこと(誠、真)の愛情です。

条件つきの愛情では、「私らしさ」の否定となります。

「条件つきの愛情」とは、親の期待に応えた時だけ、褒めたり、優しくしたりすることです。

常に敬意をもって、適切に関心をはらうことが大切です。

尊重し、条件抜きで可能性を信じることです。




「私らしさ」を自覚できなければ、自分の欲求も分からず、感情も出せなくなります。

それが、他者とのコミュニケーションに不具合を生じさせていくのです。

わが子に妙な条件をつけ、親が心をざわつかせれば、わが子のありのままを映し出せなくなり、

子どもは自分を尊べなくなるのです。

(続く)







※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

1234567891011

« 不登校 | メインページ | アーカイブ | 家族問題 »

このページのトップへ