• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > トラウマ

解決支援者の現場日記 トラウマ

ひきこもり(不登校)~手段の目的化


わが子のこれまでを招いたものは、自尊心自己信頼感の欠如による自己喪失からの空虚感です。

寂しさであり、虚しさ、味気無さです。

そいった心の隙間に入ってきたものが、気をそらすためにすり替えられたその場しのぎの満足感です。

それがゲームやインターネットです。

すり替えられた欲求は、紛らわしであり本心から求めているものではありませんので、決して満たされる

ことはなく、したがって延々とその行為が繰り返されます。

それを「反復強迫」と言います。




空虚という痛みを抑えるための「手段」として行っているのですが、その行為がいつのまにか「目的」

なってしまいそこから離れられなくなってしまいます。

この「手段の目的化」が、さらなる苦悩を招いてしまうのです。




「わかっちゃいるけどやめられない」という無限ループの闇です。





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~親子共通の課題


避けている課題を行うことで自尊心が傷つくことを怖れていませんか?        

背を向けるわが子を前にして自尊感情がズタズタになってしまっていることも少なくありません。

ですから、これ以上傷つくことを怖れてしまいがちです。

であるからこそ、想定している成り行き(破滅的)や失敗への怖れからくる“慣性(マンネリ化=あたりまえ)”

いかに戦うかが重要な課題となるのです。




このままでは、長期戦となるひきこもり脱出までのわが子の支えとなることが出来ません。

目の前に起こっている現実をどう受け容れていけばよいのか、さらには、解決までの長い道のりをくじけそうに

なる気持ちを立て直しながら、維持していけるための、問題に向き合う姿勢・態度を学んでいくことが大事に

なってきます。

実は方法論以上に最も大事なことは、この姿勢・態度であり、その方法が功を奏するか否かも決定するのです。

事態の変化、改善だけを求めるのではなく、自身の生き方の改良を心がけましょう。

事態が、その必要性こそを教えてくれているのですから。





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。




新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~成長のための課題③


トラウマに対する抵抗性にレジリアンシーという概念があります。

レジリアンシーとは、心の弾力性です。

レジリアンシーが高い人ほどストレス耐性が強く、そういった人たちの特徴にあげられているのが、

「自らの運命に積極的で、強引にでもその意味を見出し、打開に向けて取り組む」つまり、

運命を享受できるというものなのです。




私たちは、日常性が破れた時に「なぜ、私が?」という問いに悩まされます。

そういった際に“運命”というものを初めて意識させられるのではないでしょうか。

わが子に起こっていることは、まさに私(自分自身)の子どもに起こっていることですから、

自分の身に起こっていることです。

「運命」は「さだめ」と読みますが、前回のブログで述べたように、人生に降りかかってくる

 諸問題は、自分が成長し、自分らしく生きていけるために必要なこととして、偶然ではなく

 必然的に起こったと認識してみましょう。

それが運命の享受です。




「投げ込まれた世界」の中に「望むところだ!」という心意気で改めて自身で投げ入れ、

自己変革(エンパワメント)のための課題を卒業していきましょう。

エンパワメントとは、夢や希望を与え、勇気づけ、本来もっているすばらしい、生きる力を

 湧き出させることです。

わが子に対しても、エンパワメントが必要なのですよ。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~成長のための課題②


自分の身に起こる出来事は、すべて偶然に起こったことであるというとらえ方は、思考の放棄(停止)です。

人生に降りかかってくる諸問題が、自分が成長し、自分らしく生きていけるために必要なこととして

必然的に起こったとすれば、「なぜ必要だったのか?どのような意味があるのか?」という問いが生まれます。

わが子の今を前にして、そこから自分に向けられているメッセージを読み取ってください。




抵抗(反抗)から苦悩が生まれます。

ありのままに受け入れる。自分のこととして引き受けるということでこそ、事態に変革を起こすことが

できます。

現状、経験を受け入れるということは、それに納得することではなく、その経験を通して自分にとって

必要なことを学ぶ
ということです。

自分の人生に責任をもちましょう。

人は人生を絶えず創っており、自らの判断や決定、行動が引き起こすあらゆる結果を引き受けなければ

なりません。

より良い人生や行動の原因をつくることに責任をもつ。自分の回復や成長に責任をもつことが重要な

最初のステップです。




『人間は、人生からの問いに正しい答えを与える責任がある。ある人生の状況の真の意味を見出す

ことに責任がある』
(実存心理学)とも示されています。

その意味を見出せるためには、現在行っていることと、過去に起こったこととの関連性に気づくことで

見えてきます。

意味はそこにあるのではなく、自身が付与するものです。

自分にとって、それが「気づき」のきっかけとなり、価値や意義あるものとなります。

過去はすべて、これからを創る教訓とするのです。

その意味を理解するための葛藤(もがき)を通して、成長は確固たるものになります。




現状の世界観が、心の垣根(境界、限界)となります。

自分が生きる世界を変化させるためには、言葉と新たな概念の習得によって、現状の解釈をし直すこと

が必要です。

私たちは、価値観によって解釈し、言葉と概念によって説明(物語を語る)するのです。

人生の意味は、常に進行中であり、固定的なものではありません。

常に新しい意味づけを行い、新しい価値を見出し、自分自身や人生における最終ゴールについての考え方を

より良く変えていきましょう。

「親が変われば子は変わる」と巷間よく聞かれますが、何を変えればいいのかが分からないまま、

変われないでいる親も少なくありません。

すべてをありのままに受け入れ、人生からの問いかけから逃げない自分に変わっていきましょう。







※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~自尊心の取り戻し④


親としての存在意義(価値)とは何でしょうか?

それは、育てる成長させていくということでしょう。

それは、その危機に遭遇した際は、守り、安全を確保するということも含みます。




引きこもり者たちは、セルフネグレクト(育自放棄)の状態です。

自堕落な生き方によって、自身の成長を阻んでいる状態です。

この状態にクサビを打ち、これ以上の進行を抑え、現実から逃げず、果敢にわが子との対峙を行い、

成長に導いてこそ、親としての自尊心が取り戻せるのです。

改める勇気こそが自己を支えてくれるのです。




この改める勇気は、ひきこもるわが子にも必要なことです。

現実から目を背け、誰もが自分に期待をかけぬほどに自分を落とし込み、社会参加を免れ、責任を回避

しようとしているままでは、自尊心などもてません。

改める勇気の手本を親が示し、わが子を救い上げてください。





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~自尊心の取り戻し②


自尊心が打ち砕かれるのは、過去の失敗によるものが大きいですね。

その誤りや過ちをぬぐい去れないことが自尊心の回復を困難にしています。

親にとって、わが子から背を向けられ、何らの促しも聞き入れられない状態があれば、それこそ、

親としての存在価値を否定された思いになるものです。

過ぎた自責の念は、過剰な罪悪感を招き、自分を裁き、贖いを始めます。

贖いは、自分に罰を与えます。罰ですから、楽や喜びであってはならないわけです。

一生面倒をみる。使役されることで自身から自由を奪うという罰をあたえるわけです。

これが「8050問題」を招く本質的原因です。




失敗しない人間などいるでしょうか?

自分を「赦す心」をもちましょう。

自分をいたずらに断罪する暇があったら、しでかしたことの後始末をすることに、よりエネルギー

を向けてください。

「自分を赦す」ということは、やり直し出直しの機会を自分に与えることです。




大切なことは、失敗に対して、どう向き合い、どう対処していけるかです。

「良かれ」と思い、懸命にわが子を育ててきました。

それでも目の前の現実に謙虚になり、反省し、誤りは誤りとして認め、悔い改めていく

姿勢が何よりも大切なのです。

それがあってこそ、成長していけます。

成長の機会を与えられたことに感謝し、誤りを認め、非を詫び、積極的に行動を改めていける。

この姿勢が、無意味に恥じいることを防ぎ、親の自尊心の回復につながるのです。

そしてもちろん、わが子のひきこもりの解決にもつながるのです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~自尊心の取り戻し①


ひきこもり者たちは、自分を大事にすることを教わっていません。

ですから、自分を大事にすることを促していくことが必要です。

それは執着することではなく、自身の存在意義(価値)に確信をもって、自分自身を自分自身として、

そのまま受け入れられ、自愛をもって自分を大切にすることです。

それが自尊心です。




ひきこもり者たちは、本来の自分を見失い(自己喪失)「自己」に飢えている(虚無感)と今だけの自分

執着しています。

それは自己愛です。

虚しさは寂しさを招き、孤独感恐怖感を強めます。

すると自分の見解に関連するものだけに自分の行動と興味を制限していき、「自分だけで事足りている」

という錯覚から、さらに孤立に陥ります。

これが、ゲームやインターネットにのめり込んでいる状態であり、周囲の声が全く耳に入らない訳です。




心の渇き(渇愛)は、自己を充足させていくことで潤っていきます。

ゲームやインターネットで時間をつぶすことは、充足感充実感は得られません。

だから、いつまでも心は潤わないので手放すことができず、永遠に無為な行動を繰り返していくのです。

自身の可能性に期待感をもてるような働きかけを家族がしていかない限り、自分を粗末に扱うことを

やめないでしょう。





※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~自分をゆるす


事態の解決を妨げるものに、自分を責めるということがあります。

子は、あらゆることから逃げる自分をふがいないと責め、親は、わが子から背を向けられ無力な

自分を責めています。




罪悪感は、心を麻痺させ、受け身で無力にし、変わる勇気を与えません。

罪悪感は、過去の囚われ人となし、自由を奪います。

また、罪悪感の怖いところは、自分の心を偽り、ごまかしてしまうことです。

どういうことでしょう?




罪悪感があれば、良心反省心をもっているという自分を確認できます。

自分をわずかながら肯定化できる材料をそこに求めるのです。

罪悪感を抱くことによって、自分が負うべき責任から逃れようとしていませんか?

「私には、親としてこの子に何か言える資格も、関わる資格も何もない」と、やり直すことへの

ためらいをごまかしていませんか?




裁くのではなく、客観視して必要な修正をすることを自分に許してください。

 過ちを振り返り、そこに表れている行動の癖を探し、学び、絶えず行動を修正し、もう二度と

同じ過ちを繰り返さないと固く決意することが大切です。

行動が改まらなければ、自己不信感がより強まります。

罪悪感から自由になることが、平安になるための必要条件なのです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~受容の大切さ


あると認めていない問題は、解決することができません。

何か困った事態があれば、そこに何らかのそのままにはしておけない「問題」というものが

あるはずです。

ですから、その問題を自身が抱えているということを認識しなければ解決出来ようはずもありません。

支援の中で、「質問は?」と尋ねると、「大丈夫です」

「問題は?」と聞くと、「ありません」と返ってくることが少なくありません。




自分で認めていない恐れは、克服することができません。

誰しも、不安、怯えというものは抱えるものです。

ですが、それにつぶされないようにと平気をよそおうことがあります。

怯えている自分を認めないかぎり、その対象から意識をそらし、しっかり見ようとせず、結果

それを克服することは叶いません。




感じていることを認めない苦痛は、癒すことができません。

痛みをそのまま認めるからこそ、それを癒せるための手立てを自分に施そうとします。

痛みを弱さ、恥と捉えれば、それを隠そうとしてしまいがちです。

ごまかしていった極端な例が、過労死です。




自分がもっていないと言い張る傾向は、変えることができません。

「頑固ですね」「いーや、俺は頑固なんかじゃない」

直りません(笑)。




自分がやったと認めない行動に対して、自分を赦すことはできません。

自分でも気づいている誤り、過ちに対して謙虚に向きあいそれを認めなければ、逃げるよりも自分を

責め続けます。

自分を縛っている悔恨の鎖をほどき、自分にやり直しを許してあげましょう。

やり直していかないかぎり、事態の改善は見込めませんし、迷惑、損害を与えた相手からも赦しては

もらえません。




何事もより良くしていくためには、現実を認め、受け入れることからです。

不登校、ひきこもりの長期化は、その「受容」ができていないからです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

ひきこもり(不登校)~親子が共に抱えること


ひきこもり問題は、実は親子で共通の問題を抱えています。

それは、避けている課題を行うことで自尊心が傷つくことを怖れていることです。       

やるべきことが見えたとしても、それを行うことでの結果をどうしても悲観的にしか想像できず、

踏みとどまってしまっています。




例えば、わが子に前に進むように促しても、反発されたらどうしようとか、子どもの方は、

行動を起こして失敗したらまた恥ずかしい思いをしてしまうとか。

お互い現状への不満より、それを改善するための取り組みへの不安の方が、はるかに大きいのです。

ですから、想定している成り行き(破滅的)や失敗への怖れからくる慣性(マンネリ化=あたりまえ)”

いかに戦うかが、改善にとって重要になってくるのです。 




そのためには、脆弱であるストレス(欲求不満)耐性を強化していく必要があります。

具体的には、レジリアンシー(心の柔軟性)を養っていきます。

よく「心が弱い」という言葉を聞きますが、心が強い人なんているのでしょうか?

心は、もろくて傷つきやすいものです。

ストレスに対して脆弱なのは、心が弱いからよりも、「固い」からです。

心は、剛柔で考えた方がよいのです。

心に柔軟性がない、つまり、頑なで、寛容性もなく、融通がきかないから、結果傷つく機会が

多くなるのです。

ゴムまりのように弾力性があれば、ストレスを吸収したり、跳ね返したりができるわけです。




レジリアンシーを身につけるためには、負荷(ストレス、痛み)は必ずしも傷つきではないという認識を

もつ必要があります。

善玉ストレスというもがあり、それはかえって人格の陶冶切磋琢磨になります。

つまり、成長を助けるのです。

ひきこもり者たちも“成長”させることで、人や社会へより貢献(役立ち)できるようになっていける

のですから、親子で同じ思いでいるということを自覚し、先ずは親がその見本を示すべきです。






※現在、オンラインでの無料相談も承っております。(スマホ、タブレット可)
お申込み、お問い合わせは、メールでどうぞ。



新プロジェクト〈OKAGESAMA fellowship〉開始!
これまでの、かえって長期化を招いてしまっている家族会や居場所とは
違う当事者家族にとって本当に必要な「行き場」の提供です。



行動する親たちの学び場です。

地域の当事者家族会に参加して落胆している方、ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


不登校・ひきこもりオンライン家族会

「たらちねオンライン」始動!
毎回、解決実践家による講習が受講できます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachineonline



メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

https://www.mag2.com/m/0000282169.html


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp

1234567891011

« 引きこもり | メインページ | アーカイブ | ニート »

このページのトップへ