• イベント情報
  • トピックス

遠方からのご相談はSkype(スカイプ)でも対応可能です。お気軽にご相談ください。

Skype相談の詳細はこちら

HOME > 解決支援者の現場日記 > アーカイブ > トラウマ > 4ページ目

解決支援者の現場日記 トラウマ 4ページ目

不登校・ひきこもりからの学び~日常を整える


現状の改善のために重要なことは、日常です。

『苟(まこと)に日に新たに、日日に新たに、又た日に新たなり』(大学)

という言葉があります。

今日の行いは昨日よりも新しくよくなり、明日の行いは今日よりも新しく

よくなるように修養に心がけねばならない。


という意味です。




時間をいたずらに経過させる毎日だけは繰り返さないようにしましょう。

過ぎた過去を悔やみ、まだ来ぬ未来を思い悩んでも時間の浪費です。

日々の生活(暮らし)が、現状の改善、自己の成長のために整えられているか

常にチェックしてください。

時間を大切にしないと、時間から大切にしてもらえません。

つまり常にタイミングが合わずチャンスに巡りあえないのです。




『日日是好日』で、「今ここ」を大切に一生懸命生きましょう。

それが改善・解消・解決につながります。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~親が自らもつ責任②


子どもたちは、安心を求め危険を冒してきました。

自身の人生を葬り、親の使命を背負うといった危険を冒してきたのです。

背負いきれなくなった時、反逆または許しを請う意味で自分の世界に閉じこもります。




現実から目をそらさずに受容できた家庭では、本音のぶつかりあいの後、

それぞれが家族の安寧を願っていたことに気づくことができ、分かり合い、

ねじれた絆がほころび、心が解け合ってゆきます。




親子、兄弟姉妹が一つになって眼前の問題に取り組む時、家族の蘇生力が発動します。

それは凛とした潔さ、清々しささえ感じます。

傷つくことを恐れずにわが子に向き合ってください。

防衛は、現実を見失うといった大きな代償をはらうことになります。

わが子がしたこと、その結果(不始末)からわが子をかくまうことは避けなければ

なりません。

子ども自身が成長のために担わなければならない責任を取り上げてしまっては、

一人前には育ちません。

親自身が一切の葛藤を回避し、わが子の〈苦痛を避けるふるまい〉を許すということは、

自立を阻害(障碍)してしまうことになります







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~習慣の枝打ち


わが子と対峙する際、どこに意識を置いて言葉や行動を判断していますか?

もちろんそれは、わが子の“成長”“発展の可能性”ですね。

特に家族が心がけるべきことは、そのための環境を整えていくということです。




お菓子を食べ過ぎる子どもがいたとします。

その際、お菓子がすぐ手に届く状況を用意しますか?

読書の習慣をつけさせたいのに、ゲームをそばに置きますか?




成長に必要なことは、本人の好んでいるものとは限りません。

かえって本人にとって負担に感じることの方が多いでしょう。

そういった際、それを促せば、もちろん不快の表情を露わにします。




「本人がいやがることを無理強いしても」というのをよく聞きますが、

いったい何を大事にしようとしているのでしょう。

これまでの生活形態から、自立に向けての促しは、当事者にとってほとんど

いやがることばかりです。

庭木の剪定に学んでください。枝打ちです。

目的を果たすためには、制約犠牲苦痛は必要なのです。

果実も厳しい冬を越してこそ美味しい実がなります。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~アディクション・アプローチ


ひきこもり現象は、アディクション(嗜癖)の一形態です。

〈家族の絆〉という関係性の歪みの自己治療という意味あいがあるのです。

「個」としての問題と捉えるのではなく、関係性の中から見ていく必要があります。




自己喪失の痛みは、感情を鈍麻させることを覚え、退屈さを招き、刺激を求め

ゲームなどに執着します。

また、愛されることを必要とする子と、必要とされることを必要とする親との

間に共依存関係が構築され、子は世話をさせることで見捨てられていないという

安心を渇望し、親は頼られ続けることで不安を解消しようと、過度な世話やき

(イネーブリング)
に執着します。

いずれもすり替え充足で、手段の目的化であり、強迫的反復行動として事態を

継続させてしまいます。

親もまた当事者であるという前提認識が重要です。




教示し諭す「指導」と、気づきを与える「支援」を行っていくに際し、親による

責任の肩代わり(尻拭い)があれば、現実に直面する機会をわが子から奪いメタ認知

(客観的自己認識)
が育たず、話がまったく通らなくなってしまいます。

「8050問題」を防ぐためには、当事者意識をもてぬ親たちが起こしている事態で

あるというに認識が最も必要なのです。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~本当の支援とは?


不登校、引きこもりは、回避(逃避)行動です。

なぜ、その行動しか選択できなかったのか?




人には、承認欲求というものがあります。

認められたい。関心をもってもらいたい。必要とされたい。愛されたいのです。

自分はそうではないと認識すれば、自己評価が否定的になります。

低い自己評価でしかなければ、相手(周囲)から受け入れられるはずもないとなり、

逃げるしかないのです。

敵と戦って勝てる自信はないのです。

こういった本質的な問題が見落とされ、なおざりにされているがために、

単に復学や就労をゴールにすえる手出しが止まないのです。




支援の指向性として、クリニカル・リカバリーパーソナル・リカバリーという

概念があります。

『クリニカル・リカバリー』は、症状や障害を減らすことを目標としたもので、

状態の克服、病気をより少なくすることに重点を置いています。

『パーソナル・リカバリー』は、人としてより善い生活を送る支援、発見の旅を

支える支援を目指し、希望、社会参加、生きがい、満足または納得できる暮らしの

支援に重点を置いています。アイデンティティの確立を支援します。

当協会の支援は、このパーソナル・リカバリーです。

〈より善く生きていくことの支援(人生支援)〉なのです。




不登校、引きこもり自体が直っても(治るではなく)、そもそもの生き辛さが

そのままであれば、また再び、生きていくうえで遭遇する問題から、逃げ続け

なければなりません。

自己の人生に責任をもたない限り、一生逃げおおせるはずもないのです。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~苦悩のプロセス


苦悩によってひき起こされる「痛み」は不快なだけでなく、「弱さ」として

恥ずべきものとして感じられ、蔑視し憎みます。

だから、人はそれを隠そうとするのです。




事態からの逃避、痛みの回避のために、注意をどこか他にそらせて、何かの行動

の中に逃げ込もうという衝動がわき起こります。

状況を改善するために、なんら直接的妥当性をもたないような行動をすることで、

不安や恐れといった感情を追い払おうとします。

例えば、ひきこもり者本人であればゲームやインターネット、親であれば、地域の

ボランティア活動や仕事に一生懸命になったり、中には宗教活動や他人の世話事に

奔走しているケースもあります。




そのような行動は自己強化的で、すみやかに強迫的なパターンになってしまいます。

注意をそこからそらしてくれるものにしがみつくことが、強迫的習癖的

行動パターンを生み出していきます。

それがまた新たな苦悩を生じさせてしまうのです。




自分を囚われからはずすプロセスは、状況が引き起こす直接的な痛みに直面

しなければならないだけでなく、習癖的なパターンをつくるように仕向けそれを

維持するようにさせている激しい欲望に気づくことが必要なのです。

ありのままに自己観察する。

否認は、正直さ素直さを奪います。

事実に対して謙虚になり、自身の心がまえ姿勢態度が変わらなければ、

事態の改善は何も見込めないことに気づくべきです。

現実を直視し、事態を理解していくことが重要です。

不安や恐怖は目をそらし分からないでいるから生じるのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~親に起こること


親は最初期、なんとかわが子を動かそうとし働きかけるも、反発され挫折し、

失敗に終わる。そうなると、今度は周囲に知られることを避け、状況を取り繕う

ようになります。




部屋の中のわが子の状態に意識が向き、そこに囚われが生じます。

ひきこもりは、自分を蔑ろにする〈緩慢な自傷行為〉とも言えます。

当然、行く末を思い、心配を募らせていきます。

そうなると、わが子のと言うよりも、自分自身の不安な気持ちを払拭するために

本人が取るべき責任の肩代わりをし始めたり、しでかした後の、後片づけ後始末

をしてしまいます。それでもその状態が続けば、怒りも出てきます。

平常を装おうと、「いつか気づくはず」と自分に言い聞かせ、「家の事を手伝って

くれているし」「頼まれごともしてくれているし」「外出するときだってあるし」
と、

現実に気づいていることを隠し、本当は自分がどう感じているかを誤魔化し否認します。




親が被る最も深刻な傷みは、

「恐らく自分のどこかが間違っていた」

「もう何も言える資格などない」

「まったく信頼されていない」

「自分にはわが子を動かす力がない」
といった自虐的な思いと自責の念です。

しかし、親自身が無力を覚り、囚われ心配怒り否認自責を見つめること

を学び、自分を変えていくことで、事態が大きく動いていきます。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~ひきこもりという現象


ひきこもり者は、耐えられない環境から「一時退散」と自室へ避難しました。

逃避が唯一の手立てとばかりに、そこに囚われていた状態です。




一人でいるときには、何かで気を紛らわせておかないと、空虚からの恐怖感で

平常ではいられないので、ゲームやインターネットに心を占領させます。

所謂中毒(依存)状態です。

時間や頻度を自身で管理できれば問題ないのですが、就寝、起床といった

基本的生活習慣ですらコントロールできないでいる状態ですから、強迫的

それを繰り返しています。




また、「自分なんか誰からも受け入れてもらえない」のような強迫観念もあります。

そして解決を妨げている最大の要因は、怖れを認めず、支援が必要な状態にある

ことを認めない〈否認〉です。

独りよがりがこれまでを作ってきたことを覚り、無力であることを認め、降参する

ことで、解決の糸口が見えてきます。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~新たな価値観②


「頑固な自我」を捨てることは「思う通りになる」といったコントロール幻想

捨てることにも通じます。

わが子のために良かれと思ってとってきた行為が、人格形成に影響を与え、

ストレスに対しての脆弱性を招いてしまいました。




「愛は盲目」とも申しますが、「良かれ」という愛情と思っていたものが

実は「執着」であったのかも知れません。

真の愛情ではなく「執着」である場合は、必ずそこに条件がつけられています。

親の期待、都合にそっているときにのみ賞賛や労いを与えるといった場合です。




執着には敬い(慎み)がありません。

すると、わが子の個性天分を無視し、コントロール(強制、支配)しようと

してしまいます。

わが子を思いどおりにしようとしていませんでしたか?




親が子に寄せる期待は、自分の子としてこうなってほしい。

自分が果たせなかった夢を果たしてほしい。

といったものになってしまいやすいのです。

しかし、子どもが親に望む期待とは、

ありのままの自分に期待してほしい。

個性の可能性に期待してほしい。


というものです。

わが子にかける期待は、親の都合で望みをかけるものではありません。




私無き心が親心です。

ありのままでは愛されなかった子どもたちは、自己評価が著しく低く、

自分の存在が価値のないものと思い込んでしまいます。

ありのままの本来の姿に養い育てることが、子育ての本義です。







メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

https://peraichi.com/landing_pages/view/event996


不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


不登校・ひきこもりからの学び~解決に必要な心がまえ


不登校やひきこもりについて「親のせいでも子どものせいでもない。

ちょっと親子の歯車がくるっただけ」といった記述を目にしたことがあります。

すべての事は、必ず原因があって結果が生じます。

自身に起こる苦悩の原因に自身が関わっていない(責任がない)ことなど有り得ません。




「誰のせい(誰が悪い)」といった犯人探しは無用ということを伝えたいのかも

知れませんが、もちろん、犯人探しは意味がありません。

しかし、この表現では責任の自覚を妨げてしまいかねません

歯車は、かみあって互いに影響を与え合います。

一方が何かをし、一方がそれに影響され、ある反応を返したことで、その反応が

また、一方に影響を与える。

「歯車がくるった」それこそが、改善、解消すべき本質的な問題であり、

たまたま偶然おかしくなったといったようなことではないのです。

ですから「誰のせいでもない」となれば、互いが責任転嫁し、誰も動かず、

長期化に至るだけです。




人生は、自ら計画した問題集です。

予定通りに順調な学びの過程、自己の存在理由に導いてくれる一連の過程です。

「玉磨かざれば光なし(器を成さず)」

「難有り、有難し」


です。

自らが原因をつくり起こった結果としての不登校・ひきこもり現象を、

成長のための学びの機会にできないことは、はなはだもったいないことです。




抵抗(反抗)から苦悩が生まれます。

現状、経験を受け入れる(抵抗しない)ということは、それに納得すること

ではなく、その経験を通して自分にとって必要なことを学ぶということです。




より良い人生や行動の原因をつくることに責任をもつ。

自分の回復や成長に責任をもつことが、解決のためのための重要な最初の

ステップです。

このことは、親も子も同じことなのです。






メールマガジンはこちらです。ひきこもりの原因と解決法が分かります!
【ひきこもりは動けないから解決できる!】

http://archive.mag2.com/0000282169/index.html



行動する親たちの学び場です。
地域の当事者家族会に参加して落胆している方。ここでは希望を実感できますよ!

【不登校・引きこもりフォーラム〈たらちねの会〉】

https://peraichi.com/landing_pages/view/tarachine


ひきこもり者たちの苦悩の叫びをあなたの街に届けます。
当事者の声からこそ、適切な解決法が見えてくるのです。
【福岡ひきこもり救援集会】

in大牟田
https://peraichi.com/landing_pages/view/earth-family



不登校・ひきこもり・アダルトチルドレンのメンタルケア
【付設心理教育カウンセリング・オフィス〈ふぉーらむ北辰〉

http://www.interbrain.co.jp/hokushin/about/


アダルトチルドレンを超えるためのブログはこちらです。
【アダルトチルドレンからの回復】

http://www.interbrain.co.jp/acblog/

 

ひきこもり期間中 に喪失した自律性や社会性を回復していきます。

【生活機能回復訓練  生活道場】
http://www.interbrain.co.jp/seikatsu_dojo/


プロの解決実践者の養成講座です。当事者家族も学べます。
【家族援護士養成講座】

http://www.interbrain.co.jp/course/category/family-aid/

 


毎週月曜日無料相談会】【毎週火曜日若者おしごと相談室

大野城市総合福祉センター 午前10時~正午 (要予約  0120-870-996 )

詳細は http://www.interbrain.co.jp/counseling/ 

 

 



引きこもり・不登校・発達障害の相談解決
 NPO法人地球家族エコロジー協会
福岡県大野城市つつじヶ丘6-4-21
http://www.interbrain.co.jp


<<前のページへ123456

« 引きこもり | メインページ | アーカイブ | ニート »

このページのトップへ